20180214154851310_500[1]

春コーデ

春におすすめハイウエストコーデ特集!

2018年春のボトムスは、とにかくハイウエストが豊作!

袖にボリュームがあるトップスがまだまだ人気なので、ボトムスにインしてスッキリと着こなすスタイルが定番です。

今回は、春にピッタリのハイウエストアイテムを使ったコーデをご紹介します。


スポンサーリンク

春におすすめハイウエストコーデ特集! パンツコーデ

通年人気のデニムはもちろん、今年はチノパンも注目されています。

フルレングスのハイウエストパンツで、脚長効果をねらいましょう。

チノパンコーデ

20171115060952115_500[1]引用:http://wear.jp/yfa09722/11279111/

チノパンのなかでも特にワイドチノが人気で、今シーズンどのブランドからも出ています。

大人っぽく仕上げたい時は、スクエアバックルのベルトを締めるのがオススメ。

オーバーサイズのニットカーディガンを着ていても、デコルテ部分がアシンメトリーなデザインのインナーでシャープな印象になります。

バンブーハンドルのバッグも流行中のアイテム。

ブラウスコーデ

20180214154851310_500[1]

引用:http://wear.jp/iena1000/11823680/

裾をアウトして着ても可愛いブラウスですが、インした方がメリハリのあるスタイルになりますね。

肩のフリルやふんわりした袖が大人かわいい雰囲気です。

甘くなり過ぎないように、ベージュ~ブラウンのトーンでまとめるのが正解。

ベルト付きパンツ

20170716011333826_500[1]

引用:http://wear.jp/maysky/10103990/

ハイウエストにしてもいいですし、折り返して穿いてもOKのパンツは様々なコーディネートを楽しめます。

スタンドカラ―のブラウスは、何と合わせてもノーブルなムードに。

ふんわりとした袖と露出の少ないデザインで、華奢な体型の人も上半身が寂しくなりません。

チャンキーヒールのパンプスで、少しレトロなエッセンスを加えて。

デニムコーデ

20180214064925407_500[1]

引用:http://wear.jp/canapi/11811572/

シンプルなストレートデニムは、ウエストのダブルボタンがポイント。

ジャストレングスなので、ロールアップなしでどんなシューズともマッチします。

トップスは、「春といえば!」のギンガムチェックブラウス。

ガーリー派なら、シャツタイプよりスタンドカラ―がオススメです。

ビスチェコーデ

20180217052819148_500[1]

引用:http://wear.jp/101539/11837478/

ハイウエストデニムに、こちらも今シーズン大人気のドット柄トップスを合わせた旬なスタイリングです。

白のTシャツとビスチェは、元々ドッキングしている技ありアイテム。

インして着れば、濃色のIラインが出来て着やせ効果バッチリです。

差し色は、鮮やかなパープルで甘さ控えめに。

トレンチコートコーデ

20180207222200392_500[1]

引用:http://wear.jp/ass03/11780936/

ルーズなシルエットのストレートデニムは、ボーイッシュなテイストが好みの人にピッタリ。

きちんと感のあるロングトレンチコートを普段使いに落とし込むなら、こんなコーディネートがオススメです。

インナーはこの春のトレンドカラーであるパープルのニットを選んで、デニムコーデをアップデートしましょう。


スポンサーリンク

春におすすめハイウエストコーデ特集! スカートコーデ

最近のスカートは、ウエスト部分がゴムになっているものが多いので調整してハイウエストにアレンジすることも可能。

ミニ丈より、膝丈やミモレ丈が主流です。

ワンピースアレンジ

20180218151928578_500[1]

引用:http://wear.jp/chi113/11847037/

くしゅっと結んだようなデザインが特徴的ですね。

元々ワンピースなのですが、背面にゴムが入っているのでスカートとしてアレンジしています。

ボーダー合わせのカジュアルなスタイリングを、ブラック多めのカラーコーデで大人っぽく格上げ。

フレアスカート

20170417234034033_500[1]

