20160506173530829_5001

夏コーデ

春夏におすすめ半袖シャツレディースコーデ特集白など

長袖のロールアップがメジャーなシャツコーデですが、半袖シャツもバリエーション豊富です。

きちんと感を出したいけど、涼しさも大事というときにピッタリ。

Tシャツ感覚でサラっと着こなすと、春夏コーデがひと味かわってきますよ。


スポンサーリンク

春夏におすすめ半袖シャツレディースコーデ特集 白シャツ

まっさらな白シャツは、コーディネートのしがいがありますね。

レイヤードを楽しむのが飽きをこさせないコツです。

シンプルコーデ

20170413174307202_500[1]引用:http://wear.jp/wear10041/9713563/

潔く白シャツを1枚で。正統派のコーデです。

ワイドパンツはデニムを選んで、真面目になり過ぎないようにバランスを取りましょう。

ベレーや小さなポシェットなど、小物使いがキュートですね。

落ち着いた配色で、清潔感のあるコーディネートです。

ニットベストコーデ

20160507020915444_500[1]

引用:http://wear.jp/mii2selfish3/6898673/

丈が長めのシャツはインせずに、ニットベストとのレイヤードでバランスをとるのが今っぽいシルエット。

ヒップや太もものラインが気になる人も着やすいコーデですね。

ハットや厚底のサンダルでスタイルアップすることも忘れません。

サロペットコーデ

20160506173530829_500[1]

引用:http://wear.jp/yoshi0302/6912063/

袖口が広めの半袖シャツは、二の腕の華奢見え効果があるのでオススメ。

スリムなシルエットのサロペットと、ハットのおかげでカジュアル過ぎない雰囲気に仕上がっています。

サンダルはスポーツタイプを選んで、リラックスしたコーデに。

エプロンワンピースコーデ

20150715160903475_500[1]

引用:http://wear.jp/zozost728/4543443/

エプロンワンピ―スのインナーは、まずは白シャツにしておけば間違いなし。

しっかりボタンをしめて、お行儀よく着こなしましょう。

たっぷり入ったプリーツがきれいですね。

メガネやバッグで遊びを加えると、大人しめ配色でも地味になり過ぎません。


スポンサーリンク

春夏におすすめ半袖シャツレディースコーデ特集 カラーシャツ

春夏は、やっぱりカラーも積極的に足していきたくなりますよね。

パステル系でフェミニンに仕上げるのも、アースカラーでクールに仕上げるのも素敵です。

オレンジのシャツコーデ

20170407193908171_500[1]

引用:http://wear.jp/relume_486/9667421/

元気なオレンジのシャツは、休日コーデにピッタリ!

広がった袖口が今年らしいシャツです。風が抜けて涼しそう。

抜き衿&ワイドデニムで、リラックス感のある仕上がりですね。

バッグのスカーフ柄が大人っぽくてオシャレです。

ブルーのシャツコーデ

20150511154130781_500[1]

引用:http://wear.jp/doorswomens01/4126468/

身頃のゆったりしたシャツをスカートと合わせるときは、インしてスッキリ着こなしましょう。

お仕事にも着ていけそうな、爽やかなきちんとコーデですね。

休日に着るなら、もちろんサンダルやクラッチバッグを合わせてもGOOD。

カーキのシャツコーデ

20160621162148281_500[1]

引用:http://wear.jp/wear10001/7283439/

カーキの開襟シャツは、メンズライクな印象。

ドロップショルダータイプを選んだり、タイトスカートスカートを合わせたりして女性らしく着こなしましょう。

洋服がダークトーンなので、バッグは白のキャンバス地を選んで軽く仕上げるといいですね。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

春夏におすすめ半袖シャツレディースコーデ特集 柄シャツ

顔周りに柄をもってくると、パッと華やかな印象になりますね。

ボトムスはシンプルにして、シャツで遊んじゃいましょう!

