20161117155012923_500

冬 コーデ

トップスレディースコーデ特集秋冬!

たくさん重ね着をしたりボリュームのあるウールやニットを楽しんだり…秋冬はおしゃれ心をくすぐられる楽しい季節ですよね!

今年の秋冬注目のトレンドトップスはもうチェックしましたか?ロマンチックなブラウス、ベロア素材、ビスチェなどなど、キーワードは盛りだくさん!

今回は、トレンドアイテム別に「トップスレディースコーデ特集秋冬!」を厳選してお届けします。


スポンサーリンク

トップスレディースコーデ特集秋冬!~ブラウス編

まずはこの秋から冬まで注目したいブラウスをご紹介。今年は、ゆったりとしたシルエットで、膨らんだパフスリーブ、詰まった首元にたっぷり寄せられたギャザーなど、女らしいロマンチックなデザインが大ブレイク!

ふんわりとしてやさしげなロマンチックブラウスコーデからチェックしましょう!

ハイウエストスカートとの相性◎秋冬ブラウスコーデ

20170910070755683_500

引用:http://wear.jp/m12a20i/10788912/

手に向かってゆったりと膨らみ、手首をキュッと締めたパフスリーブのブラウス。甘くなりすぎないシンプルな見ごろはコーデのしやすさピカイチの1枚ですね。

カラーもマスタードを選んで、少し渋めのニュアンス。トレンドのハイウエストスカートとのコーデなら、女性らしさ満点に仕上がります。

ボウタイブラウスもブームの兆し

20170907124814022_500

引用:http://wear.jp/wear10010/10770344/

上品にグッドガールを気取るなら、シックなプリントのボウタイブラウスもおすすめ。襟元が結べるリボンのようになったボウタイブラウスは、これからじわじわ来そうな予感。

トレンドを先読みした上品コーデがしたいなら、ボウタイブラウスは要チェックな1枚!


スポンサーリンク

トップスレディースコーデ特集秋冬!~ベロア素材編

この秋突然やってきたビッグトレンド、ベロア素材。厚みがあって柔らかく上品な光沢があるから、まさに秋冬にぴったりの素材です。

そんなトレンドのベロア素材をトップスに取り入れるなら、女らしいデザインのカットソーかキャミソールを重ね着するコーデがおすすめ。

それでは、ベロア素材のトップスコーデをご紹介します。

ニットにオン!秋冬らしいベロアキャミコーデ

20161117155012923_500

引用:http://wear.jp/wear10103/8498179/

コンパクトに着られるシンプルなリブニットに、ツヤツヤの光沢が可愛いクラッシュベロアのキャミソールをオン!

女性らしいロングプリーツスカートとのコーデで、ロマンチックに仕上げました。

スキニーデニムやワイドパンツとのコーデもおすすめ!ベロアキャミソールとニットは、着まわしのきく、万能トップスコーデなんです。

ベロアの良さを最大限に生かすなら

20161210211521445_500

引用:http://wear.jp/mocawearofficial/8692841/

ベロアのもつ贅沢なムードを最大限に生かしたいなら、こんなシンプルなデザイントップスが◎。雰囲気の似たスエードのスカートやウールのハットでカジュアルダウンしたスタイル。

シンプルにデニムと合せたり、ふんわり広がるロングスカートとコーデしても楽しそうですね!


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

トップスレディースコーデ特集秋冬!~ビスチェ編

トップスにプラスアルファするトレンドアイテムとしては、ビスチェが急浮上!本来は、バストからウエストまであるピッタリとした女性のインナーのこと。

この秋冬のトレンドは、ブラウスやニットの上にビスチェをオンして、ロマンチックなドレススタイルを気取るコーデです。

注目のビスチェコーデをさっそく見てみましょう!

ブラウスとビスチェでつくる最旬スタイル

20170906123626464_500

引用:http://wear.jp/risachin0117/10763684/

ゆったりとしたロマンチックなブラウスを黒のビスチェできゅっと引き締めて。メリハリのきいたトレンドコーデがこちら。

スキニーデニムと合せたカジュアルダウン技は、今すぐ真似したい最旬コーデです。

優しくトレンド感をアピールするならニットビスチェ

20170222103926049_500

引用:http://wear.jp/taka88/9289727/

ふんわりとハンドメイドで作られたニットビスチェは、トンガリすぎずやさしくトレンド感をアピールできる、最強アイテムといえるでしょう。

シンプルでラフなコーデにもぴったりはまります。この秋冬に向けて、手編みに挑戦してみちゃう!?

