20160426230111075_500[1]

夏コーデ

レディースカーキコーデ特集夏!

夏はアースカラーをヘルシーに着こなすのにピッタリなシーズン。

カーキなら日焼けした肌にも似合いますし、夏におなじみのフラットサンダルや太バングルとも雰囲気がマッチしますよ。

夏にオススメのカーキアイテムを使ったコーディネートをご紹介していきます!


スポンサーリンク

レディースカーキコーデ特集夏! トップス

オフコーデ向きの、思い切りカジュアルに振ったトップスが人気です。

キレイ色と合わせるより、ベーシックカラーやデニムとのコーデでナチュラルにまとめるのが今年っぽいですよ。

シャツブルゾン

20170625191311985_500[1]引用:http://wear.jp/sszz9981/10279971/

夏にもサラッと羽織れる薄手のシャツブルゾンは、タンクワンピなど1枚で着るのに抵抗があるトップスと合わせるのに便利です。

ノーカラータイプを選ぶと、ブルゾンでも女性らしい印象に。

ニットキャミソール

20160426230111075_500[1]

引用:http://wear.jp/asamikotake/6827025/

潔い肌見せで、夏ならではのコーデです。

合わせたロングスカートもカーキで、濃淡をつけたワントーンコーデになっています。

小物はブラックでまとめて、あえて差し色なしでいくのが大人っぽくまとめるポイント。

クールな配色なので、キャミソール1枚で着ても嫌味になりません。

襟付きシャツ

20170628232849528_500[1]

引用:http://wear.jp/abenaomi05/10305507/

編み上げデザインのカーキシャツは、サファリ感の強いアイテム。

とろみ素材のシャツを選ぶと女性らしく着こなせます。

インパクトのあるダメージデニムとフラットパンプスで、男性ウケを無視したリラックスコーデもたまには良いですね!

ノーカラーブラウス

20160801071354092_500[1]

引用:http://wear.jp/aisanahiro/7587196/

シンプルなノーカラーブラウスですが、ケープスリーブが目を引きますね。

涼し気でありながら、日焼けも防止できそうなのが嬉しい!

ホワイトのワイドパンツを合わせて、デイリーカジュアルにピッタリなコーディネートに。

足元はビーチサンダルで抜け感を出しましょう。


スポンサーリンク

レディースカーキコーデ特集夏! ボトムス

秋まで着回しやすいカーキのボトムスは、1着持っていると何かと便利ですよ。

白系トップスと合わせた清潔感のあるコーデが人気です。

フレアスカート

20170704154831142_500[1]引用:http://wear.jp/ayuneko/10298990/

オールマイティな膝下丈のフレアスカートは、コンパクトなトップスと合わせましょう。

シンプルなタンクトップとのコーデで、フィット&フレアのキレイなシルエットが出来上がります。

タイルのような柄がオシャレですね。

タイトスカート

20170704212600283_500[1]

引用:http://wear.jp/mmk0056/10346295/

肩のギャザーでふんわり感のあるブラウスと、ラップデザインで直線ラインがシャープなタイトスカートのバランスが良いですね。

トップスもスカートも、シンプルでありながらディテールの効いたアイテムをチョイスしています。

白・黒・カーキの組み合わせは間違いがないので、ビギナーさんにもオススメ!

カーゴパンツ

20170703160114766_500[1]

引用:http://wear.jp/wailee/10337199/

腰回りは適度にフィットしつつ、レッグラインはゆとりのあるパンツは美脚効果バツグン。

マニッシュになりがちなカーゴパンツも女性らしい印象です。

ゆるいシルエットのブラウスも、華奢見えが期待できますよ。

マスタードイエローのシューズを合わせれば、このまま秋まで使えそうなコーディネートに。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

レディースカーキコーデ特集夏! ワンピース

柄アイテムやレイヤードが苦手な人にはワンピースがオススメ。

特に夏はカーキのアイテム数が豊富なので、キレイめ派もカジュアル派もお気に入りが見つかるはず。

シャツワンピ―ス

20170626121746592_500[1]