ストライプのシャツコーデ

20160427185135419_500[1]

引用:http://wear.jp/ambience/6832572/

春夏に着たくなるブルーのストライプを半袖シャツで。

ストライプはクール系の印象に傾きがちですが、小さ目の丸衿でかわいらしい仕上がりですね。

脚の露出は抑えて、清楚に着こなしましょう。

チェックのシャツコーデ

20150511181947503_500[1]引用:http://wear.jp/doorswomens01/4127341/

全身モノトーンコーデでも、トップスがギンガムチェックなら寂しい印象になりません。

センタープレスのワイドパンツは、ローヒールのシューズでも脚がキレイに仕上がるのが嬉しいですね。

白のハットで春夏らしく!

フルーツ柄のシャツコーデ

20160408121105448_500[1]

引用:http://wear.jp/wear6015/6677912/

レモンの柄がとってもキュートな半袖シャツです。

人とかぶらないモチーフを選ぶと個性がでますね。

スカートはフロントボタンタイプで縦ラインを強調しています。

足元は、ローファーとラインソックスで若々しいコーディネートです。

春夏におすすめ半袖シャツコーデ集

20170529100118012_500

引用:http://wear.jp/fellini/10072879/

半そでシャツとギンガムチェックの白がリンクした爽やかな雰囲気のコーデ。デニムシャツを腰巻にしてさりげなくウエストラインをキープ。

大ぶりのゴールドネックレスがカジュアルスタイルをランクアップして見せてくれます。サブリナパンツが足首の細見え効果に貢献。イエローのスニーカーが初夏を思わせる爽やかさを演出します。

20170526152545871_500

引用:http://wear.jp/wear10041/10052645/

コントラストが効いているモノトーンコーデ。白シャツの前だけインで、スッキリとした印象が強調されます。半袖シャツの肩落ち感が、コントラスの効いたモノトーンの強めの印象を和らげます。

バッグやシューズの小物の質感を変えることで、コーデに立体感が生まれて、寂しく見えがちなモノトーンコーデを華やかな印象に変えます。

20170512135400010_500

引用:http://wear.jp/wear10016/9946120/

ミモレ丈のピンクスカートが主役のコーデ。きれい色のスカートに白シャツは相性抜群です。上下ともにタックの入ったアイテムで、コーデに立体感が生まれて、のっぺりした印象を回避します。

足元はパンプスとソックスでガーリーに仕上げて、華やかなコーデにおしゃれな雰囲気をプラスしました。黒のチェーンバッグがコーデがグッと引き締しめます。

20160816175447219_500

引用:http://wear.jp/kanoco/7719673/

半袖シャツとデニムのナチュラルなコーデ。何気ないコーデも、クロップド丈のデニムにする事でコーデが一気に垢抜けます。

トレンドのハイウエストデニムに白シャツをINしてスッキリ感をアピールするのも好印象。カジュアル感が強いコーデも、足元をパンプスにすると雰囲気が変わり、カジュアルなオフィスコーデにも使えます。

20170520091206024_500

引用:http://wear.jp/ietik_oyr/10002576/

きちんと感の強い襟付き半そでシャツにワイドシルエットのデニムをコーデ。トップスインでサスペンダーを加えることでコーデが一気に引き締まります。

半そでシャツは着崩さずに前ボタンをしっかりと留めて、足元をスニーカーでとことんメンズライクにコーデするのもクールでカッコいい。半袖のスッキリ感がコーデに清涼感を加えます。

20170524202654062_500

引用:http://wear.jp/maichi58/4298613/

夏らしい柄のセットアップになっています。涼し気な生地感で夏の風を感じられると思います。ワンピースではないのでバラバラで他のものと合わせるのももちろんありです。

総柄だけど主張しすぎないので大人の女性にもピッタリです。ちょっとそこまでというときも、旅行でリゾート感をだしたいときにも、どんなときでも着やすいデザインです。

20170522174825678_500

引用:http://wear.jp/chipiii8228/10024141/

はやりの刺繍のデザインの白シャツ。ざっくりカットの袖ですが、刺繍が入ることでぐっと女性らしくなります。総柄ではないので派手になりすぎずかわいらしく着られます。

白を選ぶことでさわやか感がでるので夏らしく着こなせますよ。下のパンツは少し暗めの色を選ぶとより白シャツが映えるので足もとにコンプレックスがある方にもってこいのコーデです。

