20161003211224516_500[1]

冬 コーデ

レザージャケットレディースコーデ特集!

レザージャケットは、今季1番の注目アウター。

ハードなライダースジャケットのイメージが強いですが、形やカラーのバリエーションが豊作なので、トライするなら今年がチャンスですよ!

オススメのレザージャケットコーデをご紹介していきます。


スポンサーリンク

レザージャケットレディースコーデ特集! ブラック

はじめの1着は、やっぱりブラック。

とことんクールにも着られるし、甘コーデを中和させるアイテムとしても優秀です。

デニムコーデ

20170108085454081_500[1]

引用:http://wear.jp/asammy/8908025/

トレンドアイテムにチャレンジするときは、デニムコーデから始めるのが安心ですよね。

レザージャケットとしてはオーソドックスな襟付き・ファスナー付き。

デニムはダメージ加工や裾のデザインで遊んだアイテムです。

ライトグレーのマフラーで、顔周りは柔らかい雰囲気に仕上げましょう。

ベロアパンツコーデ

20161220012843353_500[1]

引用:http://wear.jp/mi1213/8739324/

ボトムスも流行ど真ん中のベロアパンツです。

パッと見スカートのようなゆったり感と、ロープベルトが今年っぽさを演出するポイント。

光沢のある硬めのジャケットなので、素材感にギャップをもたせると重たくなりません。

小柄な人が着るなら、スヌードで目線をアップさせましょう。

スカートコーデ

20170828215611172_500[1]

引用:http://wear.jp/rossokawano/10612837/

こんなノーカラータイプのレザージャケットなら、フェミニンな通勤スタイルにも使えます。

フロントがスッキリしたデザインで、大人っぽく着こなせますね。

上半身が華奢な人は、ハードなデザインのものだと服に着られている感が出がちですが、これならコンパクトにまとまって旬のスタイルに。

ワンピースコーデ

20170410074159601_500[1]

引用:http://wear.jp/ranan666/9598275/

フラワープリントのマキシワンピースとピンクのハンドバッグの甘めコーデも、黒のレザージャケットでピリッと引き締まります。

黒の分量が多めなので、足元は白のスニーカーで抜け感をつくりましょう。

ニットワンピースコーデ

20161031195738621_500[1]引用:http://wear.jp/hacomaru/8242946/

スタッズなどが付いておらず、ファスナーの金属っぽさも目立たないこんなジャケットなら、ナチュラル系コーデが好きな人にもお似合いです。

いかにもなトレンドアイテムが苦手でも、さりげなく取り入れられますね。

スリット入りニットワンピからのぞくレースで、一気にガーリーな印象に。


スポンサーリンク

レザージャケットレディースコーデ特集! その他カラー

ブラックのアウターは持っている・ボトムスにブラックが多いという人は、明るめカラーのレザージャケットがオススメ。

オンオフ使えるベージュやネイビー、休日にガラッと印象を変えられるホワイトなど目移りしちゃいますね。

ベージュ

20161003211224516_500[1]

引用:http://wear.jp/mocawearofficial/8093887/

レザージャケットにワイドパンツは、今季1番人気といっても過言ではないスタイルです。

ショートトレンチのような感じで着まわしやすいベージュのジャケットは、キレイめコーデが得意な人にオススメ。

ベージュとホワイトの柔らかい色使いの中に、レオパード柄のバッグがスパイスとして効いています。

ノーカラージャケット

20170204210727663_500[1]

引用:http://wear.jp/miya1028/9156289/

大人世代が取り入れやすい、シンプル&エレガントなコーディネートです。

アイテムの形はどれもオーソドックスなものですが、スカーフ・カラーベルト・メタリックパンプスなど小物での味付けが上手ですね。

スッキリしたライトベージュのジャケットは、トレンドに関係なく長く着られそうです。

ネイビー

20151215141827254_500[1]

引用:http://wear.jp/wear6016/5735483/

知的な印象を演出できるネイビーのレザージャケット。

黒よりもライトな雰囲気だけど、汚れを気にせずガンガン着まわせる使い勝手のいいカラーですね。

リブタートルにミディ丈スカートを合わせて、王道のキレイめスタイルに。

ピンク

20170227142528700_500[1]

引用:http://wear.jp/mocawearofficial/9343367/

ガーリー派なら、思い切ってピンクで取り入れるのも新鮮!