引用:http://wear.jp/wear9006/10287065/

ヘチマ襟のシャツワンピースは、少しレトロな印象でフェミニンコーデが得意な人にオススメ。

サッシュベルト付きなので、トレンドのベルトコーデが簡単に出来ちゃいます。

キレイめ小物を合わせれば、お仕事にも着ていけますね。

カットソーワンピース

20170629175236339_500[1]

引用:http://wear.jp/dholic/10307429/

ゆるめのカットソーワンピは、風通しが良くて快適なアイテム。

トレンドのスリットもそこまで深く入っていないので、ボトムスを重ねずに1枚でサラッと着られます。

シンプルカジュアルなワンピースなので、クラッチバッグやヒールサンダルでオンナ度を上げて着こなしましょう。

サロペット

20170704212937134_500[1]引用:http://wear.jp/tomoe/10346326/

細い肩ストラップとVネックがフェミニンなサロペット。

夏小物と合わせて、休日のリラックスコーデにピッタリです。

ざっくりしたサマーニットのリブやバルーンスリーブが、可愛らしい印象に仕上げてくれます。

カーキ夏コーデ集!

20170708180411720_500

引用:http://wear.jp/mayumimayu/10369660/

流行りの総レースのブラウスと、カーキのタック入りフレアスカートを合わせたトレンド感抜群のコーディネートです。

トップスはスカートにインし、ウエストを高めの位置でマークすることによって脚長効果とスタイルアップ効果が得られています。また、バッグやパンプスを黒で合わせることでコーディネートに統一感が生まれるでしょう。

20170708221951302_500

引用:http://wear.jp/kco3211/10373932/

流行りのオフショルダーのブラウスに、カーキのチノパンを合わせたカジュアルなコーディネートです。トップスを高めのウエスト位置でパンツにインすることにより、脚長効果が期待できます。

また、暑い時期にトップスが黒は重たく見えがちですが、足元にシルバーのサンダルを持ってくることで軽さが出て、涼しげな印象を与えています。

20170709002641833_500

引用:http://wear.jp/may153/10374561/

カーキのポケットTシャツとデニムパンツを合わせた、カジュアルなコーディネートです。カーキのポケットTシャツはメンズテイストなアイテムですが、Vネックのものを選ぶことにより女性らしさが感じられます。

また、足元の白のサンダルも軽さと涼しげな印象を与え、夏にはピッタリでしょう。バッグもシューズと同系色を持つことでコーディネートに締まりが出ます。

20170710120523990_500

引用:http://wear.jp/m12a20i/10374035/

白のカットソーにカーキのワイドパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。一見シンプルなコーディネートですが、ウエストに編み上げのコルセット風ベルトを持ってくることで、一気に旬のスタイリングに格上げされています。

ウエストラインが強調されスタイルアップも期待でき一石二鳥でしょう。ベルトは黒をチョイスしても、コーディネートに締まりが出て良いです。

20170708171453454_500

引用:http://wear.jp/taroo/10371080/

ノースリーブのトップスに、カーキのワイドパンツを合わせたシンプルでカジュアルなコーディネートです。どちらのアイテムもリネン素材のような涼しげな印象で、夏のスタイリングにはピッタリです。

また、足元に華奢なサンダルをあわせることで、女性らしさがプラスされ大人カジュアルなコーディネートに格上げされるでしょう。

20170708202241791_500

引用:http://wear.jp/kumanohiguma/10370999/

白のノースリーブブラウスに、カーキのパンツを合わせた大人カジュアルなコーディネートです。カーキのパンツにはセンタープレスが入っているので、カジュアル過ぎず、キレイ目のスタイルにも合わせることができます。

また、シューズとバッグを黒にすることで、コーディネートに統一感が生まれ、まとまった印象になるでしょう。

20170707180406032_500

引用:http://wear.jp/yuko3776/10365511/

黒のノースリーブTシャツにカーキのチノパンを合わせたカジュアルなコーディネートです。夏のスタイリングでトップスに黒を持ってくると重たくなりがちですが、足元を涼しげなサンダルで合わせることでバランスがとれています。

