20171228151545755_500[1]

30代 ファッション

ハイウエストスカートコーデ特集!30代におすすめ!

ベルトコーデが大流行した2017年でしたが、ウエストコンシャスの人気は2018年も健在です。

ハイウエストスカートにニットやブラウスをインしたスタイルに注目!

今回は、特に30代女性におすすめのコーディネートをご紹介していきます。


スポンサーリンク

ハイウエストスカートコーデ特集!30代におすすめ! ラップ風スカート

シンプルなスタイリングでも奥行き感を演出できる、ラップデザインのボトムスがトレンドです。

ハイウエストとラップデザインの両方を兼ね備えたスカートを1着持っていれば、旬のコーディネートが即完成!

ブラウスコーデ

20180215122125110_500[1]引用:http://wear.jp/muu0103/11828268/

フロントにスリットが入っているので、ロング丈でも足さばきの良いスカ―トです。

ウエストで結んだ細いリボンが可愛らしいアクセントになっていますね。

同系色のタートルネックニットとブラウスを重ねて、肌寒い時期でも春を意識した着こなしです。

シルバーのスニーカーで、上品なだけじゃないエッジを効かせて。

ショルダーフリルブラウス

20171228151545755_500[1]

引用:http://wear.jp/flower/11549532/

デニムのラップ風スカートは、カジュアルとガーリーのバランスを1枚で取れるアイテム。

ブラックデニムなら、キレイめ寄りで着こなせます。

小花柄のブラウスはアクセサリーなしでも顔周りを華やかに見せてくれるので、30代女性にオススメ。

肩のフリルが大人かわいいムードを演出してくれます。

ビッグシャツコーデ

20171003171628553_500[1]

引用:http://wear.jp/noble242x2/10960956/

共布ベルト付きで、トップスをインして着るだけでメリハリのあるスタイルに仕上がるスカートです。

秋冬向けのウール素材ですが、爽やかなブルーなので春の始めまで使えそうですね。

清潔感のある白シャツを合わせて、ノーブルな雰囲気に。

ウエストのデザインを隠さないように、ショールやショート丈のアウターで防寒しましょう。


スポンサーリンク

ハイウエストスカートコーデ特集!30代におすすめ! ショルダーストラップ付きスカート

30代になるとジャンパースカートやオーバーオールは子供っぽいかも…と敬遠しがち。

でも、ハイウエストスカートにショルダーストラップがついたタイプならジャンパースカートっぽい雰囲気を楽しみつつ幼くなり過ぎない旬コーデができますよ。

ニットコーデ

20180204145706729_500[1]

引用:http://wear.jp/beni1125/11754783/

華奢な肩紐のついたハイウエストスカートは、肌見せしなくても女性らしい雰囲気をつくれます。

フリルスリーブニットとスタンドカラ―のブラウスを重ねて、甘めモノトーンコーデに。

巾着型のショルダーバッグは今年の人気アイテム。

小物ならトレンドど真ん中でも抵抗なく取り入れやすいですね。

ブラウスコーデ

20170609174828350_500[1]

引用:http://wear.jp/pyon94/10153976/

二重になったストラップが可愛く、スリット入りで脚長効果バッチリのスカートですね。

とろみ感のあるスキッパ―シャツは、少したるませて着ることでウエストの細さを強調できます。

ラウンド型のショルダーバッグは春夏素材のものを選んで、黒の分量多めのコーデに抜け感をだしましょう。

カットソーコーデ

20180215124410074_500[1]

引用:http://wear.jp/panana/11822945/

トレンドのハイウエストスカートにはチャレンジしてみたいけど、体のラインが出るのはちょっと…という人にオススメなのがこちら。

大ぶりなリボンとくしゅっとしたデザインで、リラックスして着られますよ。

ボーダーカットソーとスニーカーを合われば、気負わない普段コーデにピッタリ。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

ハイウエストスカートコーデ特集!30代におすすめ! その他スカート

今季は30代女性に似合う、膝丈やロング丈のハイウエストスカートが豊作です。

2着目なら、色やデザインで遊んでみてもいいかも。

ミリタリースカ―ト

20171228135640491_500[1]

