20170604194425388_500[1]

夏コーデ

モノトーンコーデレディース夏特集!

華やかなファッションが流行する夏。でも、シックにモノトーンで着こなしたい方や場もありますよね。例えば、普段から落ち着いたファッションがお好きな方にもオススメです。

ご自宅にあるモノトーンなファッションアイテムでどなたでもマネできる“モノトーンコーディネート”を夏をテーマにどんどんご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

モノトーンコーデレディース夏特集! 無地コーデ

無地のモノトーンアイテムは、デイリーコーデに欠かせない存在ですね。

トレンドのデザインにチャレンジするときにも、安心感があります。

ゆるトップス&パンツ

20170611222646547_500[1]引用:http://wear.jp/beh2hkn9/10174619/

肌見せが苦手でも、身体にまとわりつかないこんなトップスとパンツなら夏でも着られますね。

ロゴや刺繍などが入っていないオールブラックが潔いコーディネート。

エスニックなベルトの柄が引き立ちます。

足元は流行のバブーシュでムードを合わせて。

スリットスカート

20170613150354449_500[1]

引用:http://wear.jp/pyon94/10180452/

大きくスリットが入ったタイトスカートはトレンドのアイテム。

袖が長めの白Tシャツやモノトーンのハイテクスニーカーでカッコよく着こなしましょう。

ポンポンの付いたカゴバッグに遊び心がありますね。

サロペット

Screenshot_20170620-185455

引用:http://wear.jp/yurimo0909/10235225/

キャミソールの重ね着はまだまだ人気継続中。

Vネックのサロペットを使ったラクちんコーデで取り入れています。

インナーのカットソーは、肩のフリルがボリューミーでインパクト大!

かっちりしたバッグとヌーディーなサンダルで上品にまとめましょう。

ハイウエストタイプ

20170604194425388_500[1]

引用:http://wear.jp/pyon94/10100736/

こちらのサロペットは、胸まで覆わないデザインで夏でも涼しく着られます。

細いストラップとハイウエストのデザインが女性らしいですね。

黒のロゴが入ったグレーのTシャツで、コントラスト弱めなのでカジュアルなTシャツもなじみます。


スポンサーリンク

モノトーンコーデレディース夏特集! 柄コーデ

シックにキメたいモノトーンコーデにも、使いやすい柄アイテムは沢山!

レイヤード次第で秋まで着られるので、お気に入りの柄を見つけておきましょう。

ストライプ柄

20170607185709411_500[1]

引用:http://wear.jp/hime0823/10137607/

白×グレーのストライプのロングシャツです。

太いピッチのストライプはカジュアル度高めのアイテムなのですが、モノトーン同士なら大人っぽく着こなせますね。

ボリュームのあるシャツなので、アップヘアにしたりボトムスはスキニーパンツにしたりして、メリハリをつけましょう。

ワイドパンツ

20170624104835828_500[1]

引用:http://wear.jp/lvexxxx/10272724/

ランダムなストライプ柄のワイドパンツがオシャレですね。

スリット入りのTシャツワンピースをレイヤードして、ボリューム感を抑えています。

あえてウエストマークなしのゆるいスタイルで、リラックス感を楽しみましょう。

フラワー柄

Screenshot_20170620-191237

引用:http://wear.jp/cana143nalpla/10158691/

春から流行していたガウンワンピースも、まだまだ活躍します!

シフォン素材のアイテムなら、透け感があるので黒ベースでも暑苦しくなりません。

インナーのカッティングがフェミニンですね。

差し色にしたピアスが夏らしさを演出してくれます。

フラワー刺繍

20170612181013806_500[1]

引用:http://wear.jp/mgmasym/10189484/

若々しくてカジュアルなイメージの刺繍ブラウスも、モノトーンならこんなに大人っぽい!

