20170501175419381_500

20代 ファッション

20代カジュアルレディース夏コーデ特集

夏といえばファッションを思い切り楽しめる季節ですね!大胆に薄着をしても良いし、少しアバンギャルドな重ね着も楽しめるのが夏ファッション。

今回は、20代女子におすすめするカジュアルレディース夏コーデ特集をお届けします。

今年の夏も思い切り楽しんじゃいましょう!


スポンサーリンク

20代カジュアルレディース夏コーデ特集~夏はやっぱりTシャツ編~

夏に着たいアイテムといえば…Tシャツですよね!

元気なカジュアルスタイルだけじゃなく、ちょっとオンナノコっぽいカジュアルにもアレンジ♪

そんなTシャツコーデをご紹介します。

ロックなロゴTはデニムにインするのが気分

20170501175419381_500

引用:http://wear.jp/k21850912/9860383/

ちょっとロックな雰囲気で、超ビッグなロゴTはデニムに裾を完全インするのがトレンド!

スキニーデニムに合わせれば、上半身と下半身のメリハリで、足の細え効果もバツグンなんです。

夏のカジュアル必携品!スポーツロゴのビッグT

 

20170412222251545_500

引用:http://wear.jp/yuppie9811/9699217/

シンプルな夏の定番スポーツロゴTもスカートにインして着ると、レディな雰囲気に大変身♪

ジーパンに合わせるカジュアルコーデや、決まりすぎない上品コーデにも着まわしできるスポーツロゴTは、夏の必需品になりそう。

首元女っぽアピールのVネックT

20170328212732709_500

引用:http://wear.jp/pageboy_yun/9587294/

VネックTシャツは、首周りをスッキリ見せてくれて、意外にも女っぽさをアピールできるアイテム。

シンプルなデニムと合わせてボーイッシュなカジュアルコーデにしても、VネックTシャツなら彼をドキッとさせるかも。


スポンサーリンク

20代カジュアルレディース夏コーデ特集~見せる下着で涼しげ夏美人編~

今トレンドなのは、下着じゃないけど下着っぽい“見せる”アイテム。

ブラトップやレースキャミなどを重ね着して、夏にぴったりな涼しげカジュアルコーデを実現しましょう。

大胆に決めるなら見せブラ×レーストップス

20170406122429822_500

引用:http://wear.jp/ayanosasaki/9655112/

このコーデで着けているのは、ブラトップと呼ばれる下着じゃないブラ。ビキニトップを合わせてもGOOD!

セクシーなレーストップスに合わせているけど、スカートがカジュアルなスポーツテイストだから、いやらしくない大胆コーデに仕上がってますよね。

ブラトップをTシャツに重ねて夏のレイヤード

20170428223214707_500

引用:http://wear.jp/candy0369/9838332/

オーバーサイズのブラトップをTシャツに重ねると、夏のメリハリレイヤードの完成!

シンプルなTシャツとデニムのコーデにプラスする、アクセサリーみたいな感じの着こなし。

簡単なのにおしゃれに見えるこの夏のおすすめコーデです。

レースビスチェとブラウスでメルヘンちっくな気分

20170424191604315_500

引用:http://wear.jp/welina0620/9804693/

童話の王子様みたいな、ふんわり袖の白ブラウスにレースビスチェを重ねて、ちょっとメルヘンな気分。

あんまり肌を露出したくない美白主義の女子は、こんなロマンチックで涼しげなコーデで夏を乗り切ろう!


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

20代カジュアルレディース夏コーデ特集~女子の特権♪フラワープリント編~

夏なら少し大胆にプリントにも挑戦したい…!

特に花柄は女子の特権ともいうべきアイテム。夏の花柄カジュアルコーデをご紹介していきます♪

まずはロングスカートから始めませんか?

20170429161912943_500

引用:http://wear.jp/apart11058/9831964/

フラワープリントのカジュアルコーデなら、まずはロングスカートから始めるのがおすすめ!