引用:http://wear.jp/iena0994/11549113/

身体のラインを拾わない、ハリのある素材のミリタリースカートです。

ベルトのデザインも辛口ですね。

ソフトな風合いのボリュームスリーブシャツを合わせて、メリハリのあるスタイルに仕上げましょう。

小物は黒で揃えて大人っぽく。

ペンシルスカ―ト

20170714145348721_500[1]

引用:http://wear.jp/ayalilyflower/10412993/

キュートなギンガムチェックと、大人っぽいペンシルスカートの掛け合わせが面白いですね。

裾がフリルになっているのも新鮮です。

シンプルな半袖のリネントップスは、開襟シャツでちょっとレトロな雰囲気。

レーススカート

20171226001621199_500[1]

引用:http://wear.jp/yumi9999/11535981/

イエローが目を引く、膝下の透け感に色気を感じるレーススカートです。

ビッグシルエットのシャツで上半身はふんわりさせて、Yラインがしっかりできていますね。

コンサバなスタイリングですが、クリア素材のサンダルでフレッシュ度アップ!

30代におすすめ!ハイウエストスカートコーデ術!

20180304181916337_500引用:http://wear.jp/uethrnrk/11942420/

流行りの袖ボリュームのカットソーには、ウエストを絞ったコーデが合いやすいです。単なるワイドパンツだと全体的にぼってりとしてしまいますが、こちらはハイウエストで絞られているため、

メリハリが効いています。さらにベルトが二本ついていることで、目線を上にあげてスタイルアップでき、また周りと一味違うコーデが楽しめます。20170913153024409_500引用:http://wear.jp/ayalilyflower/10804814/

レーススカートの中でも白は甘くなりがちなアイテム。あえてスニーカーを合わせることでうまくはずしています。またカーキのジャケットを羽織ることで、甘辛なコーデが完成します。

白スカートとカーキでも十分オシャレですが、インナーに中間色を持ってくることで、うまく全体的にまとまりが出て、甘辛コーデながらも落ち着いた印象になります。 20170724095037809_500引用:http://wear.jp/emineo/10479403/

マキシスカートもハイウエストの物を選ぶだけで、一気に今年らしい印象になります。腰や太もものはりが気になりますが、こちらはウエストがコルセットタイプになっており、

またウエストから裾までの幅が一定のタイプなので、気になる体型もカバーできます。さらに付属のビスチェを合わせれば、目線を一気に上に合わせられ、スタイルアップ間違いなしです。 20180307120909003_500引用:http://wear.jp/wear10051/11960172/

そのまま着るだけでかっこいいライダースジャケットも、パンツに合わせれば辛口になり、膝丈のスカートを合わせてしまうと、どうしても事務服のような野暮ったい印象になります。

今年流行りのハイウエストスカートにし、さらに膝より下の丈にすることで、一気に垢抜けます。色味も青で統一することで、落ち着いた印象になります。 20170909141127621_500引用:http://wear.jp/emma1102/10784205/

タイトスカートの流行りにより、最近またデニムスカートが台頭してきました。去年までは落ち着いたブルーデニムが主流でしたが、今年は少し色味の薄いものもたくさん出てきています。

シンプルに白のインナーを合わせ、アクセントに色付きのカーディガンを羽織るだけで、ぐっとオシャレになります。暖かくなると着たくなるコーディネートです。 20170104191023088_500引用:http://wear.jp/kaokaorinko/8878190/

少しパンチのあるチェックのスカート。白のインナーを合わせることで、一気に大人っぽくなります。さらに黒の上着を羽織るだけでメリハリの聞いたコーデが完成します。

仕上げにスカートと同じ色の靴やカバンをあわせることで、辛口パンチのある中にも、落ち着いたと統一感が出てきて、すれ違う人から注目されること間違いなしです。 20171029132315829_500引用:http://wear.jp/rm530/11155754/

流行りのハイウエストスカートにリボンがついてとても可愛らしい印象です。まだ寒い季節には、セーターを合わせるのがオススメ。スカートだけでスタイルアップ効果はありますが、

