20151011183621495_500[1]

冬 コーデ

ネルシャツレディースコーデ秋冬特集!

カジュアルコーデのスタメンアイテム・チェックシャツは、秋冬なら暖かいネルシャツにチェンジ!

カラーバリエーション豊富で、差し色にするにも便利なアイテムですよ。

秋冬にオススメのコーディネートをご紹介します。


スポンサーリンク

ネルシャツレディースコーデ特集! 秋

シャツ一枚で着ても寒くない秋は、着こなしの自由度が高い時期。

ジャストサイズで着たり、あえてメンズのシャツでオーバーサイズ気味に着たり、いろんな楽しみ方ができます。

シンプルスカートコーデ

20151005105712280_500[1]引用:http://wear.jp/mnmn671/5110609/

温かみのある赤のネルシャツは、モノトーンコーデの多くなる秋冬に彩りを添えてくれます。

細プリーツのロングスカートで上品に。

ブラックの小物は、フリンジバッグやレザーブーツなど辛口な雰囲気で統一して、ネルシャツの素朴な感じを引き締めましょう。

ミニスカートコーデ

20151011183621495_500[1]

引用:http://wear.jp/lily02tbt/5168711/

ガーリーなフレアミニスカートに、ボーイッシュなネイビーのネルシャツの元気なコーディネート。

ポニーテールもよく似あっています。

甘さの強いスタイルより、こんなカジュアルコーデのほうがデートには好評かも。

ファーのクラッチバッグでおめかし感アップ!

レイヤードコーデ

20161112093033089_500[1]引用:http://wear.jp/ajuuu/8151677/

グリーンベースのネルシャツは、トラッド系のコーデが得意。

エナメルのレースアップシューズやレザーバッグで、デニムスタイルもかっちりキメましょう。

厚手のカーディガンをレイヤードしたら、袖はロールアップしてバランスをとるのが鉄則です。

ケーブルニットコーデ

20160108131146151_500[1]

引用:http://wear.jp/erik1988/5914772/

ホワイトのケーブルニットがクリーンな印象。

襟元の詰まったニットでボーイッシュな雰囲気なので、タイトスカートやパンプスのコーデで女性らしく仕上げましょう。

ヘアスタイルをまとめ髪にすると重心アップできますね。

ワンピースコーデ

20161124211234544_500[1]

引用:http://wear.jp/kokemaru0122/8558719/

夏は一枚で着ていたワンピースも、シャツを仕込めば秋まで着回せますね。

主張の強い赤のワンピですが、チェック柄にも赤が入っているのでまとまりがあります。

大判のストールやモカシンシューズ、ニットキャップで季節感をプラス。

リラックス感のある休日コーデに仕上がっています。

腰巻きコーデ

20151022200219943_500[1]引用:http://wear.jp/tsuji0810/5220970/

アクティブに過ごす1日にピッタリなスポーティーコーデ。

シンプルなスウェットにデニムのスタイルも、腰巻きシャツを加えるだけで動きが出ますね。

寒くなったらスウェットの中にシャツを着てもOK。


スポンサーリンク

ネルシャツレディースコーデ特集! 冬

アウターがメインの冬コーデでは、チラッと見えるチェック柄が意外に大事なポイントになったりします。

普段は選ばないようなカラーも、前面に出ないのでチャレンジしやすいですよ。

コーディガンコーデ

20151227105611740_500[1]

引用:http://wear.jp/moodmonte/5822765/

ホワイトコーデにブルー系のコートやシャツを合わせたスタイルが、冬の凛とした空気にお似合い。

小物の素材感で温かみを演出しましょう。

腰巻きコーデやニット帽はカジュアル度が高い着こなしなので、お出かけ仕様にするならヒールパンプスやクラッチバッグで味つけすると良いですね。

ピーコートコーデ

20141113103907707_500[1]引用:http://wear.jp/beautyandyouth_02/2632459/

ネイビーのピーコートにセンタープレスのパンツはキレイめトラッドな雰囲気。

イエローのネルシャツが顔周りを明るくしてくれます。

足元は、ツヤのあるパンプスで女性らしくまとめましょう。

冬に白の小物を合わせるのも新鮮ですね。

マウンテンパーカーコーデ

20161208055857476_500[1]

