20150624014828742_500-1

夏コーデ

夏におすすめレディースキャップコーデ特集!

スポーツブランドアイテムの人気が続いている最近は、キャップの注目度も急上昇!

日差しがだんだん強くなってくるシーズン、オシャレと実用を兼ねられるので、取り入れない手はないですね。

この夏にオススメのコーデをご紹介していきます。


スポンサーリンク

夏におすすめレディースキャップコーデ特集! 白キャップ

最初のひとつにオススメなのが白。

夏らしいライトな印象で、顔周りが明るくなるし、白なら熱もこもりにくいので良いことづくめです!

デニムコーデ

20160610121611393_500[1]

引用:http://wear.jp/misato36/7193684/

爽やかな白キャップとデニムのコーデが似合わないはずがないですね!

スクエアネックのボーダーカットソーでフェミニンなコーデ。

ベルトにしたロープがマリンっぽい雰囲気を底上げしてくれています。

キャスケットも定番でいいけれど、キャップならよりこなれた着こなしに。

ウエスト切りっぱなしデニム

20160715065204562_500[1]

引用:http://wear.jp/misato36/7461067/

ロゴ入りの白キャップが、ルーズなシルエットのコーデのポイントに。

ニットのキャミソールはオンナ度高めのアイテムなので、デニムやビーチサンダルでヘルシーに着こなしましょう。

ウエスト部分の切りっぱなしのデザインが個性的ですね。

淡色ガーリーコーデ

20160523234518406_500[1]

引用:http://wear.jp/ykyk100/7051807/

控えめなロゴの白キャップが、淡いトーンのガーリーコーデにピッタリ。

Tシャツ×デニム×スニーカーの超シンプルな組み合わせですが、ピンクの使い方や足首見せで、ボーイッシュとガーリーのバランスが絶妙なコーディネートです。


スポンサーリンク

夏におすすめレディースキャップコーデ特集! アースカラーキャップ

どんなコーデに合わせても浮かないアースカラーのキャップは、デイリー使いにオススメ。

簡単に視線を上に持ってこられるので、スタイルアップにも一役買います。

ベージュのキャップコーデ

20160612194201934_500[1]

引用:http://wear.jp/chipo930/7214224/

赤のトップスとクラッシュデニムのショートパンツで、夏らしい元気なコーディネートです。

レースガウンを羽織ると、一気に今年らしさを出せますね。

キャップはなじませカラーのベージュを選ぶと、レースの世界観を壊さずに取り入れられます。

スポーティーコーデ

20160510221833324_500[1]

引用:http://wear.jp/yuri312/6943039/

めずらしいぺプラム型のポロシャツは、スポーティーかつガーリーなアイテム。

キャップコーデがよくマッチします。

キャップとシャツの切り返しのおかげで、重心アップしたコーディネートに。

ヌーディーなサンダルやピンクのバッグで、女性らしさをプラスしましょう。

ブラウンのキャップコーデ

20161214003614796_500[1]

引用:http://wear.jp/azusaexp/7470794/

大人カジュアルに使いやすいブラウンのキャップは、ニュアンスカラーのトップスとよく合っていますね。

濃紺のロングスカートは、個性的な大柄で夏らしく。

シルバーのバングルや揺れるストーンピアスとエキゾチックなテイストがマッチしています。

グレーのキャップコーデ

20160822191734766_500[1]

引用:http://wear.jp/miho373/7708935/

Tシャツ型ワンピ×ワイドパンツの、今年らしいゆるシルエットです。

フラットなサンダルでリラックス感のあるコーディネートに。

間延びした印象にならないように、キャップをかぶるとアクセントになりますね。

ヘアアレンジも、アップスタイルにすると目線を上げられます。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

夏におすすめレディースキャップコーデ特集! 濃色キャップ

ブラックやネイビーの濃色なら、髪色から浮かずに自然に取り入れられます。

ボーイッシュな雰囲気が好きな人にオススメ。

ネイビーのキャップコーデ

20170502080436479_500[1]引用:http://wear.jp/yukieiura2015/9864154/

白シャツ×デニムの爽やかコーデに、ネイビーが似合わないわけがない!