引用:http://wear.jp/h_nakamoto/9752198/

春らしいイエローのスカートが主役のコーディネートです。

ハイウエスト気味に穿けば、アシンメトリーな裾から脚がキレイに見えるので小柄な人にもオススメ。

トップスはオフショルダーのリブニットで、フィット&フレアの黄金バランスに。

ショルダーストラップ付きスカート

20170516211508311_500[1]引用:http://wear.jp/rmipslv/9978756/

ボーダーとスニーカーのコーデなのに、何となく女性らしさを感じるのは細いショルダーストラップのおかげ。

ハイウエストスカートといってもサイドの部分が開いているので、そこまでボディラインが強調されずカジュアル派の人にも着こなしやすくなっています。

バッグはトレンドの巾着型を選んで、コーデをブラッシュアップ。

春のハイウエストコーデ術

20170305161932168_500引用:http://wear.jp/ass03/9395163/

白を基調とした淡いスタイルに、濃い目のジージャンと合わせた色合いのスニーカーで、抜け過ぎないカジュアルなコーディネートです。白のハイウエストですが、

シルバーのラメが入ったコルセットベルトをつけるだけで、今風のアクセントになり、白の膨張が目立たなくなります。オシャレに興味があるが、分からない方。

育児や仕事でオシャレから遠ざかっていた方。誰にでもオススメできるコーディネートです。なにより、プチプラでも充分可能なので、挑戦してみてはいかがでしょう? 20160309120419101_500引用:http://wear.jp/miokato3306/6421300/

どうしても似た雰囲気になりがちなオフィスカジュアルですが、ストライプ柄を合わせるだけで、グっとあか抜け感がでます。柄物に抵抗があるという方や、試してみた事が無い方でも、

ナチュラルなネイビーから挑戦してみたらいかがでしょう。ストライプの色合いに合わせ、靴など(画像だと白やシルバー)の小物に色を入れれば、統一感が出て、暗いくなりにくいです。

もし色物が使いにくいときは、首、足首、手首などを思い切ってだしてみても、重たく見えず、春先らしいコーディネートになります。重着のオシャレは、春先こそ楽しめると思います。

なので今年の春は、ちょっぴり大胆になってみても、いいかもしれませんね。 20150521221149077_500引用:http://wear.jp/moggie2011/4186131/

意外と被り難い。全身、白の上級者コーディネート!透け感のあるハイウエスト。更にはトップスにノースリーブ、シューズは足先の出るサンダルを選ぶだけで、地肌が引き締め効果をしてくれます。

これは白特有の効果かもしれませんね。ハイウエストのベルトループは、大きめの方がイマドキで、コナレ感も演出できると思います。もしも色味に寂しさを感じた場合、

明るい色みのモノを合わせると春っぽくなり。サンダルやハイウエストの金具の色身(画像だと金や銀)と合わせても統一感が出て、大人っぽくも仕上がると思います。 20180308171705956_500引用:http://wear.jp/12070724/11964537/

マンネリしがちなボーダですが、UネックからVネックにしてみたり、ボーダーの大きさを変えてみても、雰囲気は充分に変わります。更にハイウエストでも、

ガウチョやワイドのような裾が広がったタイプのものにヒールを合わせるだけで、女性らしいキレイなスタイルに魅せてくれます。

ボーダーでも、ハイウエストのように面積を埋めてくれるモノと合わせると、くどくなりにくいです。動きの出るボトムスは、風や散る桜とも相性が良いので、花見シーズにはピッタリのコーディネートです。 20170309233410473_500引用:http://wear.jp/superdry/9432550/

デニムのハイウエストは硬く。お腹の主張が目立ちがち。そう感じる方もいるかもしれません。ですが、大きめなアウターを合わせることで気になりずらく、バレーシューズや

レースなどの古着テイストのものとは相性バッチリです。カジュアルに決めたい春先に、デニムは万能ですが、そのぶん周りとも被りがちで似たり寄ったりのコーディネートになってしまいます。

だけどハイウエストのデニムにすることで周りとの差は開き。こなれ感をだすには最適なアイテムです。 20180305070212171_500引用:http://wear.jp/harupi1230/11876892/

暗めなハイウエストデニムでも、ベルトをくわえるだけでイマドキぽく。お腹が気になりにくい締まった印象になります。更にトップスには明るいカラーをもってくることで春らしく、

オーバーサイズのアウターを合わせるだけでバランスのよいシルエットになります。暗めのハイウエストデニムは裾の長いものを選ぶだけで重たくなり過ぎず、何にでも合うので挑戦しやすい、

ファーストハイウエストにはもってこいの商品です。 20180305165020494_500引用:http://wear.jp/ai0529/11927195/

ゆるやかな動きが出るロングスカート。ですが、ヒールなどとあわせないとスタイルが悪く見えがち。なのでロングスーカートでも、ハイウエストのモノだと腰の位置が高くなり、脚長効果が!

