20160816104336205_5001

夏コーデ

インナータンクトップレディースコーデ特集夏!

デイリーづかいのインナーとして、通年活躍するタンクトップ。

もちろん夏だってフル稼働します!

今シーズンおすすめのタンクトップコーデをご紹介していきます。


スポンサーリンク

インナータンクトップレディースコーデ特集夏! ガウンコーデ

春から人気の薄手のロングガウンは、軽い素材なので夏だって使えちゃいます。

タンクトップのインナーで、透け感のあるコーデを満喫しましょう。

ワイドデニムと合わせて

20160816104336205_500[1]引用:http://wear.jp/rinatanaka0203/7716426/

シンプルな白のタンクトップは、ハイウエスト気味のワイドデニムにインして脚長に。

厚底のサンダルも一役かっていますね。

ガウンは長袖ですが、デコルテがしっかり開いているので暑苦しくみえません。

カラースカンツと合わせて

20170424163419700_500[1]

引用:http://wear.jp/102302230326theer/9806061/

春から流行のイエローを、ロングスカンツとシューズで取り入れたカラフルコーデ。

ガウンの柄にもイエローが入っているので、統一感がありますね。

タンクトップは鉄板のホワイトで脇役に。

かなりロング丈のガウンですが、スリットが入っていて軽やかな印象です。


スポンサーリンク

インナータンクトップレディースコーデ特集夏! トップスレイヤードコーデ

タンクトップ同士やブラウスからのチラ見せでレイヤードすると、コーディネートに立体感がでます。

お気に入りのものは、色違いで買ったりしてもいいかも!

キャミソールと合わせて

20160625182115765_500[1]

引用:http://wear.jp/manachin/7312644/

秋冬はニットと、春はTシャツと重ねていたキャミソールコーデ。

タンクトップとも相性がいいですね!

ブルートーンのコーディネートが見た目にも涼しくてGOOD。

ブリーチ強めのデニムやフリンジバッグで、夏らしさを加速させて。

タンクトップと合わせて

20160813064245543_500[1]

引用:http://wear.jp/maistyle/7692801/

フリル付きの鮮やかなグリーンタンクは、なじませカラーのグレーとレイヤードして奥行きを出しましょう。

シンプルなコットンの白スカートが夏らしいですね。

フェザー柄のクラッチバッグもオシャレです。

ブラウスと合わせて

20170503082156843_500[1]

引用:http://wear.jp/nenetsy/9864955/

華やかなフューシャピンクが目を引くブラウスです。

ボトムが淡色なので、タンクトップは黒で引き締めて。

太ベルトとブラウスのフロントインで、今年らしいシルエットに仕上げています。

透けブラウスと合わせて

20170426180205264_500[1]

引用:http://wear.jp/hime0823/9821831/

同色タンクトップありきの透けブラウスコーデ。

素肌感があるので、黒でも涼し気な印象です。

フラワー柄やストライプが主流のなか、ドットブラウスが新鮮ですね!

ボトムスはワイドデニムでカジュアルに着こなすと、透け感のあるトップスもセクシーになり過ぎず普段使いできます。

インナータンクトップレディースコーデ特集夏! ジレコーデ

シンプルなタンクトップにジレを合わせれば、簡単に動きのあるコーデになります。

ノースリーブなので、真夏でもOKのレイヤードスタイルです。

ロングジレと合わせて

20160710121248431_500[1]

引用:http://wear.jp/tabizora/7427763/

軽い素材のロングジレは、ベージュを選んで軽やかに。

ゆるデニムと合わさったシルエットが今っぽい仕上がりです。

トレンドのスポーツサンダルも好相性ですが、ナチュラル派ならレザーのぺたんこサンダルでもカワイイですね。

ショートジレと合わせて

20160718202906574_500[1]

引用:http://wear.jp/handmadelabo812/7495300/

白×黒のシンプルコーデは、寂しくならないようにジレをプラスすると、ひと手間かけた印象に。

腰より短めのジレを選んで、脚長効果をねらいましょう。

クールなスタイルに無造作なまとめ髪がオシャレですね。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

インナータンクトップレディースコーデ特集夏! サロペットコーデ

いつもはブラウスやTシャツを合わせているサロペットも、インナーをタンクトップに変えれば一気に夏モード!