20170522193051624_500

引用:http://wear.jp/tonal04/9992566/

シンプルな白シャツですが、ハイウェストのパンツやスカートと合わせることでぐっと大人っぽく着こなせます。生地感はさわやかなので柄もののロングスカートと合わせるとリゾート感が演出できるかもしれません。

シンプルなデザインなので上に羽織るものは選ばずになんでも合うでしょう。全体的にシンプルにまとめるのもあり、なにかワンポイントつけてそれを映えさせるのもあり、そんな万能シャツです。

20160506173530829_500

引用:http://wear.jp/yoshi0302/6912063/

ざっくりカットのボーイッシュなシャツ。サロペットやオーバーオールと合わせるとカジュアルボーイッシュコーデの完成です。ワイドパンツと合わせてもいいかもしれません。

デザインはシンプルなのでどの年代でも着こなせると思います。女性らしさより機能性を重視したいときにピッタリではないでしょうか。バーベキューにぴったり!

20150612215418837_500

引用:http://wear.jp/yuuikodama/4329383/

少し透け感のあるシンプルなデザインの白シャツです。ハイウェストパンツ、スカートや柄物のパンツやスカートにも合わせやすい初心者向けのシャツかもしれません。

女性的すぎず、ボーイッシュすぎないデザインなので鞄や靴もあばり選ばずに好きなものをもてるのではないでしょうか。夏らしい生地感なのでさわやかな印象を与えられるでしょう

20160701164911181_500

引用:http://wear.jp/wear10064/7358280/

シンプルな形の上品なホワイトシャツのボタンを、上まできっちりとめて、ワイドなストライプパンツを合わせた、キレイめカジュアルのコーディネートです。

細めのストライプなら、ワイドパンツも太く見えないですね!足元を少しロールアップして、メンズライクなローファーをチラ見せ。麦わらのキャスケットで夏らしさが出て、爽やかな夏のスタイルになっています。

20170413174307202_500

引用:http://wear.jp/wear10041/9713563/

シンプルなホワイトシャツも、インディゴデニムのワイドパンツを合わせて、ラフなまとめ髪にベレー帽をかぶれば、とってもキュートな定番カジュアルスタイルになります。

シンプルだからこそ、小物はレザーのミニショルダーや定番のラウンドバレエシューズで、上品にまとめるのが正解。メイクもナチュラルに、優しい雰囲気です♪

20160225193933317_500

引用:http://wear.jp/ambience2/6306147/

シンプルなホワイトシャツに、ホワイトデニムを合わせた、余計なカラー不要の、真っ白コーディネート!かっちりしたシャツスタイルも、パンツがぶかっとラフな感じなので、とってもキュートな印象です。

レトロな雰囲気の細フレームのメガネや、柔らかレザーのローファーを合わせれば、ぐっと今っぽいオジカジスタイルの完成です♪

20170411012845338_500

引用:http://wear.jp/yukina0807/9693013/

ブラックのTシャツの上にさらりと白シャツを羽織った、スポーティーな印象のカジュアルスタイルです。

パンツも白いので、ぼんやりしそうなところを、黒いキャップとTシャツがリンクしていて目を引くので、引き締まって見えてスタイル良く見えています。からし色のスニーカーで、色味を足して、モノトーンコーデに遊び心を感じますね♪

20160527221758148_500

引用:http://wear.jp/terichi1115/7084733/

ストライプのフレンチスリーブシャツに、ホワイトのダメージ入りスキニーパンツを合わせた、爽やかなアクティブコーデです。ストラップサンダルを合わせて、きれいな足首が上品ですね!

