20170421093514886_500

30代 ファッション

30代レディースジーンズ夏コーデ特集

夏といえば爽やかなデニムコーデが楽しい季節ですね!

今回は30代の女子の皆さんへ、30代レディースジーンズ夏コーデ特集をお送りします♪

20代とは一線を画す、ちょっと大人の30代レディースジーンズ夏コーデ!さっそく見てみましょう。


スポンサーリンク

30代レディースジーンズ夏コーデ特集~ちょっと大人のブラウスコーデ編~

ジーンズといえばTシャツとのコーデが定番中の定番!

でも30代に突入したちょっとオトナの女子はブラウスとのコーデもおすすめですよ。

トレンドのオフショルブラウスとスキニージーンズ

20170416173744385_500

引用:http://wear.jp/moooyon/9739421/

肩をがっつり見せた肌見せ度高めのオフショルダーブラウスの着こなしは、今いちばん真似したいトレンドのコーデ。

ふんわりとしたシルエットは乙女心をきゅんとさせる可愛さでありながら、大人の色気も演出。

スキニージーンズと合わせたメリハリコーデがおすすめです。

爽やか♪オーバーサイズの白ブラウスとワイドジーンズ

20170421093514886_500

引用:http://wear.jp/apart00479/9774057/

ゆるっとしたオーバーサイズシルエットの白ブラウスには、洗いをかけたワイドデニムを合わせると爽やかな印象に。

ハイウエストな古着っぽいジーンズは、おしゃれ上級者のマストアイテム!


スポンサーリンク

30代レディースジーンズ夏コーデ特集~大人気♪夏のゆるコーデ編~

暑い夏にはあんまりがんばりすぎないゆるコーデで快適に過ごしたいもの。

ジーンズはそんなゆるコーデにもってこいのアイテムですよね!

それでは30代女子のちょっと大人のゆるジーンズコーデを見てみましょう!

ビビッドなカットソーにゆるジーンズを合わせて

20160701172405670_500

引用:http://wear.jp/relume_477/7358581/

コットンの女らしいカットソーは、着心地もよく洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えるから、夏の必需品!

今年は鮮やかなイエローでみんなに差をつけてみませんか?合わせるなら、太めのゆるジーンズが◎

涼しげなエスニックトップスにボーイフレンドジーンズ

20170428175352687_500

引用:http://wear.jp/cooo127/9836366/

薄手のコットンで作られたエスニックブラウスは、真夏でも日焼けを防いで快適に過ごせるアイテム。

ボーイフレンドジーンズでも、色を上手に合わせたきちんとバッグをコーデすれば大人っぽくまとめられます。

技あり!ボヘミアンカットソーとバギーパンツ

20170412091353881_500

引用:http://wear.jp/linkit/9701625/

袖にフラワー刺繍が施されたボヘミアンなトップスにはバギーパンツを合わせて、これこそ大人が憧れるジーンズスタイル♪

トップスはゆるめでリラックス感があるのに、おしゃれに決まるところがスゴイ。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

30代レディースジーンズ夏コーデ特集~夏こそ挑戦したいレイヤード編~

おしゃれな人はみんなやってる重ね着のレイヤードスタイル。

この記事を参考に、この夏こそチャレンジしてみませんか?

大人っぽい!ボタニカルプリントのレイヤードスタイル

20170430235205961_500

引用:http://wear.jp/moe819/9854819/

ちょっと大人になったからこそ挑戦できる、シックなボタニカルプリントのセットアップにジーンズを合わせたレイヤードスタイル。

こんなコーデには、洗いをかけたシンプルなスキニージーンズがやっぱりベストマッチ!