また、トップスをパンツにインするだけでトレンド感がグッとアップするので、是非取り入れたいポイントです。

20170628064648581_500

引用:http://wear.jp/mue/10266859/

白のノースリーブのカットソーに、カーキのワイドパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。トップスをウエスト高めの位置でパンツにインし、ベルトでマークすることで脚長効果が得られています。

また、足元もスニーカーでカジュアルですが、トップスが真っ白のものを選ぶことで女性らしさがプラスされ、大人カジュアルな印象になるでしょう。

20170707075945374_500

引用:http://wear.jp/kani0721/10354794/

トレンドのゆったりめのブラウスに、カーキのフレアスカートを合わせたカジュアルなコーディネートです。

どちらも無地でシンプルですが、アイテム自体がトレンド感抜群なので、旬のスタイリングが完成しています。トップスはスカートに少しインするだけでこなれ感が出るので、是非真似したいポイントです。

また、足元のスポーツサンダルも涼しげで夏にはピッタリでしょう。

20170708174220139_500

引用:http://wear.jp/omina1008/10371789/

涼しげなノースリーブのロングワンピースを使ったら、カジュアルなコーディネートです。ストンと落ちるワンピースは膨張して見えがちですが、ウエストを締め切り替えのように見せることでスタイルアップが期待できます。

また、足元のウエッジソールのサンダルや、流行りのカンカン帽やカゴバッグも夏らしさを強調してくれるアイテムでしょう。

20170706183909824_500

引用:http://wear.jp/sato31053105/10358697/

カーキのノースリーブカットソーに、ストライプ柄のワイドパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。ストライプ柄は縦のラインを強調し、スタイルを良く見せてくれる効果があります。

また、カットソーの丈が短めなことで、ウエスト位置が高く見え、脚長効果も期待できるでしょう。足元は流行りのスポーツサンダルを取り入れ、トレンド感がグッとアップしています。

20170629150957825_500

引用:http://wear.jp/pyon94/10287289/

流行りのアジア風のチュニックに、カーキのショートパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。トップスは前を少しだけパンツにインすることで、トレンド感がグッとアップしています。

また、ウエスト位置を高めにマークし、足元はヒールのサンダルを合わせることで、脚長効果が得られスタイルアップすることができるでしょう。

20170708185814791_500

引用:http://wear.jp/0105hisa/10371646/

ロゴ入りのTシャツに、タック入りのフレアスカートを合わせたカジュアルなコーディネートです。

Tシャツはオーバーサイズだったり色味もメンズテイストですが、ボトムにスカートを持ってくることで女性らしさが加わり、バランスの良いコーディネートが仕上がっています。

また、ストローハットやスポーツサンダルも夏らしく涼しげな印象を与えてくれるでしょう。

20170706205847229_500

引用:http://wear.jp/chipo930/10359722/

ノースリーブのサマーニットに、デニムパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。

オレンジのサマーニットが女性らしい印象ですが、カーキのシャツを羽織ることによりうまくカジュアルダウンされ、絶妙なバランスの甘辛ミックスコーディネートが完成しています。

足元のスポーツサンダルや、流行りのキャップもトレンド感をアップしてくれるでしょう。

20170702212151926_500

引用:http://wear.jp/amelie1214/10293019/

小花柄のカットソーに、カーキのワイドパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。小花柄はトレンド感抜群ですし、トップスをパンツにインする着こなしで更に旬のスタイリングへと格上げされています。

また、スニーカーやバッグ、ベルトを全て黒であわせることでコーディネートに統一感が生ま全体的にまとまった印象となるでしょう。

20170705215123480_500

引用:http://wear.jp/sato31053105/10352747/

ノースリーブのカットソーに、カーキのワイドパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。夏に黒のトップスは重くなりがちですが、袖がノースリーブなので涼しげ印象を与えることができています。