どんなロングスカートでもトレーナーは合わせやすいですが、インナーにレースなどを合わせることで春っぽく。ボーイッシュの中にも可愛らしいイメージになります。

ただ、ハイネックとロングスカートだと詰まりすぎで、見栄えもあまり×。なので、一工夫。髪をあげ顔周りをスッキリさせたり、くるぶしが隠れない靴を選ぶと◎。トレンドらしいコーディネートです。 20180304181916337_500引用:http://wear.jp/uethrnrk/11942420/

袖や裾が広めの服はスタイルが隠せますが、あわせかたによったら逆にぼってとした印象にも。そこで、ハイウエストのボトムスを選ぶだけで女性らしい柔らかな印象もは残しつつ、

メリハリのついたコーディネートになります。春はシンプルになりがちなので、バックなどで差し色としてビビットな華やなカラーを取り入れもさり気なくオシャレが楽しめると思います。

ヒールで女性らしさを出すのもいいかもしれませんが、あえてスニーカでハズすことで、今っぽく、若さも出ます。シンプルの中にもほんの少しスパイスを入れること。

それがオシャレに見える人の隠し味かもしれませんね。 20180304170738612_500引用:http://wear.jp/murasesae/11941867/

モノトーンコーディネートは季節とわず、どの年齢でも取り入れやすいですよね。シックで大人っぽくみせるにはお手軽です。ですが、無理して背伸びするのは返って違和感があるかも。

そんなときは、素材や形で年頃と合わせることで、充分に素敵な女性に見えます。ハイウエストで大人っぽくしたら、そこに可愛らしいアイテムを。フリルやリボンは意外と若さの特権です!

今だから出来るオシャレを楽しんでください! 20180306154702891_500引用:http://wear.jp/wear10051/11955198/

主張しがちな色は着られてる感じがする。そんなときは、ボトムスよりも小物で、より濃い色の黒を入れれば適度に抑えられます。ボトムスの色は落ち着いた色を入れ、

更にメインの色よりも面積が多いほうが気になりにくいです。なのでハイウエストは1つ持っておくと便利。活気のある色はどうしても子供っぽく見える!という人は、

ヒールやタイトスカートを合わせてみるのもアリです!春は新しい自分を見つけるには最高な季節。普段着ない色を試してみるにはいい機会かもしれませんね。 20170510170430024_500引用:http://wear.jp/rumiwatari/9923223/

ボリュームのある袖+淡いピンクでカジュアルすぎない春コーディネートに!リネン素材で抜け過ぎない爽やかさと、暗めのデニムで細身効果も+!カゴ型のバックとリネンは相性バッチリなので、

春にはピッタリのアイテム!遊び心のスニーカーで無邪気さをだすけど、小物色を黒で統一する事と、さりげないフープピアスがデニム素材の子供っぽさを消すよ!夏に向けて涼しさを先取りするのもアリかもね!Let’s Try! 20170426201350429_500引用:http://wear.jp/holidayhandmad2011/9822705/

定番すぎるコーディネートになりがちなデニムも、ハイウエストだと脚長効果でキレイな大人スタイルに!アウターをシックなものを合わせたり、鞄や靴で色を加えことでオフィスカジュアルにも!

上司との飲み会やママ友とのランチなど、TPOをわきまえつつ、シンプルすぎないコーディネートで周りと差をつけちゃえ!春はワンポイントオシャレだ! 20160325044526427_500引用:http://wear.jp/maki1217/6509985/

爽やかな白と程よく色落ちしたデニムの相性は最強!ロールアップして足首をだすことで、より目立たせる差し色の赤いヒールは大人の女性ならではのアイテム!

主張し過ぎない小物でさらに引き立てたら、アウターはネイビーに決めて!シックになりすぎない、落ち着きのある雰囲気に!抑える所は抑えて!魅せる所は魅せる!オシャレは足し引き算だ! 20170311000455763_500引用:http://wear.jp/chocochocochocolate/9441182/

冬の厳しい寒さも去り、暖かくなりだした春先。そろそろスカート履きたいけど冬の太りが。そんな時こそハイウエストが強い味方!ハイウエストは腰の位置が高く見え、脚長効果が絶大!

色は黒を選ぶと引き締め効果もあり、シューズはヒールのあるものを選ぶと、背筋が自然に伸びてボテっと見え難い!だけど、トップスまで黒くしたら春らしくない暗い印象に。

そんなときは思い切ってトップスを差し色にし、アウターを控えめな色にすればバランスが◎!+アウターは丈の長いものを選べば、スタイルだって気にならない!

ダイエットしながら、オシャレも手を抜かない!そんな、ちょっぴり頑張る春があったっていいのでは? 20170406162759661_500引用:http://wear.jp/uethrnrk/9635035/

デニムで今っぽさをだすなら、レースのトップスを合わせるべし!ケミカルウォッシュだって、時代遅れとは言わせないコーディネートに早変りです!古着が苦手な人も、お手持ちのデニムで出来ます!