太めのジーンズで楽しむロングガウンのレイヤード

20170501000035206_500

引用:http://wear.jp/moe819/9854893/

薄手のロングガウンなら、ワイドなジーンズと合わせるのがおすすめです。

流行ってるけどちょっと難しいかな…と思っているあなた!ロングガウンも夏なら爽やかな刺し色気分で挑戦してみて。

レースキャミワンピースと楽しむ乙女チックレイヤード

20160811202802268_500

引用:http://wear.jp/tabizora/7484067/

こんなロマンチックなワンピースにあこがれたことがある女子は多いはず。

乙女すぎてなかなか手が出せなかった総レースのワンピースも、こんな風にスキニージーンズやカジュアルなサンダルと合わせると、ぐっとカジュアルに。

大人になってもこんなオンナノコ気分を忘れたくないですよね。

30代レディースジーンズ夏コーデ集

20160611082809776_500

引用:http://wear.jp/yuka4011/7200688/

小花柄が可愛らしいイメージのオフショルダートップスには、ゆるっとしたシルエットのデニムを合わせてカジュアルダウン。明るいブルーにタックの入ったデザインのデニムが、リラックス感のある表情に仕上げてくれます。

ブラックの腕時計にトレンドのスポーツサンダルで、コーディネートを引き締め。明るいカラーのクラッチバッグとキャップで、元気いっぱいのコーディネートにまとまっています。

20160716090638968_500

引用:http://wear.jp/sato31053105/7474666/

ごくシンプルなブラックのノースリーブトップスには、ゆとりあるシルエットのデニムを合わせて。ゆるっとしたデニムが上半身の華奢さを強調してくれるので、女性らしい着こなしに仕上がっています。

チェーンが大人っぽい夏素材のクラッチバッグに、ストラップサンダルをプラスすれば、フェミニンなコーディネートが完成です。

20160730073853699_500

引用:http://wear.jp/azusaexp/7126821/

カットワークが可愛らしいレースのノースリーブトップスは、ホワイトを選んで爽やかに。コーディネートが甘くなり過ぎないよう、ゆるっとしたデニムに合わせたのがポイントです。

シルバーの太めバングルで手元にアクセスをプラス。かご素材のバッグなら、季節感あるコーディネートに仕上がります。足元には差し色の赤いスニーカーを合わせて、カジュアルにまとめました。

20160712124044837_500

引用:http://wear.jp/sato31053105/7445354/

ネイビーに白のボーダー柄がセンスを感じさせるトップス。ノースリーブなので女性らしい印象ですが、だぼっとしたシルエットのデニムに合わせることで、ほどよくカジュアルダウン。

デニムの裾はロールアップして、白のアンクルストラップサンダルを合わせることで、女性らしい着こなしに。バッグは夏らしい素材のものを選んで爽やかにまとめました。

20160820235411646_500

引用:http://wear.jp/kiyohide/7618144/

シンプルなブラックのTシャツは、タイトなシルエットのものを選んで女性らしく着こなすのがポイント。綺麗めになり過ぎないよう、ボトムスにはデニムをチョイス。

明るいブルーのスキニーデニムが、コーディネートに抜け感をプラスしてくれます。足元には差し色として赤いパンプスを合わせて。フェミニンなデニムコーディネートに仕上げました。

20160603165031687_500

引用:http://wear.jp/usaaya/7138243/

ごくシンプルな白のTシャツには、トレンドのカットオフデニムを合わせました。少し短めの丈のデニムには、甲が深いタイプのサンダルを合わせるとバランスが良いです。

バッグとサンダルはブラックで統一し、コーディネートを引き締め。仕上げに赤が可愛らしい花柄のガウンを羽織れば、グッと今年らしいスタイルに仕上がります。

20160730130636249_500

引用:http://wear.jp/oyatsumama/7580459/

ナチュラルな素材感が可愛らしいブラックのトップスは、裾の切り替えがポイント。ボトムスにはシンプルにデニムを合わせました。ゆとりのあるシルエットのデニムが、コーディネートにリラックス感を与えてくれます。

グレーのソックスにブラックのスポーツサンダルを合わせ た足元はトレンド感たっぷり。ブルーとホワイトの組み合わせが爽やかなトートバッグで、コーディネートに明るさをプラスしました。