無地カットソーとデニムのシンプルスタイルも素敵ですが、レースガウンを挟むことで一気に今っぽく、華やかなコーディネートになります。

小物は茶系のなじませカラーを選ぶのがオススメ。

ホワイト

20170517162443761_500[1]

引用:http://wear.jp/angie1990/9984191/

白のレザージャケットは、そのものが甘辛バランスの取れたアイテム。

ミニ丈のワンピースで潔い脚見せをすると、カッコ可愛いスタイルに仕上がります。

足元は、ブーティーよりもちょっとゴツめのミディアムブーツで引き締めましょう。

レザージャケットレディースコーデ特集! 

05

引用 http://wear.jp/mayuko718325/6308122/

白のパンツに合わせたレザージャケットがカジュアルに決めてくれています☆ホワイトでコーデをしたトップスとパンツに黒のレザージャケットを一枚羽織るだけで、秋らしい装いに大変身しちゃいます☆

06引用 http://wear.jp/chinarly/9345577/

秋のデートにこっくりカラーのマスタードが目を引きます!このコーデの主役はスカート!一番面積の多いスカートをしっかり目立たせるために、トップスは黒×白のモノトーンでまとめましょう。バッグもベージュ系にしてあげることで、スカートとの相性は確保しつつ、スカートを引き立たせるためのサブに徹します。コーデはスカートだけを目立たせる分、顔周りは赤リップや大ぶりアクセで華やかにするとバランスが良いですよ★

07

引用http://wear.jp/mariko0121/9425032/

スリットの入ったドレスにあえてメンズライクなレザージャケットをオン!辛口な大人女性コーデです。青×黒の大ぶりなチェックは、秋冬の冷たい空気によくあいます。大胆なスリットが入っているので野暮ったさもありません。黒や濃い青の似合うパーソナルカラーがウィンターの人には最適なコーデです!ちょっと物足りないという人は大ぶりなネックレスで盛り立てて!08  引用 http://wear.jp/mao1542/10799890/

赤いトップスがなにより目を引く大人かっこいいコーデ。ジャケットとバッグの色をリンクさせることで、コーデ全体がぐっとまとまっています。ハットとバッグからただようそこはかとないカウボーイ感。今日は西部劇の映画でも見に行こうか?服には柄がない分、ブーツはレオパード柄なのがポイント。足元で思いっきりはじけて!09

引用 http://wear.jp/14911228/4734834/

黒ライダースの万能感が余すことなく発揮された個性強めコーデ。スカートの赤が目を引く中でも負けない総柄のトップス。服をめいっぱい目立たせるように、髪は無造作なアップヘアでまとめて、ターバンでコンパクトに。足元は定番スニーカですが、巾着柄のバッグにやはり一癖あり!はやりの丸メガネで飾れば、イマドキな個性派コーデの完成です。

10  引用 http://wear.jp/xohiroxo/863870/

上はこげ茶のハットとうす茶のジャケットでブラウン系統でまとめ、下はデニム。バッグとパンプスの黒、ジャケットとパンプスのブラウンがそれぞれリンクしているから、上下バラバラ感がなく全体にまとまりが出ています。服がカジュアルな分、バッグはできるだけ小さいハンドバッグを合わせると、おしゃれ感が高まりますよ★11  引用http://wear.jp/dayofme/899545/

韓国女子の代名詞ともいえるブルゾン×デニム×スニーカーのコーデ。ともすると量産的な感じになりがちですが、ジャケットの中のニットの深い緑や、デニムのラフな裾カットにこだわりあり!全体的に寒色でまとまっているので、ヘアは肌の見える部分を多くし、メイクははっきりした顔立ちに作ると、ぼんやりした印象になるのが防げます★
13   引用http://wear.jp/xohiroxo/8638700/

黒いライダースに黒いサングラスをあわせたチョイ悪コーデ。インナーやバッグのスカーフ、ベルトまでも黒にすることでオラっと感が出ている強気コーデです。ヘアアレンジの女性らしさとパンツのカジュアル感のアンバランスを楽しんで!ライダースに腕を通すと途端に普通感が出てしまうので、寒くても肩にかけたまま外しちゃだめですよ!

