20170328123554656_500[1]

冬 コーデ

着回し冬コーデ術レディース!

カットソーなどがメインの春夏よりも、アイテム1つひとつの値段が高くなる冬。

賢くオシャレを楽しむなら、必要なのはやっぱり着回しテクニックです。

いつも何となく決まっている組み合わせをチェンジすると、マンネリ打破にもなりますね。


スポンサーリンク

レディース 着回し冬コーデ術!

アイテムをしりとりしながらコーデを組む練習をすると、手持ちのものを上手く活用できますよ。

ベーシックな形の服を選んで、変化球は小物で取り入れるのがコツ。

ミニスカートコーデ

20170328123554656_500[1]引用:http://wear.jp/dreamcatcher1018/9583177/

タイツにスニーカーのヘルシーな足元コーデなら、思い切ったミニスカートも穿きやすいですね。

ブルゾンやキャップでスポーティーなスタイルに。

スポーツアイテムは鮮やかなカラーのものも魅力的ですが、キレイめコーデにも活用するならネイビーやグレーなどのなじませカラーがオススメです。

ニットを着回し

20170224225428677_500[1]引用:http://wear.jp/sanki0102/9030876/

プチハイネックの白ニットは万能選手!

ノーカラーコートと合わせれば、クラシカルな印象になります。

白ソックスとの雰囲気もマッチしていますね。

小物はベージュ系で揃えれば、張り切りすぎないきちんと感を演出できます。

コートを着回し

20170118165833864_500[1]

引用:http://wear.jp/sanki0102/9004969/

コート以外は全てブラックでシャープな雰囲気に。

インナーダウンは、秋に着ていた薄手のアウターを冬まで着回すための名脇役なので持っていると便利ですよ。

足元はパンプスではなくショートブーツで、あえて肌感をなくした着こなしです。

スキニーパンツを着回し

20170128074311434_500[1]

引用:http://wear.jp/moooyon/9081530/

ざっくりしたニットアウターは、休日コーデに着たくなりますよね。

膝まであるロング丈で、防寒もしっかりできます。

深みのあるパープルが大人っぽく、デニムコーデもワンランクアップ!

個性的な形のバッグで個性をプラスして。

スリッポンを穿き回し

20170225071811465_500[1]

引用:http://wear.jp/moooyon/9318556/

力の抜けたコーデの足元は、やっぱりスリッポンがお似合いです。

冬のなかでも暖かい日は、少し春を意識したアイテム選びをしたくなりますね。

ギンガムチェックは毎年着たくなる定番アイテム。

ロングのデニムジャケットとパーカーをレイヤードして、コーデに奥行きをだしましょう。

チェックシャツを着回し

20151221183952306_500[1]

引用:http://wear.jp/doorswomens01/5782405/

オーソドックスな白シャツも着回し力が高いですが、ギンガムチェック柄ならシンプルスタイルも大人カワイイ雰囲気に。

ベーシックカラーのみのコーディネートのときもポイントになりますね。

女性らしさは小物でプラス。

ツヤ感のあるパンプスと小ぶりのバッグを選びましょう。

ニットを着回し

20151201181451689_500[1]

引用:http://wear.jp/doorswomens01/5625128/

首元の開きが狭いニットはのときは、ネックレスをプラスしてフェミニン度をあげましょう。

ディープグリーンは今季注目のカラー。

膝丈フレアスカートなら、普段あまり選ばない色でも難なく着こなせます。

小物を黒で統一したら、タイツはグレーを選ぶと重くなり過ぎるのを防げます。

同じニットでパンツコーデ

20151109184552737_500[1]引用:http://wear.jp/doorswomens01/5439470/

グレーのニットは、ネイビーやキャメルなどの上品カラーと相性バツグン。

このブランドのコートはショート丈が主流ですが、ロング丈はパンツにもスカートにも合わせやすく、温かさと大人っぽさも兼ね備えていてとっても優秀!