トップスレディースコーデ特集秋冬!~フリンジセーター編

秋冬には定番のニットのセーター。今年は、ボリュームのあるセーターにフリンジをデザインとして取り入れた物がブレイクしそう。

たっぷりとしたセーターにフリンジデザインがはいっているだけで、主役級のおしゃれさに。

もこもこフリンジが冬のムードを応援してくれる

20170906172801261_500

引用:http://wear.jp/akiico/10764937/

Aラインのたっぷりとしたニットの袖口と裾にもこもこしたフリンジをつけた華やかなデザイン。

ベージュだから上品に優しい雰囲気に仕上がっていますね。スキニーデニムやノーブルな雰囲気のハンドバック、地チャンキーヒールのパンプスなど、シンプルながらきちんとトレンドをおさえた上級者コーデです。

袖のフリンジがキュートなアクセントに

20170910224043349_500

引用:http://wear.jp/natsumi0622/10795108/

ボリュームのあるニットのセーターの袖にフリンジでアクセントをつけた可愛い1枚。ちょっぴりノスタルジックな気分にさせるどこか懐かしいデザインですよね。

渋めのフューシャピンクを生かして、女性らしく華やかなコーデに仕上げています。デニムスカートや、ワイドパンツとのコーでもおすすめです。

トップスレディースコーデ特集秋冬!

001

引用 http://wear.jp/ayuneko/8644145/

トレンド感のある秋冬トップスといえば、モコモコと素材感のあるニットトップスではないでしょうか。中でも、ややビッグシルエットのカーディガンタイプをニットトップスとしてコーディネートに取り入れるテクニックも定番スタイルとして定着して着ています。モヘアなどのシャギーな起毛素材ではなく、ループニットタイプもおすすめです。

002

引用 http://wear.jp/marinapp/5793438/

セミフォーマルなかっちり感や、女らしさもプラスしてくれるシースルーレースデザインの長袖トップスは実は秋冬にも着回し力抜群の人気アイテムです。アウターを抜けば暖房の効いたレストランなどの室内にもちょうどよく、また、ラフな印象になりすぎないので、普段着使いにもデートにもと幅広いシーンで活躍してくれる優れものです。

 

003

引用 http://wear.jp/chicchimo5/9190585/

レディースアウターとしても定着してきた人気のMA-1などミリタリーテイストのブルゾンなどのアウターには、女の子らしさも忘れないボーダートップスが相性抜群です。ラフ、ボーイッシュになりすぎないので、合わせるボトムスはデニムやスキニーパンツなどはもちろんのこと、膝丈スカートなどにも相性抜群で、着回しの幅が広く、コーディネートしやすいのみ魅力です。

004

引用 http://wear.jp/carmen1505/9211173/

デニムなどを使ったいつものパンツスタイルのコーディネートも、今年顔にアップデートさせるには、デザイン性のあるニットトップスがおすすめです。春夏にも人気の高かった盛り袖な、ベルスリーブトップスのニットを合わせれば、いつものデニムにニットというコーディネートもデートなどのお出かけ仕様に変身させることができます。

005

引用 http://wear.jp/shino1226/8771110/

脚を長く、スタイルアップさせて見せてくれるハイウエストデニムに、ビッグシルエットなウールコートを合わせた、シンプルな大人コーディネートにオススメのトップスは、ボートネックのトップスです。鎖骨などデコルテのラインを美しく見せてくれつつも、露出は控えた上品なシンプルコーデに仕上げてくれるので、年代を問わずにオススメのコーディネートです。

006

引用 http://wear.jp/o149o/5911413/

ラフなリラックス感が魅力の、ドロップショルダーのニットは、パンツやスカートなどどんなボトムスにも合わせやすく、着回し力も抜群の優秀アイテムです。コンサバな印象になりすぎないので、コーディネートに抜け感をプラスして、こなれた印象のコーディネートに役立ちます。ただし、着膨れして見られないように、ストールで視線を上に引き上げて小顔効果を演出するなど、メリハリも重要です。