デニムサロペットと合わせて

20160803162505161_500[1]

引用:http://wear.jp/meeeeeee77/7612250/

一歩違えるとギャルっぽくなりがちなデニムサロペットコーデですが、肩の部分が広めのタンクトップを選ぶと着こなしやすいですよ。

小物は黒で統一して、元気なアイテム合わせでも大人っぽい印象に。

つま先がスリムなデザインのスニーカーで、膝下をスラッと見せましょう。

ベージュサロペットと合わせて

20170415104446426_500[1]引用:http://wear.jp/yoahiru35/9727250/

夏の終わりのタンクトップコーデなら、黒×ベージュの秋配色はいかがですか?

背中ががっつり開いているので涼しく過ごせつつ、秋のムードを出すことができます。

身体のラインは隠れていても、レースのタンクトップのおかげで女性らしい雰囲気ですね。

インナータンクトップレディースコーデ集夏!

20160813123032689_500引用:http://wear.jp/51985198maki/7694271/

ボディラインにフィットしたタイトなシルエットが魅力のオーバーオルは、爽やかなホワイトカラーで程よく大人カジュアルに着こなせるアイテムです。落ち着きのある色合いのタンクトップをレイヤードすることでアクティブ感をキープしつつ大人顔をアシストしてくれます。

小物を黒で統一してプラスすることで大人っぽいメリハリが加わりこなれ感のあるスタイルにまとまります。

20160809064826126_500引用:http://wear.jp/merumo18/7657377/

落ち着きのあるブルーの色合いが目を引くタンクトップに白のロング丈シャツをサラッと羽織れば、爽やかながらグッとこなれ感のある印象を演出してくれます。

ラフ感のあるクラッシュ加工が施されている色落ちが絶妙なデニムパンツを合わせることで、クールな辛口スタイルにまとまります。厚底サンダルで上級者っぽいアクセントが加わります。

20160611222026371_500引用:http://wear.jp/shino1226/7198125/

ベーシックな白無地のタンクトップは1枚でもサマになりますし、インナーとしても着まわせてコーデの幅を広げてくれる重宝アイテムです。

カットオフフリンジが施されているデニムショートパンツにタックインして着こなし、エスニックテイスト薫るマキシ丈ロングシャツをラフに羽織れば、グッと上級者っぽいカジュアルコーデに仕上がります。

20160826085844971_500引用:http://wear.jp/nao2726/7788176/

胸元がざっくりと開いたほんのり色っぽいタンクトップは、引き締め感を与えてくれるブラックカラーでコーデを大人顔にランクアップしてくれます。

ダークカラーのメンズライクなチェック柄シャツをラフにプラスして、裾をカットオフしたマイクロミニのデニムショートパンツを合わせれば、アクティブ感のある他と差のつくカジュアルコーデに仕上がります。

20160815064727960_500引用:http://wear.jp/k21850912/7703119/

ベーシックなクルーネックのタンクトップは着まわしやすいホワイトカラーで爽やかにコーデをアシストしてくれる優秀アイテムです。

アーミーライクなカモフラージュ柄が全面に配されたゆるシルエットのロング丈シャツをラフに羽織り、クラッシュ加工が施されているデニムパンツを合わせれば、こなれ感たっぷりのカジュアルコーデに仕上がります。

20160822221114232_500引用:http://wear.jp/guuu414/7765173/

華奢なストラップが目を引くサロペットはカジュアルながらほんのり大人の色香が漂うアイテムです。ライトグレーの色合いで爽やかにコーデをランクアップしてくれます。

ブラックカラーのタンクトップをレイヤードすることで引き締め感が加わり、シンプルながら大人カジュアルコーデに仕上がります。コンフォートサンダルでゆる感をプラスして好バランスにまとまります。

20160729091630508_500引用:http://wear.jp/mayuko718325/7572015/

ボディラインにフィットしたシルエットとフェミニン感のあるピンクカラーで女性らしさをキープしてくれるタンクトップです。黒のタンクトップをレイヤードすることで引き締め感が加わります。