カモフラ柄バッグでアクセントをつけて、無難になるのを回避。

ワイドパンツを着回し

20170117220141143_500[1]引用:http://wear.jp/cloud9nail/8994745/

程よくハリのあるコットンパンツは、スニーカーと合わせてもラフすぎない着こなしになるので使いやすいですね。

いつものハイカットスニーカーも、ブラウンなら季節感があってオシャレ度アップ。

ダッフルコートとチェックのストールで大人のカレッジスタイルに。

ダッフルコートを着回し

20151216140255818_500[1]

引用:http://wear.jp/cloud9nail/5743078/

白のオーバーオールは、コーデの新鮮さを復活させるのにうってつけのアイテム。

ネイビーのダッフルコートと合わせれば、清潔感のある冬カジュアルが簡単にできちゃいます。

もちろん春夏にも着回しOK。

ビビッドなカラーも、ソックスのチラ見せくらいならトライしやすいですね。


スポンサーリンク

着回し冬コーデ術レディース

1
引用:http://wear.jp/chicchimo5/11540943/

MA1を徹底的に今っぽく着こなす術は原宿系フェミニンでまとめあげましょう女の子の定番おなじみのミッドカーフレングスの正統派スカートにクリーンホワイトのニットでフレッシュさをあどけなさを表現

ポイントでふわふわのピアスやバッグはニュアンスなグレートパステルなピンクで春の予感を感じさせますMA1のカーキは基本的に色が会わせやすいから春は甘口がおすすめです

2
引用:http://wear.jp/wear10103/11657681/

トレンドもこれからのシーズンもデニムは必須アイテムだれでもが着れるジーンズに自分だけ差をつけるコーディネートはフレンチシックレトロ

フランスの少女をイメージしたパフ感たっぷりのニットと繊細さを表現した襟や袖口で女の子度アップ繊細さをポイントにレースのミニバッグで甘さをたすものの足元はピリッと辛口でエナメルのパンプスをピックアップ甘さの引き立ては重要です

3
引用:http://wear.jp/ys17/11499424/

ワークスタイルのパンク風アレンジはバンドミュージシャンファッションを参考にどちらかといえば帽子とドクターマーチンなどの小物を主役にアピール脇役のウェアはミニマムを徹底して細さや短さを重視しましょう

ボーイズ的な着こなしですが少年ぽくなりすぎないメイクとネイルは赤を意識してまたトップスのニットの見た目の柔らかさも大事です

4
引用:http://wear.jp/lilylil/11636172/

防寒アウターモッズコートは女っぷりをあげて着こなしましょうボリュームアウターに対してメリハリはちゃんと意識してスレンダーなボトムをオンします

首もと手もと足元はカーキと相性のよいブラウンでまとめてブラックボトムとの境目をぼかしますやわらかな印象で女性らしさをあげましょうさいラグジュアリーなVITTONのバッグで引き締めます

5
引用:http://wear.jp/ayalilyflower/11388615/

こどもの頃によく着たノルディックセーターはノスタルジックたっぷり大人になっても着てみたいアイテムだからやわらかいコクーンシルエットのスカートで今っぽくこなせます

どこまでもやわらかい印象できてほしいからスカートのいろはチャコールか褪せたブラックにこだわって着こなしでハイウエストにすれば今っぽさもぐっとアップします

6
引用:http://wear.jp/chicchimo5/11531939/

ブリティッシュのガールズスタイルはこちらが定番今っぽさのある袖コンシャスのセーターを着てトラッド風味のセンタープレスメンズスラックスをベースにタータンのマフラーを強調させるのは上級者のテクニック

全部トレンドのアイテムや今どきのトップス前後差の着こなし話題の小物を使って全体的に英国調に仕上げるのが楽しいスポーツシックな足元はこれからのトレンドを予感させます

7
引用:http://wear.jp/chicchimo5/11193012/

こちらはTHEフレンチカジュアルの流れを汲んだものお気に入りだけど難しいエフェクトのボリュームニットボレロをいかに着こなすかで負けないくらいボリュームのスヌードと相反するタイトなミニデニムでスッキリとおとなかわいいを演出します