007

引用 http://wear.jp/dingpress/8875500/

部屋着や普段着から、お出かけにも対応可能なファッションアイテムとして定着したスウェットトップスやトレーナータイプのトップスも、あえてミニ丈のスカートなどに合わせるコーディネートがオススメです。ルーズに見られないようにボリュームや、露出のメリハリなどを注意してコーディネートすることで、ラフになりすぎず女の子らしいカジュアルスタイルに仕上がります。

008

引用 http://wear.jp/natsu0315/3279282/

一着あるとコーディネートのアクセントになってくれる、パールなどモチーフつきデザインのニットトップスは、コンサバになりすぎずにモードな遊び心を楽しむことができます。シンプルなシルエットのハイゲージニットは一歩間違えるとコンサバになりすぎ老けて見られがちですが、モチーフデザインのタイプのニットを選べば、男女問わずにウケの良いトレンドコーデに仕上がります。

009

引用 http://wear.jp/shchonn0604/8837952/

ついつい触れたくなるようなフワモコ素材のアウターは、柔らかく温かな着心地と見た目で大人気!しかし、そのモコモコ感ゆえ着膨れして見られてしまうこともあるので、合わせるトップスのコーディネートが重要と言えます。そこでオススメなのが、視覚効果でスッキリと見せてくれる、縦リブのニットトップスです。視線を縦のIラインに導いてくれるので、メリハリを感じさせてくれます。

010

引用 http://wear.jp/shchonn0604/8837952/

オフィスカジュアルにも使えて便利と人気のてろんと素材のトレンチコートですが、かっちりとマニッシュな印象になりすぎないようにはトップスで抜け感を作るコーディネートがオススメです。スッキリとしたVラインのトップスでデコルテをスッキリとみせ、女性らしさをプラスしましょう。さらに、ボーダーやデザインタイプのものを選べば、垢抜けた印象のスタイリングに仕上がります。

011

引用 http://wear.jp/levre/9020886/

春夏だけでなく、秋冬コーデにもオフショルダートップスは大人気!特に、重たい色使いや、厚みのある素材感のアイテムが増える秋冬コーデだからこそ、アウターの下は軽やかなオフショルダーブラウスを忍ばせるのがオススメです。組み合わせるコーディネートや素材次第では、寒々しく見られることもないので、シーズンも長く着回せます

012

引用 http://wear.jp/junko45xoxo/6323464/

カジュアルなのにルーズに見られず品良くまとまるアランニットなどのカーディガンは、普段着にもお出かけ用にも着回し抜群の優秀アイテムです。モコモコと手の込んだ編み柄のアランニットは、クラシックな品の良さをキープしてくれるので、デニムなどのパンツスタイルもトラッドな印象をプラスした垢抜けた印象のコーディネートに仕上げてくれます。

013

引用 http://wear.jp/zozost970/8781695/

マニッシュでハンサムな印象のグレンチェックなどのウールセットアップのコーディネートは、合わせるトップスで女らしさをキープすることで、全身のバランスが良くスタイリングすることができます。コンサバやフォーマルな印象になりすぎずにこなれた印象をプラスしてくれる、ハイネックデザインのものが今年の秋冬にはオススメです。

014

引用 http://wear.jp/yuumi557188/9220184/

春先や秋口などの季節の変わり目には一枚で、冬にはコート下のライナーとしてと便利に使えて人気のロングカーディガンやコーディガンをスッキリスタイルアップさせて見せてくれるコーディネートには、ボートネックのボーダートップスがおすすめです。横広がりの襟口が特徴的なボートネックと、ボーダーの横縞でトップスに統一感を持たせてくれます。この時には、トップスをインするか、長すぎない丈のトップスを選ぶことで、メリハリが生まれます。

015

引用 http://wear.jp/dailyabout1/8962841/

一枚でミニワンピースに、チュニック使いでトップスとして、着回し力に優れたロング丈トップスは、あると便利な優れものです。一枚で着る場合にはミニ丈の露出が強調されすぎないように、ソックスをコーディネートに取り入れて、露出バランスを調整するテクニックがおすすめです。足元はあえてスニーカーやワークブーツなどを取り入れるのもバランス良く仕上がります。