また、肩にカーディガンをかけるスタイルは女性らしさを加え、大人カジュアルコーディネートに格上げしてくれるでしょう。

20170711220404525_500

引用:http://wear.jp/yunpi/10353180/

トレンドの首が詰まったデザインのカットソーに、キャミワンピースを合わせた大人カジュアルなコーディネートです。

キャミワンピースは夏のマストアイテムで、カットソーの上に重ねるだけで旬のスタイリングが完成するとっても便利なアイテムです。また、足元のサンダルやカゴバッグも涼しげで夏らしい印象を与えてくれるでしょう。

20170710152902847_500

引用:http://wear.jp/naomixxpixx/10374436/

カーキのポケットTシャツに黒のスキニーパンツを合わせた、メンズテイストなコーディネートです。全てのアイテムがメンズライクなものですが、パンツはスキニータイプを選ぶことで女性らしいラインが強調され、バランスよく仕上がっています。

この時ワイドパンツをチョイスしてしまうと男っぽすぎるコーディネートになるので気をつけましょう。

20170611113059882_500

引用:http://wear.jp/reichel203/10177493/

流行りのパフスリーブの編み上げブラウスに、カーキのワイドパンツを合わせた大人カジュアルなコーディネートです。

ワイドパンツはメンズテイストになりがちですが、トップスを女性らしいブラウスで合わせることで絶妙な甘辛コーディネートに仕上がっています。

足元はスニーカーでメンズっぽく、バッグは女性らしいデザインのものと、バランスよくうまく取り入れたコーディネートでしょう。

20170707210742278_500

引用:http://wear.jp/wear0109/10359062/

ストンとした落ち感が素敵なワンピースに、ノーカラーのジャケット風シャツを羽織ったカジュアルなコーディネートです。ワンピースは襟元がVネックなことや、膝下丈を選ぶことによりトレンド感を感じさせます。

また、ワンピース+ジャケットはきちんと感が出てしまいがちですが、足元にスニーカーを持ってくることでカジュアルな印象に仕上がるでしょう。

まとめ

夏っぽい派手カラーやボタニカル柄を満喫し終わったら、こんなシンプルなカーキコーデも良いですよね。

今買ってすぐ活躍するアイテムなので、早速取り入れてみましょう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 20160622190248193_500

    夏コーデ

    サロペットデニムコーデ夏特集!

    サロペットデニムはトップスとのコーデが難しいと思っていませんか?ボトム…

  2. 20160425172412402_500[1]

    夏コーデ

    BBQコーデレディース特集春夏!

    春夏のイベントといえばBBQ。てきぱき動けるような恰好でいきた…

  3. 002033147198_17

    夏コーデ

    チノパンレディースコーデ特集スニーカー、パンプスなど

    デニムコーデも定番で好きだけれど、ちょっとマンネリ気味…なんてことはあ…

  4. 20170509083222262_500

    30代 ファッション

    30代アラサーサロペットコーデ特集夏!

    ワンピースはゆったりしていてラクちんだけど、足元を気にせず動けるコーデ…

  5. 20170604194425388_500[1]

    夏コーデ

    モノトーンコーデレディース夏特集!

    華やかなファッションが流行する夏。でも、シックにモノトーンで着こなした…

  6. 20170619150132477_500

    20代 ファッション

    20代におすすめデニムワンピースコーデ特集夏!

    女っぽくなりすぎず、カジュアルにかっこ良く着こなせるデニムワンピース♪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20160926203531768_500

    冬 コーデ

    花柄ロングガウンコーデ特集秋冬!
  2. 002073496005

    春コーデ

    春におすすめテーラードジャケットレディースコーデ特集
  3. 20170703194421204_500[1]

    秋 コーデ

    エスニックレディースファッション特集!
  4. 20170502194413740_5001

    夏コーデ

    レディースサンダルコーデ特集春夏
  5. 20160301235124181_5001

    夏コーデ

    レディース腰巻コーデ特集春夏
PAGE TOP