抜き衿で着たオーバーサイズのシャツにデニムミニで女性らしいコーデですが、キャップをプラスすると健康的な雰囲気に仕上がりますね。

足元はハイカットスニーカーで、フェミニンとスポーティーのバランスが絶妙なコーデです。

ブラックのキャップコーデ

20160604012356344_500[1]

引用:http://wear.jp/ayalilyflower/7142121/

夏らしい、元気な赤のワンピースが主役のコーディネートです。

トリコロールカラーやカゴバッグでフレンチカジュアルな雰囲気に。

ちょっと遊びを加えたいときにはキャップがオススメ!

気取らないワンピーススタイルに仕上げることができますよ。

レディースキャップコーデ集夏!

20160824044535369_500

引用:http://wear.jp/mikupiyo/7743768/

ビッグシルエットの白Tシャツは、ゆるっとチュニック風に着こなすのがポイント。ボトムスにはタイトなスキニーデニムを合わせることで、バランスよく決まります。

リュックとスニーカーはブラックで揃えて、コーディネートにまとまりを持たせて。キャップのロゴは赤いものを選んで、差し色効果を狙いました。シンプルカジュアルなコーディネートです。

20160810080327544_500

引用:http://wear.jp/yukieiura2015/7668063/

シンプルなグレーのタンクトップには、ネイビーのジョガーパンツを合わせました。タイトなトップスにゆるっとしたボトムスの組み合わせは、スタイルアップ効果抜群。

デニム素材のキャップをプラスすることで、コーディネートがグッと垢抜けます。夏らしい素材のチェーンバッグに、足元はあえてパンプスを合わせて、女性らしさもプラスしました。

20150810020842783_500引用:http://wear.jp/choco24/4701151/

グレーのシンプルなノースリーブトップスに、白のふんわりとしたフレアスカートを合わせたのがポイントのコーディネート。

リュックにスニーカーと小物はカジュアルなものでまとめて、コーディネートが甘くなりすぎないように気を付けました。あえて後ろ向きにかぶったブラックのキャップが、大人の遊び心を感じさせてくれます。

20160612194201934_500引用:http://wear.jp/chipo930/7214224/

赤いトップスにライトブルーのデニムショートパンツを合わせたコーディネート。ヘルシーな組み合わせにも、トレンドのレースガウンを羽織れば、グッと女性らしい雰囲気に。

ラウンド型が可愛いショルダーバッグにハイカットスニーカーはブラックでまとめて、全体を引き締め。ベージュのキャップがコーディネートをまろやかに仕上げてくれます。

20160611082809776_500引用:http://wear.jp/yuka4011/7200688/

ブルーに白の小花柄が夏らしくて可愛いオフショルダートップス。甘いトップスにはゆるっとしたデニムを合わせることで、ほどよくカジュアルダウンするのがオススメです。

ブラックで統一した腕時計やスポーツサンダルは、コーディネートにカジュアル感をプラス。爽やかな城のキャップにクラッチバッグで、夏らしく明るいコーディネートに仕上がりました。

20160812090809351_500引用:http://wear.jp/ayalilyflower/7684633/

カーキのVネックTシャツには、シンプルなブラックスキニーパンツを合わせてかっこよく。胸元にかけたメガネにリュック、ファー素材のサンダルはトレンド感を演出してくれるアイテムです。

仕上げにキャップをプラスすれば、目線が上に行くのでスタイルアップ効果も抜群。小物を全てブラックで統一することで、コーディネートがグッと引き締まります。

20160717214851434_500引用:http://wear.jp/ayacyocopiiiman/7426418/

トレンドのリブ素材のトップスは爽やかな白をチョイス。大きめシルエットのトップスは、ボトムスにインして着こなすことで細見え効果もバッチリです。ボトムスは切りっぱなしの裾がポイントのワイドデニム。