20160603093519004_500

引用:http://wear.jp/kumi939393/7134973/

シンプルな白のTシャツに、夏らしく爽やかなブルーストライプのキャミソールをレイヤード。ボトムスも同じく白のワイドデニムを合わせて、とことん爽やかに仕上げました。

ゆるっとしたシルエットのデニムが、上半身を華奢に女性らしく見せてくれます。足元にはスニーカーを合わせて、コーディネートをカジュアルにまとめました。

20160823160003235_500

引用:http://wear.jp/yattaman69/7769598/

ボリュームのある袖が今年らしいブラウスは、ホワイトを選べば爽やかな印象。ホワイトのトップスには、やっぱりデニムが相性抜群。ゆとりあるシルエットのデニムをチョイスして、リラックス感のある着こなしに。

裾はロールアップして、コーディネートに軽やかさをプラス。ブラックのバレエシューズを合わせて、女性らしく仕上げました。

20160730231711048_500

引用:http://wear.jp/eriiicho/7582855/

コンパクトなシルエットの白Tシャツには、ピンクのキャミソールを重ね着して可愛らしく。甘くなり過ぎないように、ボトムスはデニムを合わせました。少し短めの丈のデニムは、軽やかな印象。

足元には、あえて女性らしいパンプスを合わせたのがポイントです。チョーカーにチェーンバッグ、パンプスまで全てブラックで統一して、コーディネートにまとまりを持たせました。

20160623171014381_500

引用:http://wear.jp/asuking/7297090/

肩の開いたデザイン、胸元の大きなポケットに前後差のある裾のラインなど、少し個性的なトップスには、デニムを合わせれば間違いなし。淡いブルーのデニムは夏らしい印象です。

裾はロールアップして足首を見せて、軽やかに穿きこなして。足元にホワイトのスニーカーを合わせれば、コーディネートに明るさをプラスできます。

20160628114125325_500

引用:http://wear.jp/sawayama0205/7334751/

白のTシャツはコンパクトなシルエットを生かし、キャミソールと重ね着。白地にブラックのボーダー柄のキャミソールは、夏らしく爽やかな印象です。

明るいブルーのボーイフレンドデニムと合わせれば、ほどよくカジュアルなコーディネートが完成。ちらっと覗かせたベルトと、足元のサンダルはブラウンで統一。ブルーとブラウンの組み合わせが大人っぽくて素敵です。

20160603180756985_500

引用:http://wear.jp/niku1121/7138931/

ロゴ入りのノースリーブトップスは元気でヘルシーな印象。ライトブルーのダメージデニムと合わせて、カジュアルに着こなすのがオススメです。デニムの裾はロールアップして、トレンドのスポーツサンダルを合わせて。

ブラックのサンダルがコーディネートを引き締めてくれます。リュックはブラウンのものを選んで、少し落ち着いた印象に。仕上げにストローハットをプラスすれば、コーディネートがグッと夏らしくまとまります。

20160729070359819_500

引用:http://wear.jp/pjtamug/7571495/

襟が詰まったデザインが珍しいシャツは、ストライプ柄でメンズライクな雰囲気。ノンウォッシュの濃いめカラーのデニムと合わせれば、綺麗めな着こなしが叶います。

あえてゆるっとしたシルエットのデニムを選んで、コーディネートに抜け感をプラス。ストローハットにネイビーのトートバッグ、シルバーのサンダルなど、トレンド感溢れる小物使いが素敵なコーディネートです。

20150715181929252_500

引用:http://wear.jp/fumin0709/4544197/

定番のデニムシャツには、少し明るさの異なるデニムパンツを合わせて、デニムオンデニムコーデを楽しんで。ダメージデニムを選べば、ほどよくカジュアルなコーディネートに仕上がります。

デニムには女性らしい細めのベルトをプラスして、品の良さも演出。足元にシルバーのサンダルを合わせることで、グッと垢抜けた印象になります。

20160722184404403_500

引用:http://wear.jp/idamo54/7524608/

カーキ色のTシャツには、淡いベージュのキャミソールをレイヤード。ボトムスにはゆるっとしたシルエットのデニムをチョイス。トップスの裾をデニムに全てインすることで、スタイルアップが叶います。