鮮やかなデニムは春にこそ活躍!スニーカーと合わせてもボーイッシュになりすぎないので意外とチャレンジしやすいコーディネートです! 20170410160528492_500引用:http://wear.jp/tae0v015/9434674/

スニーカやリュック。キャップなんかは年齢問わず使えるアイテムだけど、合わせ方に寄ったらマンネリで幼く見えるかも。だけど、そこに流行のトレンチコートを合わせるだけでナチュラルに見方は変わります!

トレンチコートはシンプルだけどシルエットにこだわったデザインが多く。スッキリとした素材なので、自分はもちろん。見てる人だって季節の移り変わりを何気なく感じれます!

デニムにもフレアにも。着まわしが自由自在のトレンチコートは1枚持っていて損は無いと思いますよ! 20170519001307326_500引用:http://wear.jp/sanki0102/9809806/

シックなデザインに+。かごバックは季節の移り変わりを感じるには最適なアイテム!風流に合わせた使い方もできますが、柄物や無地のデザインの服でも邪魔しないシンプルにマッチ。

だけど他の人と被りずらいスタイルを作り出すことも出来ます!形も多種多様!なので、自分好みの1点は必ずあるはず!持つだけで気分も変わるので、オススメです。 20170310091849922_500引用:http://wear.jp/277035/9376970/

今年流行のワイドタイプのチノパン。ハイウエスト部分のリボンとキレイなラインが女性らしいシルエットを作り出してくれます。

さらにジージャンを合わせてもカジュアルになりすぎず、シンプルすぎないコーディネートを作り出すことも。小物を邪魔しないのも長所の一つ!年齢を選ばないチノパンは、サラりと着れてオススメです! 20170410114229030_500引用: http://wear.jp/misato36/9687314/

ワンパターンになりがちな、Tシャツとデニム。だけど今年の春はほんの少しの変化が欲しい。そんな時はレースガウンがオススメです!軽く。サラりと着るだけで印象がグっとアップする1点。

ロングタイプなので柔らかなシルエットを作り出してくれます。こなれ感+甘すぎない女性らしさで、今年の春も大流行間違いなしです。20170710002225002_500引用:http://wear.jp/yk811/9665099/

白のハイウエストパンツは清楚で、原色カーラーのトップスも控えめにしてくれます。もちろん、原色問わずマッチするので着こなしは十人十色。

更にウエストのベルとがアクセントになり、メリハリのあるスタイル+脚長効果がよりアップして見えます。トレンド感がありつつも、人を選ばないシンプルなデザイン。大流行の定番アイテムです!


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

まとめ

なじみのあるアイテムも、ハイウエストにバージョンアップするだけでグッと今っぽいスタイリングになります。

もし流行が終わっても、トップスをアウトして着ればOKなので長く使えますよ。

今季マストハブのハイウエストボトムスは、パンツでもスカートでも種類が沢山あるので、お気に入りを探してみてくださいね!

関連記事

  1. 001483657008

    夏コーデ

    チュールスカートコーデ特集春夏ネイビー、カーキ

    春になると涼し気なチュールスカートをコーデに取り入れたくなりますよね♪…

  2. 20160726054203423_500

    夏コーデ

    レースアップシューズコーデ特集春夏 エナメルなど

    シューズのセレクトは、コーディネート全体の印象を左右するので大切ですね…

  3. 20170513131219740_500[1]

    夏コーデ

    短パンレディースコーデ特集春夏!

    素足が気持ちいい季節がやってきましたね!トレンドのワイドパンツ…

  4. 001750797000_01

    春コーデ

    ステンカラーコートレディースコーデ特集2017春

    春になると人気の高まるレディースステンカラーコート。ステンカラーコート…

  5. 001991782001_11

    夏コーデ

    ギャザースカートレディースコーデ特集春夏

    春夏の季節になるとギャザースカートが無性に恋しくなることはありませんか…

  6. 002054744052_19

    冬 コーデ

    黒スキニーレディースおすすめコーデ術冬春

    秋、冬、春にかけてコーデに取り入れたくなるアイテムと言えば黒スキニーで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20160727175414702_5001

    夏コーデ

    プリーツスカート×Tシャツ着こなしコーデ特集夏
  2. 20150224010542621_500

    冬 コーデ

    レディースミリタリーコーデ特集秋冬!
  3. 20151011093219677_500[1]

    その他

    ロングブーツコーデ特集!30代アラサーにおすすめ!
  4. 002024254040_91

    冬 コーデ

    2016-2017冬のカーキガウチョパンツコーデ特集
  5. 20161019235939250_500[1]

    冬 コーデ

    ダウンベストレディースコーデ特集秋冬!
PAGE TOP