ストローハットが夏らしく、海に行きたくなります。カジュアルになりすぎないように、かっちりめのレザーバッグで、大人の女性を演出しています。

20150513115001439_500

引用:http://wear.jp/nosere0721/4136012/

夏らしい白いトップスは袖がレース調になっており、とても涼やかです。濃紺デニムの裾をくるくるっとロールアップし、足首をチラ見せしています。見えるソックスが可愛いですね。

トップスをパンツインしているので、脚長効果もあります。ヘアリボンは赤で大きいので、目が行きますね。差し色効果で女の子っぽさを演出します。

20150626204743944_500

引用:http://wear.jp/yuuikodama/4422345/

テロっとした白シャツに薄青のデニムにインされています。デニムスカートはボタン留めになっているので、センターラインがしっかり見えるので、とても脚長を演出します。

ストローハットが夏らしさをしっかり魅せてくれます。サンダルがユルっとしたルーズ感が出ます。ボーイッシュの中に女のっこぽさがあり、海辺デートにお勧めなコーデとなっています。

20150715160903475_500

引用:http://wear.jp/zozost728/4543443/

目をひくネイビーのロングワンピースが可憐な女の子っぽさを出してくれます。襟付き白シャツを重ねると、カジュアルになりすぎるのを防いできちんと感が出ています。

ビックセルメガネが素朴なイメージを出してくれます。白の革靴でしっかりと足元締めてこなれ感があります。ベージュの大き目トートバックも色合いがばっちり合います。

20160516213403698_500

引用:http://wear.jp/330139/6997755/

OL向け風な綺麗目ファッションで、オフィスカジュアルにも使えますし、もちろんアフター5にも使えます。白シャツの襟もとを立ててスッキリ感。

デニムスカートのウエスト部分の大きさリボンがおなか回りを隠す効果もあります。シルバーなパンプスが足元をキュっと締めてくれています。仕事終わりのデートにも合うコーデです。

20150525132119525_500

引用:http://wear.jp/umi1023/4207315/

とてもボーイッシュな雰囲気が出るコーデ。白シャツにアクセントの蝶ネクタイ。水玉模様が可愛いですね。あえてシャツ裾はパンツに入れず、腰はきボーイフレンドジーンズのゆるっとさがボーイッシュさを出します。

ヘアも頭頂部で大きなお団子ヘアを作ると、古着のようなビンテージ感がとても可愛いです。足もとはスニーカーですね。

まとめ

半袖シャツは、きちんと感を出しながら春夏っぽい爽やかなコーディネートが組めるので便利なアイテム。

衿の形や柄でかなり印象が変わるので、選ぶのも楽しいですよ!

ぜひ春夏のワードローブに加えてみてくださいね。


スポンサーリンク

関連記事

  1. 002003268000_01

    冬 コーデ

    レディースGジャンコーデ特集2017年冬春

    2016年ももうすぐ冬が訪れ、あった言う間に2017年を迎えてしまいま…

  2. 50011604201R

    40代 ファッション

    40代アラフォーにおすすめロングスカートコーデ集春

    少し寒かったり、少し暖かかったり気候の安定しない春の時期にオススメのア…

  3. 20160611102324616_500

    夏コーデ

    ストローハットレディースコーデ特集黒中心に!

    ストローハットとは、むぎわら帽子のこと!丸くツバがあって、夏らしくて懐…

  4. 001653189000_02

    40代 ファッション

    アラフォー40代ファッションコーデ集春カジュアル

    春になるとやはりカジュアルなファッションコーデをしたくなりますね。…

  5. 001605349036_01

    春コーデ

    Gジャンコーデ春レディース特集10代におすすめ

    春になるととても着回しがきいて重宝するのがGジャンですよね。Gジャンコ…

  6. 00195975000k

    ユニクロ コーデ

    ユニクロスキニーパンツレディースコーデ特集

    秋~春にかけて恋しくなるアイテムと言えばスキニーパンツですよね♪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 001690839093

    40代 ファッション

    40歳代アラフォーのロングカーディガンコーデ特集グレーなど
  2. 20161227171600488_500[1]

    冬 コーデ

    ジャンパースカートコーデ秋冬特集!
  3. 20170520090636651_500[1]

    30代 ファッション

    30代アラサー夏ファッションレディース!
  4. 20161020120338547_500[1]

    その他

    アメカジコーデレディース特集!
  5. 001845052007_91

    春コーデ

    カットソージャケットおしゃれレディースコーデ特集
PAGE TOP