14  引用 http://wear.jp/mariko0121/8724778/

先ほども登場した巾着タイプのバッグやスニーカー。合わせを変えるとこんなに印象が変わるんです!合わせの難しいイエローですが、黒白が相手なら怖いものはありません。秋らしい色のきれいさを思いっきり楽しんで秋を満喫しましょう。トップスが無地だとさびしくなるので、必ずボーダーのように柄ものと合わせてくださいね!

15

引用 http://wear.jp/nanase7h/1091883/

真冬もいけちゃうあったかコーデ。ニットのあたたかさは冬の醍醐味。アイスグリーンのマフラーは、冬らしい気分をあげてくれます。上半身はもこもこ暖かに、ボトムはタイトにまとめてバランスしています。靴もボリュームがないほうがあいますので、こういったオペラシューズなどを合わせるのが吉です◎バッグとインナーのカーキがリンクしていると、おしゃれ上級者に見えますね。

16  引用 http://wear.jp/nanase7h/109188/

暗色の多いレザージャケットには珍しい白レザー。なんとなく暗色・深い色の多くなりがちな冬コーデをぱっと明るくしてくれます。インナーのボーダーとバッグのボーダー、グレーの靴下×イエローパンプスという組み合わせはなんだかマリン感があって、冬とは思えないですよね。軽やかな気分で出かけたい日に最適なコーデです◎

17

引用http://wear.jp/reefurabe/10867595/

なんの奇もてらわない、とにかくシンプルイズベストなコーデ。白トップス×デニムパンツ×黒ライダース×黒シューズというとありきたりな感じがしますが、デニムがハイウエストだったり、さつまいものような紫色のペディキュアが「分かるやつだけ分かればいい」と主張してきます。気張らない日のおでかけにも遊び心を忘れないコーデ。

18

引用  http://wear.jp/wear10016/1089914/

完全モノトーンなコーデ。白いロンTに黒のJSK。ライダースとショートブーツは同じ黒革であわせています。コーデ自体はシンプルな分、パーツパーツのカットのよさが際立ちます。バッグで大胆な差し色を入れたり、大きなブローチをつけたり、他のところに遊ぶ余力が残されているのも、アレンジしやすくてマンネリしづらいです。19   引用http://wear.jp/journal_407_4/5971914/

こちらもモノトーンコーデですが、先ほどより軽さが出ています。秘訣はボーダーTで上半身にしっかり白を残すことと、足元を真っ白にすること!泥を浴びられないので雨あがりには不向きですが、秋晴れの日には軽快に出かけられる良いコーデです。ガウチョはハリのある素材を選ぶと、安っぽくならないので大人女子向きになります。20   引用 http://wear.jp/remon1203/1091845/

最後のコーデはちょっぴりアーティスティック。アクセサリーで首元をかざったカーキのシャツに、スカートもレースのものを。ポイントは足元。透け感のある靴下に、どこで売ってるの!?と思うようなグリーンのパンプス。靴はおしゃれを牽引しますから、個性的な靴が1足あると、いろんなコーデで活躍します。おしゃれは足元から、に納得する秋コーデ。

01

引用 http://wear.jp/kellykelly/1091883/

カーキのジャケットとタイトなデニムという定番コーデは、ボーダー×赤みのインナーではずして。ボトムがタイトなので、全体のバランスも◎スニーカーで歩きやすい足元の、秋の行楽にも 最適なお出かけコーデです。ジャケットのカーキが強すぎないのと、トップスに赤があることで、ブルーベースな肌の方にも似合う万能コーデです。 02 引用 http://wear.jp/dholic/324377/