タッセルの感じが夏っぽいですよね。

バケツ型バッグも今年の一大トレンド。

ナチュラルテイストとシックなムードが絶妙なバランスのコーディネートです。

チェック柄

20170531143932038_500[1]

引用:http://wear.jp/wear10099/10089221/

子供っぽくなりがちな大柄ギンガムチェックも、グレーのトップスと合わせれば大人かわいく着こなせます。

フィッシュテールのデザインと、たっぷり入ったギャザーの揺れ感がドラマチックなスカートですね。

エナメルのバレエシューズで、お嬢さんっぽい雰囲気に仕上がっています。

ドット柄

20170606084214416_500[1]

引用:http://wear.jp/yukalemage/10135611/

クールな仕上がりになりやすいオールブラックも、ドット柄ならたちまちガーリーに。

小柄な人がレングスのあるワイドパンツを穿くなら、トップスはインしてバランスを取りましょう。

腕は思い切って出しても首元は狭めで上品にまとめていて、レトロフレンチなムードですね。7

 


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

モノトーンコーデレディース夏特集

1

引用:http://wear.jp/wear10092/10355659/

白のTシャツに、個性的な黒のオールインワンをあわせ、コントラストがとても素敵なモノトーンコーディネートです。

このオールインワンは、ウエスト位置が高めにデザインされているので、ヒールと合わせるととても脚長効果がありスタイルアップに繋がっています。また、小物類を全て黒で統一することで、より一層モードな雰囲気となるでしょう。

 

2

引用:http://wear.jp/nicoday/10368891/

爽やかな白シャツに黒のパンツを合わせた、モノトーンなカジュアルコーディネートです。メンズテイストなスタイルですが、シャツのネック部分が女性らしいデザインになっているので、カジュアル過ぎず素敵な大人のコーディネートに仕上がっています。

また、足元のシューズやカゴバッグを持つことで、夏らしさが強調され涼しげな印象を与えるでしょう。

 

3

引用:http://wear.jp/satojeta/10368777/

トレンドのレースが袖や裾にあしらわれた、黒のワンピースが素敵なモノトーンコーディネートです。ワンピースやベレー帽、サンダルなど全体的に黒のアイテムが多めですが、ワンピースがミニ丈だったり、バッグに明るい色をチョイスすることで軽さが出で、涼しげな印象を与えています。

また、足元のスポーツサンダル×ソックスの合わせは、トレンド感をアップさせるでしょう。

 

4

引用:http://wear.jp/nagomipppi/10368765/

プリントTシャツと黒のスキニーパンツを合わせた、カジュアルなモノトーンコーディネートです。白Tシャツ×スキニーパンツは定番のコーディネートですが、足元にスポーツサンダルを合わせることでトレンド感がグッとアップしています。

Tシャツが少し大きめのデザインなので、パンツは細めじゃないと野暮ったくなってしまうので気をつけましょう。

 

5

引用:http://wear.jp/bake0210/10368749/

白のTシャツに黒のオールインワンをあわせた、カジュアルなモノトーンコーディネートです。黒のオールインワンは夏には重たい印象ですが、インナーに白を持ってきている点や、足元にスポーツサンダルを合わせることで夏らしい印象となり、またトレンド感アップにも成功しています。

バックパックも元気な印象を与え 、このコーディネートにピッタリでしょう。

 

6

引用:http://wear.jp/akippalla/10368722/

涼しげな白のトップスに黒のクロップドパンツを合わせた、カジュアルなモノトーンコーディネートです。シンプルなコーディネートですが、個性的な柄のバッグを合わせることで、パッと目をひくポイントとなっています。

また、足元のシューズも個性的で、人とかぶらないコーディネートに格上げされているでしょう。洋服がシンプルな時は、小物で差をつけましょう。

 

7

引用:http://wear.jp/sana79117/10363121/

トレンドのフリルをあしらったトップスに、黒のワイドパンツを合わせたモノトーンコーディネートです。どちらもゆったりしたアイテムなので、メリハリがなく野暮ったくなりがちですが、ウエストにベルトを巻くことで女性らしいラインが強調され、トレンド感のアップと脚長効果に繋がっています。