白とブルーは清涼感溢れる組み合わせです。キャップにトートバッグ、スニーカーも全て白でまとめて、夏らしい明るいコーディネートに仕上げました。

20160710000740913_500引用:http://wear.jp/mikupiyo/7412284/

シンプルな白Tシャツにミニ丈のデニムスカートというヘルシーな組み合わせ。足元にはソックスとスニーカーを合わせることで、脚の露出度を調整しました。

ボルドーで揃えたキャップとソックスは女性らしい雰囲気をプラスしてくれます。リュックはブラックをチョイスして、全体を引き締めて。カジュアルな中にも女性らしさが感じられるコーディネートです。

20160826013309699_500引用:http://wear.jp/yukalook/7785272/

ゆるっとした白のTシャツには、大胆なダメージが施されたデニムパンツを合わせて。トレンドのレースガウンもブラックを選べば、ほどよく大人っぽく着こなすことができます。

キャップとファーサンダルはブラックで統一して、コーディネートにまとまりを出しました。トレンドアイテムを駆使したワンランク上のカジュアルコーディネートです。

20160810230106321_500引用:http://wear.jp/yuu01300/7674951/

ネイビーが爽やかな印象のビッグシルエットのトップスは、ワンピース風に着こなすのがポイント。足元はライン入りのソックスにぺたんこのスニーカーを合わせてカジュアルにまとめました。

仕上げにプラスしたブラックのキャップが目線を上げてくれて、スタイルアップ効果もバッチリ。大人可愛いカジュアルコーディネートの完成です。

20160830161519716_500引用:http://wear.jp/sc2338/7789962/

ビッグシルエットの白Tシャツには、ブラックのキャミワンピースを重ね着。華奢な肩紐や深めのVネックで、ブラックでも重たくなりすぎずに着こなせるワンピースです。

足元はカジュアルな白のスニーカーにあえてレースのソックスを合わせることで、コーディネートがグッとこなれた雰囲気に。カーキのキャップをプラスして、全体をカジュアルにまとめました。

20160628041333070_500引用:http://wear.jp/mikupiyo/7333406/

ピンクベージュが可愛らしいVネックTシャツには、綺麗なブルーのデニムスカートを合わせました。ピンクとブルーは相性抜群の組み合わせ。リュックとスニーカーはブラックでまとめて、コーディネートを引き締めました。

スニーカーに合わせたボルドーのソックスがこなれた印象。仕上げに白のキャップをかぶって、コーディネートに明るさをプラスしました。

20160728224804987_500引用:http://wear.jp/rinrin0216/7534014/

ビーチにぴったりのコーディネート。シンプルなブラックの水着には、定番のデニムショートパンツを重ね着。パンツの切りっぱなしの裾がトレンド感を演出してくれます。

仕上げにかぶったホワイトのキャップは、コーディネートをほどよくカジュアルダウンしてくれる便利なアイテム。爽やかなホワイトは明るい印象だから、海にもぴったりです。

20160623195002696_500引用:http://wear.jp/sayu0710/7299833/

ブラックのビッグシルエットのトップスをワンピース風に着こなしたコーディネートです。足元はロゴ入りのソックスにスポーツサンダルを合わせてカジュアルに。

ソックスと同じロゴ入りのリュックで、スポーティにまとめました。モノトーンコーデの差し色に、女性らしく柔らかい雰囲気のピンクのキャップをプラス。コーディネートがグッと垢抜けた印象になります。

20160625154508280_500引用:http://wear.jp/choco24/7306732/

白のトップスに、ふんわりとしたベージュのフレアスカートを合わせたレディな組み合わせ。トップスの裾をふんわりとインして、こなれた雰囲気に仕上がっています。

ブラックのリュックとスニーカーをプラスすれば、コーディネートがほどよくカジュアルにまとまります。仕上げに白のキャップをかぶって、夏らしく爽やかなコーディネートを目指しました。

20150630111800434_500引用:http://wear.jp/7821chika/4446323/

オーバーサイズのシャツワンピースが主役のコーディネート。ワンピースは、明るいブルーのデニムパンツとの重ね着を楽しんで。

ロールアップしたデニムには、白のソックスとブラックのスポーツサンダルを合わせてカジュアルにまとめました。リュックもサンダルと同じブラックで統一。白のキャップは逆さまにかぶって、こなれたカジュアルコーディネートに仕上げました。

