20170104104344826_500[1]

冬 コーデ

シャギーニットコーデ特集!白、グレーなど

秋冬に必須のアイテム・ニットの中でも、毛足が長いふわふわの質感で女性らしさが出るシャギーニット。

シンプルコーデでも、ニュアンスのある素材なのでオシャレ度がアップしますね。

モノトーンカラーを中心にコーディネートをご紹介していきます!


スポンサーリンク

シャギーニットコーデ特集! 白

まずは1枚もっておきたい白のニット。

辛めアイテムと合わせてミックススタイルを作るのもいいし、ガーリーにまとめてデートコーデにしても良いですね。

ジャケットスタイル

20170302111528890_500[1]引用:http://wear.jp/manachin/9367054/

白のシャギーニットと、落ち感のあるリブパンツでゆるめのスタイル。

レザージャケットのハードな感じも程よく中和されます。

ニットのクラッチバッグで季節感をプラスして。

デニムスタイル

20161029145535515_500[1]

引用:http://wear.jp/hana08hana/8322431/

ニットとデニムのシンプルなワンツーコーデは、ディテールが肝心。

シャギーニットはハイウエストデニムでメリハリをつけて、個性的なバッグでアクセントをもってきましょう。

ブルーのストラップシューズも人と被りにくいアイテムで、定番スタイルも自分らしく。

ショートパンツコーデ

20161009004637978_500[1]引用:http://wear.jp/mtnget/8136079/

白・ベージュ・ピンクのモテ配色!

ニットとバッグのもこもこ感が可愛らしいですね。

シャギーニットがガーリーなアイテムなので、ショートパンツは柄やレースのないシンプルなものを選んで正解。


スポンサーリンク

シャギーニットコーデ特集! グレー

上品にもカジュアルにも着られるグレーは、着回しを第一に考える人にオススメのカラー。

大人っぽさと可愛さのバランスが1着で完成するアイテムです。

プルオーバー

20170104104344826_500[1]

引用:http://wear.jp/pjtamug/8874759/

毛足が長くて見るからに暖かそうなシャギーニットですね。

アイスグレーとのワントーンコーデでも寒々しくなりません。

今年のトレンド・サッシュベルトでしっかりウエストマークしましょう。

ファーのクラッチバッグがゴージャス!

カーディガン

20161105120357850_500[1]

引用:http://wear.jp/honeysonline/8386262/

幼く見えがちなボーダーカットソーも、グレーのカーディガンで落ち着いたガーリーコーデになります。

オーバーサイズ気味の袖で、守りたくなる雰囲気に♡

秋冬なら、ボルドーやダークグリーンのバッグをプラスしても良いですね。

ワンピースコーデ

20161201180323037_500[1]

引用:http://wear.jp/honeysonline/8617831/

フラワープリントのワンピースと合わせて、王道のお嬢さんスタイルに。

ロング丈のワンピやボトムスがトレンドですが、膝上丈もやっぱり女性らしくて素敵ですね。

カーディガンの丈感ともマッチしています。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

シャギーニットコーデ特集! 黒

クールな配色やアイテムが得意な人には黒がイチ押し。

バッグのチェーンやアクセサリーのメタル感も黒に映えますよ。

スカートコーデ

20151027133242285_500[1]

引用:http://wear.jp/zozost728/5314954/

存在感が強い黒のシャギーニットは、コンパクトなシルエットのものを選びましょう。

ニット・バッグ・ベレー帽の素材感が季節を感じさせてくれますね。

黒とカーキの配色で、ガーリーなアイテムも辛めな雰囲気で着ることができます。

デニムコーデ

20170113193240364_500[1]

引用:http://wear.jp/sachu3191012/8964655/

デニムを合わせたシンプルコーデで、チェック柄のアウターが引き立ちます。

ダメージデニムや小物のセレクトで、ガーリーなシャギーニットもしっかり辛口コーデに落とし込んでいますね。

差し色の代わりに、バッグのハンドルやネックレスの質感でポイントをつくりましょう。

シャギーニットコーデ特集! カラーニット

ベーシックカラーのニットに飽きたら、カラーニットにチャレンジ!