また足元のサンダルやカゴバッグなども、夏らしい涼しげな印象を与えてくれるでしょう。

 

8

引用:http://wear.jp/keiko9615/10322762/

涼しげな白のノースリーブカットソーと、流行りのチュールスカートを合わせたカジュアルなモノトーンコーディネートです。一見シンプルなコーディネートですが、スカートがプリーツ×チュールでトレンド感抜群なので、一気に旬のスタイルが完成しています。

また、足元はスニーカーを合わせることで、絶妙な甘辛ミックスコーディネートとなっているでしょう。

 

9

引用:http://wear.jp/wear10092/10355611/

白のTシャツに、黒のオールインワンを重ねたトレンド感抜群のコーディネートです。オールインワンは、一枚で一気に旬のスタイルにしてくれるアイテムなので、一つ持っているととても便利で使えるアイテムでしょう。

また、バッグやサンダル、ターバンなど全て黒で合わせることで、モードな雰囲気もプラスされかっこいい印象にまとまっています。

10

引用:http://wear.jp/102302230326theer/10368604/

流行りの肩見せトップスに、ふわっと広がる黒のプリーツスカートを合わせた、カジュアルなモノトーンコーディネートです。トップスはスカートにインすることでウエスト位置が上がり、脚長効果とスタイルアップ効果を得ています。

また、バッグやスニーカーなどに白をチョイスすることで、夏らしい涼しげな印象を与えてくれるでしょう。

 

11

引用:http://wear.jp/nacchi0508/10368572/

涼しげな白のトップスに、流行りのチュールスカートを合わせた、女性らしいモノトーンコーディネートです。

洋服のアイテムはガーリーな印象ですが、足元は黒のパンプスやバッグなど黒で大人っぽいデザインのものを合わせることで、上品さと女性らしさがプラスされコーディネートが格上げされています。スカート丈が膝上だと子供っぽくチグハグになってしまうので気をつけましょう。

12引用:http://wear.jp/cherrybomqom/10368560/

全身黒でまとめた、モノトーンなカジュアルコーディネートです。トップスをボトムにインすることで一気にトレンド感がアップし、また脚長効果も得られています。

ソックスのピンクが差し色となり、パッと目を惹くポイントができコーディネートに華やかさがプラスされているでしょう。パンダのバッグも個性的で、人とかぶらないコーディネートが仕上がっています。

 

13

引用:http://wear.jp/yuriel/10368549/

黒の無地Tシャツにワイドなデニムパンツを合わせた、カジュアルなコーディネートです。 デニムはトレンドのインスタイルがしやすいよう、股上が深めのデザインになっています。

このタイプのデニムはサイズ感が重要なので、自分に合ったサイズを選びましょう。また、キャップやサンダルやバケツ型のバッグもトレンド感をアップさせ、夏らしい涼しげな印象を与えてくれます。

 

14

引用:http://wear.jp/sayapy88/10368526/

シフォン素材が涼しげな黒のノースリーブブラウスに、白のカプリパンツを合わせた大人なモノトーンコーディネートです。

ブラウスがふわっと広がるデザインなので、パンツはタイトなものかバランスが良いでしょう。また、足元は華奢なヒールのサンダルを合わせることで上品さもプラスされ、尚且つ美脚効果も得られています。

 

15

引用:http://wear.jp/hare8ppp/10368485/

流行りのレースデザインが可愛らしいブラウスと、黒のスキニーパンツを合わせたモノトーンのカジュアルコーディネートです。トップスはボトムにインすることで、トレンド感が一気にアップしています。

また、ブラウスは甘めですが、パンツやスニーカーでカジュアルダウンしており、絶妙な甘辛ミックスコーディネートが完成しています。

 

16

引用:http://wear.jp/onxoxo/10368439/

ノースリーブのロングシャツがポイントの、カジュアルコーディネートです。黒のTシャツ×デニムのスキニーパンツは定番でありがちなコーディネートですが、ロングシャツを合わせることで一気に人とかぶらない個性的なコーディネートに格上げされています。