インナーのスモーキーなライトグレーと足元のシャドーストッキングはニュアンスが出ていておちついた雰囲気に

8
引用:http://wear.jp/cotara7/11373096/

北ヨーロッパのざっくりアイテムを今っぽく着こなすのに当たり前のデニムをハイウエストでストレートを選びましょうカラーはインディゴがベスト厚手のセーターをあえてハイウエストインでこなすことで上級者に変身

普通のベーシックアイテムをあわせていって仕上げはメタリックなビッグバッグで個性をたっぷり光らせます

9
引用:http://wear.jp/sizu0618/11365586/

ウールのためチェスターをメインにするときは他をライト感を徹底したスポーティアイテムであわせましょうスポーティトラッドのスタイルが完成選ぶアイテムには細かいところのこだわりが重要

つばが大きめのキャップ小さめのフードインテリメガネでトップにすべてのポイントをもってきますジーンズのたちきりフリンジとスニーカーで下のほうにも目線を動かすことですっきり縦長シルエットが強調されます

10
引用:http://wear.jp/ayalilyflower/11342788/

キャメルのスプリングチェスターコートを普段着アイテムでナチュラルなお出かけスタイリングへコートインのパーカは明るい杢グレーでキャメルとのメリハリとニュアンスを出しましょう

ボトムは極力スッキリ極細でチェスターの丈をすっきりさせます光沢のあるブラウンのポーチとエナメルのシューズでコーディネートをランクアップさせましょう

11
引用:http://wear.jp/terrra/11383049/

冬にはうれしいキルティングスカートのコーディネートカーキでキルティングですがシルエットはサーキュラーなのでクラシックでフェミニンなタイプです足元にサイドゴアのごつめブーツでも女性らしさは失いません

ウエストを細く見せるタイプなのでトップスはタイトにスタイルのよさを強調しましょうニュートラルなベーシックカラーで全身をまとめるのがナチュラルで好印象

12
引用:http://wear.jp/shino1226/11411559/

ビッグカラーの白ボアアウターは大人女子への憧れこの定番スタイリングはメリハリつけることビッグシルエットのフォルム作りは今も昔も変わらないから覚えておきましょう

ボリュームアウターを徹底的にメインにするためには細身のインナーとボトムを合わせますカラーやテキスタイルはベーシックにブラックデニムレザーでシンプルにすこしシャープに

13
引用:http://wear.jp/chipo930/11537364/

トレンドの着流しコーディガンのアンバランススタイリングは意外性アイテムをピックアップしますケーブルセーターにデニムのショーパンレオパードボアバッグにハイソールのスニーカー高デニールタイツなどそれぞれ持つ要素が本来それぞれな物をあわせて最終的にまとめてみましょう

ハイウエストのマークなど着こなしに着る人のパーソナリティがここに表現できます

14
引用:http://wear.jp/aisanahiro/11586590/

上質感あるチェスターコートをエレガンスに着こなすテクニックはニュアンスとフェミニンをどう表現するかコートインのアイテムは同系のグレーグラデーションで大人の配色フレームにクリーンホワイトのレースをあしらいます

トップでエレガンスをたっぷり表現したらボトムは引き締めでブラックで統一スリムなフォルムと高さあるブーティで土台をつくりましょう

15
引用:http://wear.jp/dholic/11180428/

タータンのビッグシャツ新しいアイテムをいかにアバンギャルドに見せるかは脇役のコンパクトさがキーになります大きな生地分量とチェックの動きを生かすのにあわせるアイテムの服の動きを止めましょう

シャープさと硬さを表現するレザーのマイクロミニシューズバッグがそれを叶えてくれます上半身ソフト5下半身シャープ5は今どきスタイルの黄金比

16
引用:http://wear.jp/wear10103/11656515/

超レトロなブラウンに白小花のワンピースは春を予感させるコーディネートがおすすめですここは薄いものでなくウォーム感たっぷりのボリュームあるシャギーニットカーデ

このレングスのワンピースにはあえて半端な丈でアンバランスを出すのもテクニックです今どき感をだすにはコンバースのハイカットをブーツ代わりに足元は遊びましょう。

17
引用:http://wear.jp/chicchimo5/11474710/

難易度の高いノーカラーボアブルゾンのテクニックははずしまさかの清楚な白のハイネックセーターにマジメなミッドカーフレングスのタイトスカート

足首を少しのぞかせる白ソックスに黒のローファでアンバランスなはずしテクニックをみせましょう次のトレンドのアメリカンカジュアルプレッピーを予感させる冬のコーディネートです