思い切って主役級のアイテムを投入してみましょう。

グリーン

20170117111901423_500[1]

引用:http://wear.jp/misato36/8993223/

この秋注目のフォレストグリーンのニットが新鮮です。

目新しいアイテムも、インディゴデニムと組み合わせれば失敗なし!

スニーカーとキャスケットでカジュアルに着こなしましょう。

バニティポーチみたいなバッグがカワイイですね。

パウダーピンク

20170220175607388_500[1]

引用:http://wear.jp/grl1234/8616876/

ゆるっとしたロングカーディガンがガーリー度満点!

シャギーニットの存在感が大きいので、他のアイテムはブラックやダメージデニムなど辛めのものを選んでバランスを取りましょう。

トップスはインしてメリハリをつけるのもポイント。

白、グレーなどのシャギーニットコーデ集!

20170212230624305_500

引用:http://wear.jp/scandalkyouka/9216144/

ガーリーなイメージの強いシャギーニットも、ブラックなら大人っぽく着こなせます。ミニ丈のチェック柄スカートと合わせれば、少しトラッドな印象に。

淡いベージュが女性らしいオーバーサイズのコートは、肩にゆるっと掛けてこなれた雰囲気を演出。足元はブラックのソックスとシューズで、ニットと色を統一。大人可愛いコーディネートに仕上がりました。

20160126162510345_500

引用:http://wear.jp/choco24/6056820/

ふわふわとした質感が可愛らしい印象のシャギーニット。あえてデニムと合わせて、カジュアルに着こなすのがオススメです。ニットの裾はデニムにインすると、着ぶくれせずにスッキリと着られます。

ニットキャップとスニーカーはブラックでまとめて、コーディネートを引き締めました。シャギーニットのふわふわ感がほどよい女らしさをプラスしてくれます。

20170130065314959_500

引用:http://wear.jp/sachu3191012/9080295/

インパクトのある柄物ニットも、毛足の長いシャギーニットならふんわりと優しい雰囲気。ボトムスにはダメージデニムを合わせてカジュアルに。

フリンジがポイントのバッグとフラットシューズは、ブラウンで統一して少しボヘミアンなスタイルにまとめました。ベージュのハットがコーディネートに女性らしさをプラスしてくれます。

20170127070236559_500

引用:http://wear.jp/m12a20i/9072734/

淡いグレーのシャギーニットは、深めのVネックが大人っぽい雰囲気。落ち感のあるプリーツ素材のワイドパンツと合わせて、トレンド感たっぷりに着こなしました。

ニットの裾はパンツにゆるっとインすることで、スタイルアップも叶います。足元は白のパンプスを合わせて女性らしく。淡いカラーでまとめた大人なコーディネートです。

20161222165608329_500

引用:http://wear.jp/ayuneko/8782013/

トレンドのリブニットとワイドデニムを合わせたカジュアルなコーディネート。これにシャギーニットのカーディガンを羽織れば、グッとこなれたスタイルに。リブニットとカーディガンは女性らしいピンクベージュで統一。

足元のパンプスも同色で合わせて、全体を柔らかい雰囲気でまとめました。リングの持ち手がポイントのファーバッグは、季節感をプラスしてくれます。

20170107225047592_500

引用:http://wear.jp/sachu3191012/8903037/

ブラックのシャギーニットは、ほどよい女性らしさが魅力。ライダースジャケットのハードな印象をうまく和らげてくれます。

ボトムスには、カジュアルなスウェットパンツを合わせました。半端丈のパンツから足首を覗かせて、スッキリとした着こなしに。スニーカーとバッグはブラックでまとめて、コーディネートを引き締めました。

20170123014613100_500

引用:http://wear.jp/sachu3191012/9039996/

ふわふわの質感が可愛らしいシャギーニットはブラックをチョイス。インパクトのある柄物のスカートとの相性も抜群です。オーバーサイズのMA-1を羽織って、カジュアルなスタイルに仕上げました。

透け感のあるタイツはほんのりと女性らしさを感じさせてくれます。足元はスニーカーでカジュアルに。キャメルのつば広ハットは、コーディネートをまろやかにまとめてくれます。

20170104070753628_500

引用:http://wear.jp/m12a20i/8873179/

淡いグレーのシャギーニットは、優しく女性らしい雰囲気。ロング丈のデニムスカートと合わせて、カジュアルに着こなしました。ニットの裾をスカートにインすれば、腰位置が上がってスタイルよく見えちゃいます。