ロゴ入りのキャップに大きめのトートバッグ、足元にはゴツめのスニーカーを合わせて、カジュアルなコーディネートに仕上げました。

20160611121324137_500

引用:http://wear.jp/ainemu/7201986/

白のTシャツにブルーデニムという定番カジュアルコーデ。トレンドの小花柄ガウンを羽織れば、グッと垢抜けた印象に仕上がります。控えめな柄のガウンは、大人にも取り入れやすいアイテムです。

コーディネートがのっぺりしないようプラスしたベルトと、フリンジ付きが可愛いサンダルはブラウンで統一。仕上げにターバンをプラスして、トレンド感溢れるコーディネートにまとまっています。

20160705074142673_500

引用:http://wear.jp/kco0202/7326743/

トレンドのリブ素材のトップスは、ほどよく身体にフィットして女性らしく着こなせるアイテム。カラーもネイビーを選べば、大人っぽく仕上がります。ボトムスには明るいブルーのデニムを合わせて。

あえてタイトなシルエットのデニムを選んで、とことん女性らしくまとめました。足元には赤いサンダルを合わせて差し色に。フェミニンな夏コーディネートの完成です。

20150613203945019_500

引用:http://wear.jp/sanki0102/4335690/

白のTシャツにブルーのスキニーデニムという鉄板コーデ。大きめサイズが今年らしいシャツをざっくり羽織れば、トレンド感溢れる着こなしに。飾りに付いたワッペンがカジュアルで可愛らしい印象です。

足元はメンズライクな編み上げブーツで、ハードなイメージに仕上げました。ハットやバッグ、シューズを全てブラウンで統一して、コーディネートを引き締めました。

20160810194352987_500

引用:http://wear.jp/sayavinmoca/7673271/

ストライプのシャツはホワイトベースを選べば、夏らしく爽やかな印象。ダメージ入りのスキニーデニムと合わせて、カッコよく着こなすのがオススメです。足元は高めヒールのブラウンのパンプスを合わせて、少し攻めた印象に。

季節感あるストローハットとビビッドなピンクがポイントのクラッチバッグを合わせて、遊び心あるコーディネートに仕上げました。

最後に

30代レディースジーンズ夏コーデ特集をさまざまな角度からご紹介しましたが、いかがでしたか?

思い切り楽しみたいイベントの多い夏!おしゃれもいろいろなバリエーションに挑戦すれば、さらに充実した季節になること間違いなし!

30代のあなたの楽しい夏を応援してます♪


スポンサーリンク

関連記事

  1. 500274648000_12

    夏コーデ

    フレアスカートコーデ特集春夏白中心に紹介!

    歩きやすくて、種類が豊富なフレアスカートは、皆さん1着は持っているので…

  2. 20160726054203423_500

    夏コーデ

    レースアップシューズコーデ特集春夏 エナメルなど

    シューズのセレクトは、コーディネート全体の印象を左右するので大切ですね…

  3. 001905234048

    春コーデ

    ストライプズボンレディースコーデ特集春

    どのようなボトムスをコーデに取り入れるのか迷ってしまいがちな春。…

  4. 002076593001_16

    春コーデ

    春におすすめベロアトップスレディースコーデ特集

    コートを着込んでいた冬とは違って、春はトップスを主役にできる季節ですね…

  5. 20150619182210022_500

    40代 ファッション

    40代アラフォーのテーパードパンツコーデ特集春夏!

    足首に向かって細くなるシルエットのテーパードパンツは、それだけでスタイ…

  6. 20160608194149742_500[1]

    30代 ファッション

    男ウケの良いファッション30代飲み会編!

    ファッションを見る目が厳しい女子会はコーデに気合が入るけれど、飲み会な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20170520090636651_500[1]

    30代 ファッション

    30代アラサー夏ファッションレディース!
  2. 20160425172412402_500[1]

    夏コーデ

    BBQコーデレディース特集春夏!
  3. 500274648000_12

    夏コーデ

    フレアスカートコーデ特集春夏白中心に紹介!
  4. 001893626029_40

    春コーデ

    40代のチノパンレディースコーデ特集 ネイビーなど
  5. 002022588000_03

    冬 コーデ

    40代アラフォーニットワンピ コーデ2016-2017年冬
PAGE TOP