インディゴブルーのデニムスキニーを合わせれば、メリハリのあるカジュアルコーデに仕上がります。キャップとサンダルを投入してスポーティ感アップ。

20160706064958070_500引用:http://wear.jp/misato36/7381967/

ロゴ入りのタンクトップはカジュアル度の高いアイテムながら、モノトーンの配色で着まわしやすくコーデの幅を広げてくれる重宝アイテムです。優しいベージュカラーのロングジレをレイヤードすることで大人っぽい雰囲気をアシストしてくれます。

ハイウエストデザインのストライプ柄ワイドパンツを合わせれば、縦長効果が得られてスマート見えするカジュアルコーデに仕上がります。

20150605230454203_500引用:http://wear.jp/mayuko718325/4277828/

ほんのりゆる感のある白無地のタンクトップは1枚でトレンドライクにコーデをアシストしてくれます。フロントはクルーネック、バックはVカットデザインなので前後でさりげないギャップを楽しめるのもポイントです。

ボーイズライクなデニムサロペットをレイヤードすることで爽やかなアクティブ感が好印象のカジュアルコーデが完成します。

20160613174623499_500引用:http://wear.jp/kie322/7221434/

程よくポップ感のあるプリントが施されているタンクトップはホワイトカラーベースなので爽やかにコーデをアシストしてくれる1枚です。黒のインナーをレイヤードすることで程よい引き締め感がプラスされます。

スポーティーな印象のジョガーパンツを合わせれば、こなれ感たっぷりのカジュアルコーデに仕上がります。キャップでアクティブ感がアップします。

20160726110311737_500引用:http://wear.jp/mayuko718325/7551297/

スポーティーなロゴ入りのタンクトップは1枚でカジュアルに着まわせる1枚です。ホワイトカラーベースなので爽やかにコーデにアクセントをプラスしてくれます。

ヴィンテージライクな色落ち感が絶妙なデニムパンツにフロント部分だけラフにタックインすることで、シンプルながらトレンドライクなカジュアルコーデに仕上がります。

20160901224657538_500引用:http://wear.jp/marriiina/7512223/

フロントにフリルが施されているガーリー感のあるタンクトップはホワイトカラーで軽やかな印象をアシストしてくれます。

バイカラーの配色で目立ち度バツグンのデニムパンツを合わせてデニムジャケットをONすれば、上級者っぽいカジュアルコーデに仕上がります。カラートーンの合うスニーカーを投入してまとまり感がアップします。

20160619100103668_500引用:http://wear.jp/kumi939393/7265218/

シンプルなクルーネックの白無地のタンクトップは1枚あると便利な着まわし力バツグンのアイテムです。可憐なフラワープリントを全面に配した羽織りをプラスすることでこなれ感のある印象をアシストしてくれます。

ブラックカラーベースなので甘くなり過ぎずに大人顔にキマります。ワイドデニムパンツを合わせれば、トレンドライクなカジュアルコーデに仕上がります。

20160619135143887_500引用:http://wear.jp/iwts2777/7266841/

エレガントなフラワープリントを全面に配したデザインが目を引くタンクトップは、落ち着きのある配色で大人っぽく装えるアイテムです。

黒のトップスをラフに羽織り、黒のジョガーパンツを合わせることで、ほんのりシックな印象の大人っぽいカジュアルコーデに仕上がります。リラックスムードが漂うコンフォートサンダルでまとまり感アップ。

20160811084938879_500引用:http://wear.jp/tabizora/7535092/

引き締め効果のある黒のタンクトップに、白のVネックタンクトップをレイヤードしたモノトーンスタイルでメリハリのある印象をアシストしてくれます。

タック入りデニムパンツを合わせることでシンプルながらこなれ感たっぷりのカジュアルコーデに仕上がります。キャップとデイパックを投入してスポーティ感をプラスして好バランスにまとまります。