足元には、ニットと同じく淡いグレーのスニーカーを合わせました。チェーンがポイントのグレーのトートバッグをプラスして、コーディネートを引き締めました。

20170104104344826_500

引用:http://wear.jp/pjtamug/8874759/

長い毛足がゴージャスな雰囲気のシャギーニット。ブルーグレーのような色味が新鮮です。着ぶくれしないよう、スッキリとしたロングスカートと合わせて、サッシュベルトをオン。

ブラックのサッシュベルトなら、コーディネートがピリリと引き締まります。足元にはグレージュのパンプスを合わせて、全身にまとまりを持たせて。ふわふわのファーバッグをプラスして、季節感を演出しました。

20161216103158965_500

引用:http://wear.jp/sou1206/8734103/

パープルの色味が鮮やかで目を惹くニットは、シャギー素材が優しい雰囲気。ネイビーのオーバーオールと合わせて、カジュアルに着こなしました。ニットキャップとスリッポンはグレーで統一して、スッキリとしたスタイルに。

キャメルのショルダーバッグは女性らしさをプラスしてくれます。チェックのストールをさりげなく垂らして、こなれ感のあるスタイルに仕上がりました。

20170119070335729_500

引用:http://wear.jp/m12a20i/9008471/

明るい印象のホワイトのニットは、ふわふわのシャギー素材ならより垢抜けた雰囲気に。淡いグレーのパンツに合わせれば、女性らしく優しいスタイルに仕上がります。

キャップとショルダーバッグはブラックで統一して、コーディネートを引き締めました。足元はホワイトのスニーカーを合わせて、明るくカジュアルな印象をプラスしました。

20170223150623664_500

引用:http://wear.jp/scandalkyouka/9305457/

ブラックのニットに、フロントのボタンがポイントのデニムスカートを合わせたコーディネート。シンプルなスタイルも、シャギーニットのカーディガンを羽織れば、グッとこなれた雰囲気に。

淡いピンクにゆるっとしたサイズ感が可愛らしいカーディガンです。足元はファーのついたブラウンのショートブーツを合わせて、女の子らしいスタイルに仕上げました。

20170116234226515_500

引用:http://wear.jp/ay012512/8991897/

淡いピンクのシャギーニットは、Aラインのシルエットにフレアスリーブが今年らしい印象。濃いめのブルーのダメージデニムと合わせて、カジュアルに着こなしました。

足元はグレージュのパンプスを合わせて、女性らしさをプラス。アニマル柄のファーバッグは、コーディネートに季節感をプラスしてくれる便利なアイテムです。

20170119172422574_500

引用:http://wear.jp/haruniko/9011957/

ブラウンとホワイトのボーダー柄が新鮮なニットは、シャギー素材が季節感をプラスしてくれます。トレンドのデニムワイドパンツと合わせて、カジュアルに着こなしました。

ネイビーのアウターをゆるっと羽織って、こなれ感のあるスタイルに。足元は白のスニーカーで、コーディネートに明るさをプラス。柔らかい雰囲気のブラウンのバッグは、全体に女性らしさをプラスしてくれます。

20170222075020215_500

引用:http://wear.jp/ay012512/9294035/

ざっくりとしたシルエットが新鮮なシャギーニット。淡いグレーは何にでも合わせやすい万能カラーです。ブラックのプリーツスカートと合わせれば、ほどよく女性らしいスタイルに。

デニムジャケットを肩掛けして、こなれた表情をプラス。足元はニットと同じくグレーのスニーカーを合わせて、スッキリとまとめました。カジュアルな中に、ほんのりと可愛らしさを感じさせるコーディネートです。

20161122141749813_500

引用:http://wear.jp/suzy4/8541494/

ピンク色が可愛らしいシャギーニットは、シンプルなブラックスキニーパンツと合わせて、かっこよく着こなしました。ニットの裾はパンツに綺麗にインすることで、スタイルアップ効果も抜群。

ブラウンのベルトを締めれば、メリハリのあるスタイルに。グレーのニットカーディガンを羽織って、コーディネートに柔らかさをプラス。キャップやリュック、シューズはブラックで統一して、全身を引き締めました。