シンプルなTシャツやカットソーに合わせもGOODだし、キャミやタンクトップと合わせてカーディガンを重ね着するのもおすすめです。

ロングワンピースで楽しむ!フェスにもOKな辛口カジュアル

20160827181110060_500

引用:http://wear.jp/tera1008/7798140/

夏フェスには何着て行く?Tシャツにジーパンが定番かもだけど、こんな花柄ロングワンピースもGOOD。

女子っぽい花柄に、メンズなキャップやスニーカーで辛口に決めるのがおすすめです。

20代カジュアルレディース夏コーデ集

20160805113249304_500

引用:http://wear.jp/shchonn0604/7531215/

ネイビーの膝丈フレアスカートには、同じネイビーベースの小花柄トップスを合わせて。ネイビーに白の小花柄が清楚な印象です。

女っぽくなりすぎないよう、足元は白のソックスとカッチリとしたローファーでカッコよさもプラス。腕時計やバッグなどの小物は、ブラウンで統一することで、コーディネートがまろやかに仕上がります。

20160825120241762_500

引用:http://wear.jp/fujisakayuka/7781934/

淡いブルーが今の時期にぴったりのデニムスカートは、今年らしいロング丈。フロントに深めのスリットが入っているから、ロング丈でも重たくなりすぎません。

トップスにはロック柄のTシャツを合わせてカジュアルに。中に着たフリルのインナーを首元から覗かせることで、女性らしさをプラスしています。ハットやスニーカーはブラックでまとめ、コーディネートを引き締めました。

20160902012646585_500

引用:http://wear.jp/namikise/7729582/

トレンドのワイドパンツが主役のコーディネート。淡いベージュが明るい印象のワイドパンツは、カジュアルな素材感だから綺麗目になりすぎないのが魅力です。ボトムスにボリュームがある分、トップスはタイトなシルエットなものを合わせてバランスを取りました。

ブラックとベージュの組み合わせが大人っぽい雰囲気です。バッグとスニーカーは白でまとめて、大人カジュアルなコーディネートに仕上げました。

20160614140929314_500

引用:http://wear.jp/fujisakayuka/7227689/

ブラックのタンクトップにブルーのスキニーデニムというシンプルな組み合わせも、トレンドのレースガウンを羽織れば一気に垢抜けた雰囲気に。デニムの裾をロールアップして、スニーカーとの間に素肌を覗かせることで、抜け感が生まれます。

つばが広めのハットやチェーンバッグ、パールのブレスレットをプラスすれば、シンプルなコーディネートがグッと華やかになります。

20160603194329954_500

引用:http://wear.jp/ami0603/7139708/

ロゴTシャツにインディゴデニムという定番のカジュアルコーディネートも、シフォン生地のロングガウンを羽織るだけで、一気にトレンド感溢れるスタイルに。ガウンの縁のレースと、Tシャツのインナーのフリルで、女性らしさを演出。

バッグは明るいホワイトのチェーンバッグをチョイス。足元には、差し色に赤いバレエシューズを合わせ、可愛らしさをプラスしました。

20160727181935716_500

引用:http://wear.jp/ys17/7559768/

ブラックのノースリーブトップスは、首の詰まったデザインだから、大人でも品良く着こなせるアイテム。ボトムスには、控えめな柄が大人っぽい印象のロングスカートを合わせました。

モノトーンの柄だから派手になりすぎず、どんなコーディネートにも意外に合わせやすいスカートです。足元はトレンドの厚底サンダルでバランスよく。トップスとサンダルをブラックでまとめたことで、コーディネートに統一感が生まれます。

20160829153836939_500

引用:http://wear.jp/namikise/7729593/

白のTシャツにブルーのデニムという、定番のカジュアルコーディネート。腰にチェックシャツをラフに巻いてあげるだけで、グッとこなれた雰囲気になるんです。ラウンド型が今年らしいショルダーバッグに、ファーのスリッパサンダルを合わせてトレンド感をプラス。

どちらもブラックで統一することで、コーディネートが引き締まります。明るいベージュのストローハットは、季節感を演出してくれる便利なアイテムです。

20160713210916332_500

引用:http://wear.jp/misamisa0425/7457197/

肩が開いたデザインのトップスは、オフショルダーほど露出度が高くないので、初心者にもトライしやすいアイテム。ブラックを選べばいい大人っぽく着こなすことができます。ボトムスにはダメージデニムを合わせてカジュアルに。