20160713105901869_500引用:http://wear.jp/patamarine/7444666/

ほんのりガーリーライクなマリンムードが高まる赤×白のボーダー柄が魅力のタンクトップです。カットオフしたデニムのショートパンツを合わせて、レース素材のロング丈の羽織りをプラスすることで、爽やかなこなれ感が漂うカジュアルコーデに仕上がります。

白のクロスベルトサンダルをチョイスして女性らしいまとまり感をキープ。

20160721033226162_500引用:http://wear.jp/mikupiyo/7507349/

ライトカラーのベーシックなタンクトップはレイヤードしやすい色合いで着まわし力バツグンです。裾を折り返したデニムのショートパンツを合わせたカジュアルスタイルに、エレガントで繊細な総レースのロングカーディガンをサラッと羽織れば、他と差のつくミックスコーデに仕上がります。

キャップ、デイパック、コンフォートサンダルをプラスしてスポーティ感アップ。

20160805163212018_500引用:http://wear.jp/wear6014/7629454/

落ち着きのある色合いが大人っぽいタンクトップは顔周りをスッキリと見せてくれるVネックデザインで軽やかにコーデをアシストしてくれます。

ふんわりとボリューミーに広がるフレアワンピースをレイヤードすることでガーリー感と大人っぽさを兼備する個性の光るコーデに仕上がります。きちんと感のあるハンドバッグをプラスしてこなれ感アップ。

20160812091312422_500引用:http://wear.jp/kani0721/7679423/

フィット感のある白無地のタンクトップはレイヤードスタイルに使いまわしやすい重宝アイテムです。ざっくりと開いたVネックトップスをレイヤードして、黒のマニッシュなパンツを合わせれば、モダンライクなモノトーンコーデに仕上がります。

黒のショルダーバッグ、白のスニーカーを投入することでまとまり感がアップします。

20160715231101205_500引用:http://wear.jp/honoka666/7473058/

大人っぽいブルーの色合いが魅力のタンクトップは、シンプルながらボディラインにフィットしたシルエットでほんのり色っぽさが漂うアイテムです。

フロントスリットが目を引くベージュのマキシ丈スカートにタックインしてベルトでウエストマークすることでメリハリが加わり美スタイルをアピール出来るカジュアルコーデが完成します。

 

まとめ

インナータンクトップは、見えている面積が小さくても印象を左右する大事なアイテムです。

着こなしに奥行きを与えてくれるので、いつものトップスに仕込んでみると新鮮な着こなしができるかもしれませんね。

 

関連記事

  1. 001750492026_19

    30代 ファッション

    30代アラサーママ世代にオススメの春夏コーデ特集

    30代アラサーは、小さなお子さんをもつ方の多い世代です。オシャ…

  2. 20160729072413301_500[1]

    40代 ファッション

    40代アラフォーの夏ファッションレディース!

    夏はキメ過ぎのキレイめコーデの気分じゃないけれど、きちんと感やトレンド…

  3. 20170613175933648_500

    夏コーデ

    スキニーレディースコーデ特集夏!

    夏の定番のスキニー。Tシャツを合わせるだけでも、スタイルアップできるか…

  4. 20170609163216668_500

    夏コーデ

    レーススカートコーデ特集夏!

    レースといえば、あなたはどんな思い出がありますか?私は幼いころ、家のレ…

  5. 30代 ファッション

    30代アラサーの花柄ワンピースコーデ特集春夏!

    おしゃれ女子なら誰もが一度は夢見るのが花柄のワンピース。30代…

  6. 002079084164_16

    夏コーデ

    スキニーパンツレディースコーデ特集2017春夏

    ワイドパンツの流行が続いていますが、コンパクトなボトムスの万能感も外せ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20170614154819938_500

    夏コーデ

    レディースマリンコーデ特集夏!
  2. 001958836000_05

    冬 コーデ

    ロングコートレディースコーデ(足首丈)特集
  3. 20171205081822460_500[1]

    30代 ファッション

    30代のスカートコーディネート特集!
  4. 20161006190815253_500

    その他

    30代アラサーのレディースプチプラコーデ集2017冬
  5. 002057734000_01

    GU コーデ

    春におすすめのGUストライプスカートコーデ特集
PAGE TOP