また、全体を黒のアイテムで合わせることで、シャツが映え存在感を発揮するでしょう。

17

引用:http://wear.jp/waeyaur/10368334/

白のカットソーにグレーのガウチョパンツを合わせた、カジュアルなモノトーンコーディネートです。一見シンプルなスタイルですが、肩に羽織ったカーディガンや、トップスをインしたスタイルがトレンド感を一気にアップさせています。

また、バッグはカゴバッグを持つことで夏らしい涼しげな印象を与えてくれ、バランスが良いでしょう。

18

引用:http://wear.jp/hitomi58yui129/10368272/

白のトップスにネイビーのフレアスカートを合わせた、ガーリーなコーディネートです。一見シンプルなコーディネートですが、トップスをスカートにインすることでトレンド感が増し、またウエストにリボンを持ってくることでポイントとなっています。

足元のレースアップシューズも、人とかぶらないコーディネートに格上げしてくれるアイテムでしょう。

19

引用:http://wear.jp/nanao0331/10368211/

ボーダーのTシャツに黒のパンツを合わせた、モノトーンなカジュアルコーディネートです。一見シンプルで寂しい印象を与えますが、ウエストにリボンがあることで女性らしさが増し、上品で大人なカジュアルスタイルに格上げされています。

また、流行りのキャップも、トレンド感をアップさせるためには外せないアイテムでしょう。

20

引用:http://wear.jp/be1210/10368210/

総レースのデザインのワンピースが存在感抜群なコーディネートです。このワンピースは一枚でトレンド満載のアイテムなので、他のアイテムは主張か少ないデザインのものを選ぶようにしましょう。

また、ロング丈ですが、レースであることや足元にサンダルを持ってくることで 重たさや暑苦しさは一切与えず、涼しげな夏のコーディネートが完成しています。

 

 

まとめ

毎日着たいベーシックなカラーだからこそ、シーズンごとに着こなしを工夫したいですよね。

特にゆるピタのバランスで古さが出てしまったりするので、リサーチが大切ですよ。

この夏もモノトーンコーデをアップデートして、旬な着こなしを楽しみましょう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 20170427174951685_500[1]

    夏コーデ

    セットアップレディースコーディネート特集夏!

    ここ数年、季節を問わずセットアップアイテムが人気を集めています。…

  2. 20170510230239213_500

    30代 ファッション

    30代アラサーにおすすめタイトスカートコーデ特集春夏

    ボリュームのあるトップスが流行の今シーズンは、ボトムスはコンパクトなシ…

  3. 20160723232522932_500-1

    30代 ファッション

    30代アラサーレディース夏コーデ特集!カジュアル編!

    ナチュラル素材やゆるめシルエットを着たくなる夏は、やっぱりカジュアルコ…

  4. 20160301235124181_5001

    夏コーデ

    レディース腰巻コーデ特集春夏

    腰巻コーデは、ポイントで柄を入れたり色を差したりできて便利ですね。…

  5. 001890023000_01

    夏コーデ

    デニムシャツレディースコーデ春夏特集ズボンなど

    誰でも1着は持っているデニムアイテムは、季節を問わず着られて、お手入れ…

  6. 20160425172412402_500[1]

    夏コーデ

    BBQコーデレディース特集春夏!

    春夏のイベントといえばBBQ。てきぱき動けるような恰好でいきた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. トレンチコートコーデ

    冬 コーデ

    2016年レディースの冬に人気のトレンチコート特集
  2. 001653189000_02

    40代 ファッション

    アラフォー40代ファッションコーデ集春カジュアル
  3. 001816453030_13

    夏コーデ

    ノースリーブワンピースコーデ特集春夏 重ね着コーデも!
  4. 001991782001_11

    夏コーデ

    ギャザースカートレディースコーデ特集春夏
  5. 20150619182210022_500

    40代 ファッション

    40代アラフォーのテーパードパンツコーデ特集春夏!
PAGE TOP