思い切り裾をロールアップしたら、足元にはベージュのレースアップシューズをチョイス。ベルトとシューズをベージュでまとめて、コーディネートに統一感を出しました。バッグはホワイトを選んで、明るさをプラスしています。

20150819131838984_500

引用:http://wear.jp/mppppm/4760802/

Tシャツとスカートをネイビーでまとめた、カジュアルな中にも品の良さを感じさせるコーディネート。Tシャツのさりげないロゴが、スポーティな雰囲気を演出してくれます。リュックとスニーカーはブラックでまとめて、コーディネートを引き締め。

足元にはライン入りがオシャレな白のソックスを合わせました。ほどよくスポーティな大人のカジュアルコーディネートです。

20160819204251498_500

引用:http://wear.jp/mug12/7742602/

ふんわりとしたシルエットが可愛らしさ全開のワンピース。清涼感溢れるホワイトが夏らしい印象です。コーディネートが甘くなりすぎないよう、ワンピースの中にはボーダー柄のTシャツを合わせました。

ブラックで統一したリュックとぺたんこサンダルは、コーディネートをほどよくカジュアルダウンしてくれます。淡いグレーのベレー帽がこなれた雰囲気を演出してくれます。

20160723175042506_500

引用:http://wear.jp/rie54/7531405/

ビッグシルエットのTシャツは今期のトレンド。身体が泳ぐサイズ感は、女性を華奢に見せてくれる嬉しいアイテムです。ボトムスにはシンプルなスキニーデニムを合わせて、Tシャツのデザインを引き立たせました。

リュックにスポーツサンダルで、コーディネートをとことんカジュアルにまとめました。ブラックのアイテムを多めにすることで、グッと大人っぽい雰囲気に仕上がります。

20160726204019534_500

引用:http://wear.jp/ayaka0113/7555179/

明るいブルーが爽やかな印象のデニムワイドパンツには、シンプルな白Tシャツを合わせました。淡いピンクのロングガウンを羽織れば、コーディネートがグッと今期らしい表情に。

足元にはホワイトのぺたんこシューズを合わせて、カジュアルにまとめました。淡い色ばかりでコーディネートがぼやけないよう、ブラックのリュックをプラスしたのがポイントです。

20160818144024669_500

引用:http://wear.jp/minamiakina/7732858/

ブラックのタンクトップにミニスカートという露出度の高い組み合わせでも、ロゴ入りなどスポーティなアイテムを選ぶことで、ヘルシーな印象に。足元には白のライン入りソックスを合わせてカジュアルさをプラス。

スニーカーも白で統一して、コーディネートに明るさと軽さをプラスしました。ブレスレットやリュック、帽子など、小物はブラックでまとめて大人っぽく仕上げています。

20160709224904647_500

引用:http://wear.jp/kaikai910/7424387/

ネイビーの小花柄ワンピースは、深めのVネックにロング丈で大人っぽく着こなせるアイテム。夏らしい素材感のハットとクラッチバッグを合わせて、季節感溢れるコーディネートに仕上げました。

落ち着いたカラーのパンプスや、華奢なネックレスや腕時計を合わせることで、大人っぽい上品さもキープ。さりげない品の良さを感じさせる華やかコーディネートです。

20160610101001116_500

引用:http://wear.jp/ma125788ya/7192920/

ブラックのタンクトップにタイトスカートという、ちょっぴり辛口なコーディネート。スカートには大胆なスリットが入っているので、さりげない女性らしさも感じさせます。

スカートに付いたベルトはウエスト位置を綺麗に見せて、スタイルアップを叶えてくれます。足元は白のソックスにファー素材のサンダルで、トレンドを意識したコーディネートに仕上げました。

20160710030458495_500

引用:http://wear.jp/happyyopy/7425759/

ストライプ柄が珍しいトップスはオフショルダーのデザイン。落ち着いたカラーだから、大人っぽく着こなせるアイテムです。首回りが寂しくならないよう、ブラックのチョーカーをプラスしてバランスを調整。

ボトムスにはダメージデニムを合わせて、カジュアルなコーディネートに仕上げました。足元には、ブラックのベルトが引き締め効果抜群のサンダルをチョイス。トートバッグは白を選んで、コーディネートに明るさをプラスしました。