全体の色味はシンプルに、バッグのホワイトと、靴のイエローがアクセント★失敗すると制服みたいになりがちな白ソックスも、バッグの色とあわせてあげればコーデにとけこみます。風を通しにくいライダースジャケットは気温の下がってくる秋冬に最適なアウター!カラーが黒だとインナーやボトムも選ばないので、誰でも1着は持っていたい万能アイテムです。

03 引用http://wear.jp/miimagc/8361481/

細身な人に猛プッシュしたい推しコーデ!華奢な肩腕の目立つタイトなトップスは丈も短めにすることで脚長効果が抜群!ほどよい丈のヒールをあわせて最強美シルエットに。こっくりしたレンガ色は2017年もまだまだブーム!バッグをレオパードにすることで、大人っぽさがプラスされるので20代後半~30代女性におすすめです。20代前半の学生であれば、バッグはグレージュのミニリュックなどにすると可愛いですよ★ 04

引用http://wear.jp/keiko9615/632927/

休日の気取らないありのままコーデ。秋冬の大敵はなんといっても足の冷え!足元までタイツでしっかり守りながら、スカートもマキシ丈にすることで木枯らしの吹く日も安心です。コンビニに行くだけの楽ちん度最優先コーデでも、パーカーをカーキにすることで、黒やネイビーをあわせるのにくらべてこなれ感が出ます。もっと寒くなってきたら、ムートンブーツなどもあわせてみて!

引用http://wear.jp/04tulio/869169/

冬しかできないコーデといえばロングブーツ!!編み上げるタイプは夕方のむくみにも対応できる、女子の味方アイテムですよね。膝下は守りつつ、太ももは大胆に出したミニスカコーデで、男の子の視線を独占です。ニット帽なのに!ライダースなのに!ロングブーツなのに!それだけ暖かさ重視しておきながら生脚。男性ウケだけは満点な冬コーデです。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

まとめ

今年はこんなにレザージャケットのバリエーションがあるんですね!

定番のトレンチやデニムジャケットに次ぐ、人気アウターになること間違いなしです。

羽織るだけで旬のスタイルが完成するレザージャケット、いつものコーデにぜひプラスしてみてくださいね。

関連記事

  1. 002023565075

    ユニクロ コーデ

    ユニクロレディースMA-1コーデ特集冬

    ここ数年で注目度がぐんと上がってきたアウターと言えばMA-1ですよね。…

  2. 001733800030

    冬 コーデ

    50代のレディースワイドパンツスーツコーデ特集冬

    冬もオフィスカジュアルを楽しみたい。そんな方にオススメのアイテムと言え…

  3. 002063160004

    冬 コーデ

    レディースチェスターコート低身長コーデ術2016-2017冬

    2016-2017年冬シーズンも大人気なこと間違い無しのレディースチェ…

  4. 20150213134105940_500

    冬 コーデ

    冬キャンプの服装特集!女子

    キャンプといえば、夏に楽しむものと思い込んでいませんか?最近は、手軽に…

  5. 20170916230825515_500

    冬 コーデ

    モスグリーンスカートコーデ特集秋冬!

    この秋冬に注目したいカラーのモスグリーン。モスグリーンとは、植物の苔の…

  6. 20170919213755759_500[1]

    冬 コーデ

    ピンクのコートコーデ特集!冬

    モノトーンやベージュなどのベーシックカラーのコートは既にいくつか持って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1-2

    その他

    スポーツファッションレディースコーデ特集!
  2. 30代 ファッション

    30代アラサーのレディース海コーデ特集春夏
  3. 500042319567_16

    夏コーデ

    女性用ジョガーパンツスーツコーデ特集ザラ、GUなど
  4. 20161008180435929_500[1]

    春コーデ

    トレンチコート×スカートのレディースコーデ特集!
  5. 20161209223248012_500[1]

    冬 コーデ

    コンビネゾンコーデ特集!秋冬
PAGE TOP