肩にデザインのあるセーターを合わせるだけで、ぐっとスタイルが良く見えます。膝より下の丈なので足も細く見えます。靴下でカジュアルダウンすることで、普段コーデもできます。 20180308191448448_500引用:http://wear.jp/maamin0922/11968209/

人気のグレンチェックのペンシルスカートです。オフィスコーデにももちろんオススメですが、休日には辛めのライダースジャケットを合わせると、新鮮な印象になります。

更に黒のインナーや黒の靴をあわせることで全体的に落ち着いたトーンにし、辛口ながらも大人っぽいコーデが完成します。休日にも仕事の日にも活躍するスカートです。 20180301222246065_500引用:http://wear.jp/megmyon/11918506/

トレンチタイプのハイウエストスカートです。コルセットタイプやリボンタイプがありますが、こちらはフリルがついたタイプで、人とは一味違うコーディネートができます。

シンプルなカットソーにも合いますが、こちらのように柄物と合わせるだけで、ぐっと今年っぽくなります。スカートだけでスタイルアップができますが、帽子や小物で目線を外すこともできます。 20180223060935397_500引用:http://wear.jp/mio730/11864361/

大きめのパターンが印象的なハイウエストスカート。裾に向かってふんわりと広がるシルエットがとても可愛いですが、厚めの生地が落ち着いた印象を与えてくれます。

白のインナーを合わせれば明るい印象になりますし、更に黒のアウターを合わせれば、一気に大人っぽいモノトーンコーデになります。存在感のあるスカートですが、合わせるものによっていろいろ変わります。 20170924101610181_500引用:http://wear.jp/ayalilyflower/10889380/

グレンチェックのウエストリボンスカート。膝丈スカートに少し抵抗がある人もいますが、靴下を合わせることで短い印象はなくなります。更に上には人気の袖ボリュームを合わせることで、

今年らしいコーディネートが完成します。少し子供っぽくなりがちな形ですが、茶色とグレーという色味で大人の女性らしさが出てくるので挑戦しやすいと思います。 20180306154702891_500引用:http://wear.jp/wear10051/11955198/

胸元に合わせるハイスカートタイプです。かなり上から始まるタイプのものなので、シンプルなコーディネートで十分スタイルアップが叶えられます。

今回は綺麗な緑色を合わせていますが、それだけで大人の女性を演出できます。小物もシンプルな黒の靴とかばんで十分です。上のカットソーを変えることで、いろいろな着回しが可能です。 20171228205544001_500引用:http://wear.jp/hapikomph/11032006/

ベロア生地のスカートは、下にカラータイツを合わせるだけでぐっとオシャレになります。それだけでなく防寒機能があることもうれしいポイントです。

温かみのある暖色なので、カットソーには落ち着いた色のグレーが良く合います。それだけでは暗くなりすぎるので、小物に明るいかばんと靴を合わせて、トーンアップをしましょう。 20180201061120048_500引用:http://wear.jp/yunpi/11736560/

人気のブルーデニムのスカートです。フレアタイプなのでデニムながらに女の子らしい印象になります。また前にボタンがあることでアイラインが浮かび上がり、スタイルアップができます。

今回はふんわりした印象のカットソーを合わせているので、メリハリを効かせるために白のビスチェを合わせてあります。これによりさらにスタイルアップができます。 20180205163649568_500引用:http://wear.jp/wear9006/11769551/

リングベルトがついたハイウエストスカート。ふんわりAラインなので、足が細く見えます。カーキ色なのでカジュアルっぽくなりますが、上に落ち着いた黒を合わせることでぐっと大人っぽくなります。

薄いでニールのタイツとハイヒールを合わせば、オフィスコーデの完成です!休日にはカジュアルに着こなすこともできるので、万能です。 20180217210835700_500引用:http://wear.jp/nana0310/11807272/

短めのグレーのミニスカート。ハイウエストにするだけで、さらに脚長効果が期待できます。逆に短いのが気になる人は、厚めのデニールのタイツを合わせ、さらにタートルネックを合わせれば、