引用:http://wear.jp/bbtyb092/8582503/

軽そうな素材でも、しっかり暖かいマウンテンパーカーは冬のカジュアルスタイルにオススメのアウター。

ビビッドなブルーのネルシャツも、スポーティーなコーデでうまくマッチしています。

ボトムスはカットオフデニムを選んでトレンドを取り入れて。

ブルゾンコーデ

20160212212811944_500[1]

引用:http://wear.jp/chisatosuperb/6202575/

ワンピースタイプのネルシャツとボーイッシュなブルゾンを合わせたモノトーンコーデです。

オールブラックで重くなりがちな場合は、シアーな質感のタイツを合わせると抜け感を演出できますよ。

明るいヘアカラーも合いますね。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

ネルシャツ秋冬コーデ集!

20161020120338547_500

引用:http://wear.jp/kouhiroto2000/8172881/

黄色のギンガムチェックのシャツにデニムを合わせたカジュアルなコーディネートです。シャツはオーバーサイズなので、合わせるパンツはスキニータイプがバランスが良いでしょう。

また、シャツの袖を数回折り、手首を少し覗かせるだけでオシャレ感がグッとアップします。足元にはヒールのパンプスを持ってくることで女性らしさがプラスされ、コーディネート全体を格上げしてくれるでしょう。

20141002145701875_500

引用:http://wear.jp/fjwrntm/2178753/

ネイビーとグリーンのチェックシャツに、涼しげな白のフレアスカートを合わせたカジュアルなコーディネートです。こういった合わせは季節の変わり目にはぴったりでしょう。

また、足元はローファーをチョイスすることで秋らしさが加わり、きちんと感もありますのでコーディネート全体が格上げされます。季節の変わり目には、靴を変えることを意識しましょう。

20150902003944509_500

引用:http://wear.jp/tsuji0810/4846508/

Tシャツにベージュのチノパンを合わせた、カジュアルなコーディネートです。メンズテイストなスタイルですが、VネックのTシャツをチョイスすることで女性らしさもプラスされています。

また、全体的にモノトーンなので、腰に巻いたネルシャツが差し色となり、コーディネートのアクセントになるでしょう。ハットとスニーカーを黒で合わせた点も、締まりが出てまとまった印象です。

20161123114844335_500

引用:http://wear.jp/spthanx/8176879/

ギンガムチェックが大きめの赤のネルシャツに、ストレートデニムを合わせたカジュアルなコーディネートです。

上からロングカーディガンを羽織ることで、縦のラインが強調されますし、トレンド感もアップしグッとオシャレに見えます。この時、デニムはスキニーを合わせがちですが、ストレートを選ぶことで旬のスタイリングとなるでしょう。

20150911125505892_500

引用:http://wear.jp/ayacyocopiiiman/4916909/

大きめのネルシャツに、デニムパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。シャツがゆったりしていてアウター感覚で羽織れるものなので、デニムパンツは細身を合わせることでバランス良くまとまっています。

また、デニムの丈と靴下の丈が絶妙な長さです。この丈感が重要で、一気にオシャレに差がつくので気をつけましょう。

20161115074507312_500

引用:http://wear.jp/ririmimi32/8437251/

ネルシャツにロングのニットカーディガンを重ねたカジュアルなコーディネートです。

チェックのシャツというと子供っぽいイメージがありますが、ボトムに白のスキニーパンツを合わせることで子供っぽくならず、大人カジュアルな印象となっています。

また、あえて色を使わずモノトーンでまとめた点も大人っぽいスタイルに繋がったでしょう。

20161007080732357_500

引用:http://wear.jp/mayline/8087247/

チェックのネルシャツに、ふわっと広がる涼しげな白のフレアスカートを合わせた大人カジュアルなコーディネートです。

ネルシャツは子供っぽいイメージもありますが、第二ボタンまであけ、袖も折り返して手首を見せることで女性らしさがプラスされ、こなれたコーディネートが完成しています。

合わせるボトムによってイメージが変わるので、幅広いスタイリングが楽しめるでしょう。

20161028065640602_500

引用:http://wear.jp/minnie629/8311057/

チェックのネルシャツに、黒のガウチョパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。ネルシャツはガウチョパンツにインすることでウエスト位置が高く見え、脚長効果とスタイルアップが期待できます。