20150819105730840_500引用:http://wear.jp/coco70/4760072/

シンプルなブラックのTシャツには、デニムショートパンツを合わせました。足元にはソックスとサンダル、首元にはチョーカーなど、トレンド感溢れる小物をプラス。

キャップとリュックがコーディネートをカジュアルに演出してくれます。ショートパンツ以外を全てブラックでまとめて、かっこいい雰囲気のコーディネートに仕上げました。

20150624014828742_500引用:http://wear.jp/aaari12/4405084/

夏らしいブルーベースのプリントが爽やかな白のTシャツには、同じく白のショートパンツを合わせて清涼感溢れるコーディネートにまとめました。ブラックのキャップをプラスすることで、全身がグッと引き締まった印象になります。

キャップはあえて反対向きにかぶって、こなれ感をプラス。夏にオススメのモノトーンコーディネートです。

20150624111635200_500引用:http://wear.jp/lovelyworld/4406550/

ブラックのTシャツにブルーのスキニーデニムという定番の組み合わせには、鮮やかな赤のチェックシャツを腰巻きしてコーディネートを格上げ。ブラックのリュックやモノトーンのキャップで、カジュアルにまとめました。

足元はシルバーのスニーカーで抜け感を演出。カジュアルアイテムをうまくまとめた大人のコーディネートです。

20160613170027425_500引用:http://wear.jp/n0p9r0n1/7201755/

胸元に付いたロゴが可愛いグレーのビッグシルエットのTシャツは、ワンピース風に着こなすのがポイントです。足元は白のスニーカーでカジュアルな印象に。

ブラックのリュックは大きめサイズのものを選べば、華奢見え効果も狙えます。仕上げにネイビーのキャップをかぶって、こなれたカジュアルコーディネートに仕上げました。

 

まとめ

アクセントカラーより、何にでもあわせやすいモノトーンやアースカラーのキャップが主流ですね。

ガーリーな麦わら帽子やベレーが苦手な人は、キャップを取り入れてみてはいかがですか?

旬のスポーツミックスが簡単にできるので、すぐにトレンド感のあるコーデを組めちゃいます!

関連記事

  1. 20160802194609779_500

    夏コーデ

    女子におすすめデートの服装特集夏!

    デートの時の服装で気をつけてほしいポイントは、派手過ぎはノーグッド。誰…

  2. 001730156004

    夏コーデ

    カットソー×レディーススーツの着こなし術

    仕事や子どものイベントなどフォーマルな場に着ていくために最低でも1着は…

  3. 20160301235124181_5001

    夏コーデ

    レディース腰巻コーデ特集春夏

    腰巻コーデは、ポイントで柄を入れたり色を差したりできて便利ですね。…

  4. 13069810B_b_12_500[1]

    夏コーデ

    レースワンピースコーデ特集黒中心に紹介!

    レースアイテムは、女らしい気分を最高に盛り上げてくれますね。そ…

  5. 20160325211032068_500

    40代 ファッション

    40歳代のダンガリーシャツレディース着こなしコーデ特集!

    春夏に着たくなるブルーのシャツ。軽い素材のブラウスもいいけれど…

  6. 500042319567_16

    夏コーデ

    女性用ジョガーパンツスーツコーデ特集ザラ、GUなど

    こなれ感を出すのに大活躍のジョガーパンツ。プチプラブランドでも買えるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20161213095749817_500[1]

    その他

    スウェットパンツレディースコーデ特集!
  2. 20170604194425388_500[1]

    夏コーデ

    モノトーンコーデレディース夏特集!
  3. 20170531134308030_500

    30代 ファッション

    30代アラサーマキシスカート夏コーデ特集!
  4. 002030397166_12

    春コーデ

    40代アラフォーのキルティングコートレディースコーデ特集
  5. 20170113182818522_500[1]

    冬 コーデ

    スエードスカートコーデ特集!冬
PAGE TOP