016

引用 http://wear.jp/zozost1364/9128237/

ムートンタッチなボリュームニットはコンサバにもカジュアルにもと着回し力に優れた優秀アイテムの一つ。野暮ったく老けて見られないように注意すべきは、トップスのシルエットを色選びです。タウンユースに使いたい場合には、顔映りが良く明るい印象の色のトップスを選びましょう。シックなものにすると落ち着いた印象になり大人っぽくなる傾向にあります。

017

引用 http://wear.jp/zozost1364/9128434/

ミドル丈スカートにスニーカーを合わせたガーリーでカジュアルなコーディネートは、ルーズな印象になりすぎずにママコーデにもとりやすいと人気のスタイルの一つです。そんなコーディネートに相性が良いのは、白ストライプのボーダートップスです。顔映りが良く爽やかな印象になりつつも、フレンチカジュアルのようなまとまりのあるコーディネートに仕上げてくれます。

018

引用 http://wear.jp/randa0815/3474854/

ふんわりAラインの軽やかなスカートにモノトーンボーダーを合わせたフレンチシックなコーディネートは清潔感もあるので、幅広い年代に人気の定番スタイル。しかし、淡い色使いとボーダートップスは一歩間違えると着膨れして見られてしまう可能性も。そこでおすすめなのは、顔まわりやデコルテのデザインに引き締めカラーを取り入れたタイプのトップスです。

019

引用 http://wear.jp/didizizi/9256303/

西海岸風のリラックスカジュアルなコーディネートにオススメの秋冬トップスといえばスウェットタイプにトップスですが、トレーナータイプなどボーイッシュになりすぎることも。そこでオススメなのが、切りっぱなしデザインのトップスです。海外風のこなれたラフ感はキープしつつも、肩に力の入らない気軽な着心地も実現してくれます。

020

引用 http://wear.jp/mio730/9349296/

ひとり一着は持っているボーダーデザインのニットトップスも、モードでこなれた印象に取り入れたいという人には、マルチボーダータイプのデザイン性の高いタイプのものがオススメです。脱マンネリな存在感をプラスしつつも、パンツやスカートなどどんなボトムスにも合わせやすく、コーディネートの幅が広く、着回すことが可能です。

まとめ

「トップスレディースコーデ特集秋冬!」をトレンドアイテム別にご紹介しましたが、いかがでしたか?

どんどん涼しくなってくると、ワクワクしてくる…!そんなファッションフリークに皆さんにも注目して欲しい先取りアイテムも盛り込んでピックアップしてみました。

この秋冬のトップスコーデの参考にしてみてくださいね♪

関連記事

  1. 20170103193051477_500[1]

    秋 コーデ

    キャメル色コーデ特集秋冬!

    春夏はベーシックカラーの中でも涼し気なモノトーンやネイビーが人気ですが…

  2. 20160928201221479_500[1]

    秋 コーデ

    テラコッタスカートコーデ秋特集!

    昨年から人気急上昇のカラーといえばテラコッタですよね!茶色でも…

  3. 20170104104344826_500[1]

    冬 コーデ

    シャギーニットコーデ特集!白、グレーなど

    秋冬に必須のアイテム・ニットの中でも、毛足が長いふわふわの質感で女性ら…

  4. 20171224173035104_500[1]

    冬 コーデ

    オールブラックコーデ特集レディース!冬におすすめ!

    「黒は女性を美しく見せる」といわれています。肌が白く見えて、引…

  5. 20170724023157832_500[1]

    秋 コーデ

    ベージュワンピースコーディネート特集!

    肌色になじんで使いやすいベージュは、面積の大きいワンピースを着るときに…

  6. 20161003211224516_500[1]

    冬 コーデ

    レザージャケットレディースコーデ特集!

    レザージャケットは、今季1番の注目アウター。ハードなライダース…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20170302225928267_5001

    春コーデ

    パーカーレディースコーデ特集春!カーキ、ネイビーなど
  2. 00168421300g

    春コーデ

    春のプルオーバーレディース着こなしコーデ術
  3. 002052003006

    冬 コーデ

    レディース黒Aラインコートコーデ特集
  4. 20170105234826194_500[1]

    冬 コーデ

    ダウンコートレディースコーデ特集きれいめ!
  5. 002137773166_17

    春コーデ

    春のロングカーディガンコーデ集グレーやカジュアルコーデも
PAGE TOP