また、ネルシャツは幼い印象を持たれがちですが、上からレザージャケットを羽織ることで大人っぽさがプラスされるでしょう。

20161022162303307_500

引用:http://wear.jp/sky0/8229294/

チェックのネルシャツに、ひざ下丈のスカートを合わせたカジュアルなコーディネートです。

ネルシャツはメンズテイストなアイテムでボーイッシュなコーディネートになりがちですが、広がりの少ないタイプのスカートを合わせることで、大人っぽさと女性らしさが加わっています。

また、チェックの色とスカートの色合いを揃えるのは大きなポイントです。コーディネート全体に統一感が生まれるでしょう。

20151014005554230_500

引用:http://wear.jp/tsuji0810/5193323/

チェックのネルシャツにデニムスカートを合わせたカジュアルなコーディネートです。スカートはひざ下丈をチョイスすることで、トレンド感がグッとアップしています。

膝上丈だと幼い印象になり、一昔前のコーディネートになってしまうので気をつけましょう。また、ネルシャツをスカートにインしているところも、旬のスタイリングには重要なポイントです。

20161008000425229_500

引用:http://wear.jp/laulea77/8127241/

ボーダーカットソーにデニムパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。ありがちなコーディネートですが、腰にネルシャツを巻くだけでオシャレ感がグッと上がり、人と差をつけるポイントになっています。

また、スキニーパンツはお尻周りが気になる方も多いと思いますが、シャツを巻くことでカバーしてくれるので是非取り入れたい小技です。

20161022101251934_500

引用:http://wear.jp/nyoravv/8257442/

メンズのLLサイズくらいありそうな、ビッグシャツを羽織ったカジュアルなコーディネートです。

インナーもゆったり目、パンツもゆったり目なので全体的に野暮ったい印象になりがちですが、パンツのボリュームを抑えることでバランス良くまとまっています。

また、頭のターバンがオシャレ感を上げ、コーディネート全体の印象を格上げしてくれるでしょう。

20151110102854876_500

引用:http://wear.jp/niku1121/5444243/

ビッグサイズのネルシャツをあえてワンピース感覚で着ているカジュアルなコーディネートです。同じくオーバーサイズのパーカーを合わせることで、オシャレ感がグッとアップしています。

ボリューム感のあるマフラーやムートンブーツ、リュックなど、小物もカジュアルテイストで統一感を出すことで、バランス良くまとまった印象になるでしょう。

20170122162158281_500

引用:http://wear.jp/fantasy1016/3018429/

赤のネルシャツに、黒のスキニーパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。一見ありがちなコーディネートですが、ネルシャツをパンツにインし、サスペンダーをつけるだけでトレンド感が一気にアップしています。

全体をあえてタイト目でまとめているので、ネルシャツのボタンは第一ボタンまで閉めないとバランスが悪くなるので気をつけましょう。

20151230011106837_500

引用:http://wear.jp/gyuunyu1/5843444/

チェスターコートのような形のネルシャツに、黒のパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。このタイプのシャツは温かみもあるのでアウター感覚で使えて一枚あるととても便利でしょう。

ひざ下まであるロング丈なので、パンツは細身をチョイスすることでバランス良くまとまっています。また、チェック柄がインパクト大なので、他のアイテムは主張の少ないものと合わせるようにしましょう。

20160130192930890_500

引用:http://wear.jp/evokanazawa2/6076897/

チェックのネルシャツにニットを重ねたカジュアルなコーディネートです。チェックシャツはニットの裾からシャツを出すことでオシャレ感がグッとアップしています。

上に羽織ったベストも柄物ですが、青系でまとめることでうまく調和し、コーディネートがまとまって見えるでしょう。靴にあえてキャメルを合わせることで、差し色となりポイントができています。