20160810132058184_500

引用:http://wear.jp/cem91/7670264/

淡いグレーのVネックTシャツは、付かず離れずのシルエットが大人らしい印象。長めの丈を生かし、Tシャツの下にはショートパンツを合わせてワンピース風に着こなしました。

ハットやショルダーバッグ、サンダルは全てブラックで統一して、コーディネートを引き締めています。ハットが夏素材感だったり、厚底サンダルだったり、シンプルな中にもさりげなくトレンドを感じさせる大人なコーディネートです。

20160810185829070_500

引用:http://wear.jp/rie54/7672948/

淡いグレーのタンクトップに、ゆるっとしたシルエットのパンツを合わせたカジュアルコーディネート。パンツはデニムのような風合いで、何にでも合わせやすい便利なアイテムです。

足元はトレンドのスポーツサンダル。カラーはブラックを選ぶことで、コーディネートを引き締めました。夏らしい素材感の白のショルダーバッグをプラスすれば、コーディネートがグッと垢抜けます。

20160831064539137_500

引用:http://wear.jp/kojiharu27/7816582/

トレンドのリブ素材のトップスは、タイトなシルエットがスタイルを良く見せてくれる嬉しいアイテム。カラーはこっくりとしたブラウンをチョイス。ボトムスにはブラックのワイドパンツを合わせて、大人っぽくまとめました。

ベルトとサンダルを白にすることで、コーディネートに明るさと抜け感をプラスしています。サンダルのファー素材がトレンド感を演出。大人っぽい中にも遊び心を感じさせるコーディネートです。

20160831075205673_500

引用:http://wear.jp/yumi16100307/7817921/

大きめなシルエットが今年らしい白のTシャツに、ブラックのワイドパンツを合わせたコーディネート。一見普通な組み合わせも、ジレを一枚羽織るだけで、グッと垢抜けた印象に。

カッチリとしたデザインのグレーのジレは、コーディネートにきちんと感をプラスしてくれます。トートバッグとスニーカーは白で統一して、カジュアルなコーディネートに仕上げました。

まとめ

20代女子のみなさんにお届けする、カジュアルレディース夏コーデ特集はいかがでしたか?

Tシャツにブラトップ、花柄アイテムなど、わくわくするコーデをたくさんご紹介しました。

フェスやキャンプ、海などへのお出かけも増える夏はおしゃれもめいっぱい楽しみたいですね!

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. 20170612215310684_500

    夏コーデ

    ジムで使いたい!おしゃれなトレーニングウェアコーデ特集!

    ジムでトレーニングする時もおしゃれでいたいのは、女子全員の願いですよね…

  2. 20170520090636651_500[1]

    30代 ファッション

    30代アラサー夏ファッションレディース!

    20代の頃と違って、Tシャツ×デニムのシンプルコーデだと何だか物足りな…

  3. 00183189401Y

    夏コーデ

    ママ世代に人気のスニーカーレディースコーデ春夏特集

    春夏の時期には欠かせないスニーカーコーデ。とは言えママ世代ともなるとな…

  4. 20170619150132477_500

    20代 ファッション

    20代におすすめデニムワンピースコーデ特集夏!

    女っぽくなりすぎず、カジュアルにかっこ良く着こなせるデニムワンピース♪…

  5. 20160719160221386_500[1]

    夏コーデ

    アウトドアファッションレディース夏特集!

    海・山・フェスなど、夏は楽しいアウトドアイベントが満載!いつも…

  6. 20160709111236788_5001

    40代 ファッション

    40代アラフォーショートパンツコーデ特集夏!

    昨年はガウチョパンツが爆発的にヒットしましたね。そろそろ夏らし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20170331124456267_500[1]

    30代 ファッション

    コートレディースコーデ特集30代プチプラ!
  2. 30代 ファッション

    30代アラサーの花柄ワンピースコーデ特集春夏!
  3. 20170510230239213_500

    30代 ファッション

    30代アラサーにおすすめタイトスカートコーデ特集春夏
  4. 20160308163407137_500

    冬 コーデ

    ロングブーツレディースコーデ集2016年冬はいつから?気温は?
  5. 秋 コーデ

    レトロワンピースコーデ特集秋冬!
PAGE TOP