20161122072400231_500

引用:http://wear.jp/atsukohana/8539459/

モノトーンのボーダー柄に赤のワンポイントが入った個性的なニット。ふわふわとしたシャギー素材だから、ハードになりすぎず、女性らしい印象で着こなせます。ボトムスは赤のミニスカートでかっこよく。

黒のタイツに赤のハイヒールパンプスを合わせて、洗練されたスタイルに仕上げました。ファーの付いたかごバッグは、コーディネートに抜け感をプラスしてくれます。

20161104202716284_500

引用:http://wear.jp/suzy4/8377423/

綺麗なラベンダー色のニットは、シャギー素材で女性らしく柔らかな雰囲気。スキニーデニムと合わせて、カジュアルに着こなしました。ニットの裾はデニムにゆるっとインして、こなれ感のあるスタイルに。

デニムの裾はロールアップして、ショートブーツと合わせました。ベレー帽にショルダーバッグ、ブーツは全てブラックで統一して、全身を引き締めました。首元のチェックストールがコーディネートのアクセントになっています。

20161021185145692_500

引用:http://wear.jp/mkftmk/8253027/

シンプルなブラックのニットには、ヘルシーな印象のデニムショートパンツを合わせました。これにシャギーニットのざっくりとしたカーディガンを羽織れば、一気に垢抜けたコーディネートに。

明るい白のカーディガンなら、重たくなりすぎず優しい雰囲気で着こなせます。ラメ入りのグレーのソックスに、ブラックのショートブーツを合わせて、足元まで抜かりないスタイルに。ベージュの帽子はコーディネートをまろやかに仕上げてくれます。

20161102163048873_500

引用:http://wear.jp/moimaru6/8345453/

優しいアイボリーのシャギーニットが主役のスタイル。ざっくりとしたシルエットに、フレアスリーブがトレンドを感じさせるニットです。チェック柄のパンツと合わせて、少しトラッドに着こなしました。

足元はクリーンな白のスニーカーで、明るさとカジュアル感をプラス。首元のファースヌードは、女性らしく優しい雰囲気です。かっちりとしたデザインのショルダーバッグで、コーディネートに綺麗め要素をプラスしました。

まとめ

ニットとひと口に言っても、リネン・コットン・シャギーなど質感は様々。

シャギーなら、シンプルなアウターでもポイントになってくれますよ。

秋冬ならではのニットで、定番のコーディネートも目新しく更新してコーディネートを楽しんでくださいね。


スポンサーリンク

関連記事

  1. 002019595021

    冬 コーデ

    レディースライダースコーデ特集ベージュ色

    近年レディース人気が非常に高い冬アイテムと言えばライダースジャケットで…

  2. 20161012180728555_500[1]

    冬 コーデ

    テーパードパンツレディースコーデ特集秋冬!

    腿まわりはゆったり、裾に向かってシェイプされたシルエットで着やせ効果バ…

  3. 001992932007

    冬 コーデ

    MA-1レディースコーデ集2016-2017冬

    2016-2017年冬シーズンが間もなくやってきますね♪201…

  4. 20151011183621495_500[1]

    冬 コーデ

    ネルシャツレディースコーデ秋冬特集!

    カジュアルコーデのスタメンアイテム・チェックシャツは、秋冬なら暖かいネ…

  5. 20170106141908927_500[1]

    秋 コーデ

    ローファーレディースコーデ特集!スカート中心に紹介

    ローファーは、学生だけのアイテムではありません!スニーカーより…

  6. 20170711103929041_500

    30代 ファッション

    30代アラサーにおすすめレディース 秋コーデ特集!

    いよいよおしゃれを楽しむ季節、秋がやってきますね!この秋に着たい服はも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 002057750007

    40代 ファッション

    40代アラフォーのサロペットコーデ特集2016-2017冬
  2. 20151214235438538_500[1]

    冬 コーデ

    シンプルコーデレディース秋冬特集!
  3. 20160921144548985_500[1]

    冬 コーデ

    ファーサンダルコーデ特集秋冬!
  4. 20170508215046423_500[1]

    秋 コーデ

    ダメージデニムきれいめレディースコーデ特集!
  5. 20170703194421204_500[1]

    秋 コーデ

    エスニックレディースファッション特集!
PAGE TOP