20160206211149237_500

引用:http://wear.jp/asami05/6150144/

チェックのネルシャツに、白のカーゴパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。チェックシャツが存在感抜群でコーディネートの主役になるので、他のアイテムは主張の少ないものを選びシャツとぶつからないようにしましょう。

また、ソックスにからし色をチョイスしシャツの色合いと合わせるだけで、コーディネートに統一感が生まれています。

20141216143513341_500

引用:http://wear.jp/nkr015/2930904/

プリント入りのスウェットに、涼しげな白のシフォンスカートを合わせたカジュアルなコーディネートです。この対照的なアイテム同士を合わせることで、絶妙な甘辛ミックスコーディネートが完成しています。

また、全体的にモノトーンな印象ですが、腰に巻いたネルシャツが差し色となり、コーディネートのポイントになるでしょう。

20161226162454151_500

引用:http://wear.jp/mcyyk/8815226/

温かみのある色合いのネルシャツに、アウターを羽織ったカジュアルなコーディネートです。秋冬のコーディネートでは、デニムは濃い目を合わせるようにしましょう。

また、ネルシャツをデニムスカートにインすることで、脚長効果が期待できますしトレンド感もグッとアップします。逆にインしないと野暮ったい印象になるので注意が必要です。

20170104110205759_500

引用:http://wear.jp/62715725/8875061/

チェックのネルシャツに、青のスウェットパンツを合わせたカジュアルなコーディネートです。

どちらもカジュアル感の強いアイテムですが、シャツは第二ボタンまで開けたり、パンツは足首を見せることによって女性らしいコーディネートに格上げされています。

また、お尻まで隠れるロングカーディガンも細身のスウェットパンツとのバランスが良いでしょう。

まとめ

王道のカジュアルスタイルをはじめ、キレイめアイテムと合わせて着てもギャップが楽しめます。

流行り廃りのないネルシャツは、持っていて損はありません!

プチプラでも簡単に手に入るので、秋冬のワードローブにぜひ仲間入りさせてくださいね。


スポンサーリンク

関連記事

  1. 20170809062805397_500[1]

    秋 コーデ

    刺繍ブラウスコーデ特集!黒中心に紹介

    今年の春から継続して人気の刺繍ブラウスは、着心地の良いカジュアルアイテ…

  2. 20171006121234991_500

    冬 コーデ

    ワインレッドコーデレディース特集!

    冬にほしくなるこっくりとした色の一つが、ワインレッド。深みのある赤紫色…

  3. 00205165402p

    GU コーデ

    GUショートブーツコーデ特集2016-2017冬

    2016-2017年冬シーズンのマストアイテムと言えばショートブーツ。…

  4. 001790610001_22

    冬 コーデ

    レディーススーツおしゃれな着こなしコーデ特集

    仕事柄スーツを着用しなければならないおしゃれ女子にとってレディーススー…

  5. 20160930115531296_500[1]

    秋 コーデ

    ベージュスカートコーデ特集秋!

    モノトーンやネイビーなどのベーシックカラーとはもちろん、秋色ともマッチ…

  6. 20161019235939250_500[1]

    冬 コーデ

    ダウンベストレディースコーデ特集秋冬!

    「ちょっとそこまで」のアウターとして便利なダウンベスト。ひと昔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20170724023157832_500[1]

    秋 コーデ

    ベージュワンピースコーディネート特集!
  2. 001740577003

    春コーデ

    春のオフショルダーニットコーデ特集グレー中心に紹介!
  3. 001923552013

    夏コーデ

    ロングスカートコーデ特集春夏ネイビー、カーキ色
  4. 20170709222812706_500[1]

    30代 ファッション

    30代アラサーにおすすめギンガムチェックシャツコーデ特集!
  5. 20170419170847862_500

    30代 ファッション

    30代アラサーのスカート×スニーカーコーデ特集
PAGE TOP