露出感がなく一気に落ち着いた印象になります。冬っぽい色味を楽しめますが、ジャケットにデニムを合わせれば、また違う印象を楽しめます。 20180117145508182_500引用:http://wear.jp/ayalilyflower/11657353/

ギンガムチェックのふんわりブラウスには、断然ハイウエストのデニムスカートがオススメです。袖ボリュームは可愛いですが、合わせるボトムスを間違えるだけで、

ぼてっとしただらしないシルエットになってしまいます。色味の同じシンプルなタイトスカートを合わせることで、コーディネートにメリハリが出てきます。さらにスニーカーを合わせることで今年っぽくなります。 20160924013604433_500引用:http://wear.jp/butterflyrdaqua/8011453/

長めのハイウエストスカートには、王道のコンバースハイカットが似合います。膝下より長く、さらにマキシスカートよりは上という絶妙な丈感が、スニーカーの存在感を出してくれます。

またトップスにはシャツを持ってくることで、すっきりとした印象にできます。柄物にすることで、目線を上に外せるので、下にボリュームがあるスカートを合わせても足が短く見えません。 20170721143843169_500引用:http://wear.jp/ayalilyflower/10461122/

スリットの入ったブルーデニムのスカート。長めの落ち着いた形ですが、スニーカーを合わせることで、大人になりすぎず、子どもすぎない絶妙なバランスが実現します。

さらに上には綺麗目のブラウスを合わせることで、30代ならではの落ち着いたコーディネートにできます。袖のボリュームも、ハイウエストのスカートのおかげでメリハリが効き、おしゃれに見えます。 20180201094419507_500引用:http://wear.jp/aoaoaoi1003/11741728/

前にスリットが入った人気のベージュスカート。ハイウエストなのでウエストがかなり細く見えます。下にブーツを履くことで、さらに脚長効果が期待出来ます。

またトップスには派手めなボーダーを合わせていますが、スカートとブーツの効果で子供っぽくならず、むしろ大人な女性の印象を与えてくれます。その分、小物はシンプルな黒で引き締めます。

まとめ

ハイウエストスカートは、流行アイテムといっても派手さはなく、手持ちのトップスともコーディネートしやすいですよ。

スタイルアップも叶えてくれるので、早速試してみてくださいね。

関連記事

  1. 30代 ファッション

    30代アラサーのレディース海コーデ特集春夏

    日差しが強くなってきた時期の遠出といったら海ですよね!普段なら…

  2. 20180202121940482_500[1]

    30代 ファッション

    ワイドデニムパンツコーデ特集!30代女性!

    ワイドパンツは、タイトな穿き心地が苦手だったり、脚の形が分かるパンツに…

  3. 00193550508A

    30代 ファッション

    30代アラサーオススメチェックシャツワンピコーデ特集春夏

    女性なら誰でも1着は持っているワンピースですが、着回しを考えるならシャ…

  4. 20170131145423549_500[1]

    30代 ファッション

    冬コーデレディース特集!30代アラサー

    ニットやファーなど、ほしい冬アイテムはもう決まりましたか?本格…

  5. 20170510230239213_500

    30代 ファッション

    30代アラサーにおすすめタイトスカートコーデ特集春夏

    ボリュームのあるトップスが流行の今シーズンは、ボトムスはコンパクトなシ…

  6. 001750492026_19

    30代 ファッション

    30代アラサーママ世代にオススメの春夏コーデ特集

    30代アラサーは、小さなお子さんをもつ方の多い世代です。オシャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 002057734000_01

    GU コーデ

    春におすすめのGUストライプスカートコーデ特集
  2. 20170528102819384_500

    秋 コーデ

    ロンパースレディースコーデ特集!
  3. 20161020120338547_500[1]

    その他

    アメカジコーデレディース特集!
  4. 0019114950g3_91

    冬 コーデ

    MA-1レディースコーデ特集冬春おススメのネイビー
  5. 20170513131219740_500[1]

    夏コーデ

    短パンレディースコーデ特集春夏!
PAGE TOP