18
引用:http://wear.jp/ayalilyflower/11649293/

ブラックのMA1とピンクのコーディネートが新鮮ピンクとブラックの配色はブランドシャネルでは定番の色合わせですが普段着にはちょっとむずかしい

きちんとすぎにならないように90風のデニムスカートを中心に取り入れマニッシュテイストとエレガンスのバランスをとりますボリュームな部分とタイトな部分の対象がうつくしいコーデです

19
引用:http://wear.jp/otaairi/11585373/

シールのショートコートをラグジュアリーカジュアルに昇華させましょうアンティークゴールドのようなミディアムな毛足のコートはきれい目にもカジュアルにも出番が多いアイテムどきな感じで着こなすならレングスの対比を意識して

ゴールドを美しく見せるブラックのハイネックでコートの光沢とボリュームを強調あとはすらっとしたフルレングスハイウエストで足元まで流すことでトレンドたっぷりのスタイルに早がわり

20引用:http://wear.jp/wear10101/11415215/

ベロアのロングボトムをさらにリュクスに仕上げるコーディネート術まず脇役を徹底しましょうコンパクトでタイトな黒のニットトップスにニュアンスのあるふんわりマフラー冬の空気になじむ白のバッグで素敵なボトムの光沢やドレープを強調させていきます

そうすることでお気に入りのグリーンのベロアボトムが品よくしあがりハイレベルなスタイリングが実現できます


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

まとめ

1アイテムなら、意外に同じアイテムを使っていても気づかないかも知れませんね。

特に冬はレイヤードすることが多いので、工夫次第でバリエーションがどんどん増えますよ。

洋服を何にも買い足さない年ってなかなかないと思うので、今持っている服に対してときめきを失わないうちに沢山着倒してくださいね。

関連記事

  1. 001790610001_22

    冬 コーデ

    レディーススーツおしゃれな着こなしコーデ特集

    仕事柄スーツを着用しなければならないおしゃれ女子にとってレディーススー…

  2. 20160911165503999_500[1]

    冬 コーデ

    カーゴパンツレディースコーデ秋冬!

    カーゴパンツはカジュアル路線ど真ん中のコーデにはもちろん、キレイめコー…

  3. 20170213221203334_500[1]

    冬 コーデ

    クラッシュデニムレディースコーデ特集秋冬!

    カットオフデニムが爆発的にヒットした春夏に続き、秋冬もクラッシュ加工の…

  4. 20161121153608129_500

    冬 コーデ

    ロングスカートコーデ冬特集!靴は何を選ぶ?

    脚をすっぽり覆うロングスカートは、冬のガーリーコーデの主役アイテム。…

  5. 20170113182818522_500[1]

    冬 コーデ

    スエードスカートコーデ特集!冬

    リッチな風合いのスエードは、大人のスカートコーデにピッタリ!フ…

  6. 20171225192819741_500[1]

    冬 コーデ

    タイツ☓スニーカーコーデ特集冬!

    タイツは、冷えが気になるけどスカートコーデを楽しみたい女子の心強い味方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 002057734000_01

    GU コーデ

    春におすすめのGUストライプスカートコーデ特集
  2. 20160506085745247_500

    夏コーデ

    春夏におすすめスカーチョママコーデ特集
  3. 001906327028

    夏コーデ

    ブリーチデニムレディースコーデ特集春夏
  4. 20170420064048608_500

    夏コーデ

    スポーツMIXレディースコーデ 特集春夏
  5. 002050785000

    冬 コーデ

    しまむらショートブーツコーデ特集2016-2017冬
PAGE TOP