20151019113659226_500[1]

秋 コーデ

ストライプシャツコーデ特集!秋

柄アイテムのなかでは、チェック柄に肩を並べるくらい人気のストライプシャツ。

特に人気が出るシーズンはあっても廃れることはなく、オンオフ問わず使える優秀トップスです。

そんなストライプシャツの秋にオススメのコーディネートをご紹介していきます!


スポンサーリンク

ストライプシャツコーデ特集!秋 パンツコーデ

ラフなボトムスを合わせても、ストライプシャツならさりげなくキレイめコーデに見せてくれます。

ジャケットやカーディガンとの相性もバッチリ!

スウェットパンツコーデ

20161215121002637_500[1]引用:http://wear.jp/sanki0102/8469009/

Tシャツやパーカーを合わせると寝間着っぽくなる可能性があるスウェットパンツも、シャツコーデなら難なくクリア!

グレーとブラックがメインの大人配色でまとめるテクニックは、すぐに真似できそう。

スニーカーやキャンバス地のバッグでリラックス感のあるコーデを、レザージャケットがキリッと引き締めてくれます。

ワイドパンツコーデ

20161120095126635_500[1]

引用:http://wear.jp/cloud9nail/8506857/

デニムジャケットとキャスケットに、ストライプシャツのチラ見せで秋マリンな雰囲気です。

シャツとジャケットで襟元がもたつくのが苦手な人は、ジャケットのボタンを締めてシャツの襟は折り込んでしまうのもアリ。

コンパクトな上半身と、ワイドパンツのバランスが良いですね。

デニムコーデ

20161013175137312_500[1]

引用:http://wear.jp/osmtennoji/8151248/

ノーカラータイプのシャツは、レイヤードコーデに便利。

ヘチマ襟のコーディガンとデニムのシンプルコーデは、秋の定番スタイルになりそうですね。

フロントがふんわりしたデザインは、パンツにインしたように見えて簡単にスタイルアップできます。

プリーツスカーチョコーデ

20151019113659226_500[1]

引用:http://wear.jp/stylenanda/5243341/

ベージュベースのストライプシャツは秋にピッタリのアイテムです。

スカート見えする、プリーツが入ったガウチョパンツを合わせてトラッドスタイルに。

通勤にも使えそうな組み合わせですが、休日に着るならハットや厚底シューズで若々しさをアピールしましょう。

センタープレスパンツコーデ

20161014115108602_500[1]

引用:http://wear.jp/wear10063/8186597/

ブルー×ホワイトのクレリックシャツは、着るだけで清潔感あふれるスタイルになります。

センタープレスパンツにエナメルのレースアップシューズで、ジェンダーレスな雰囲気ですね。

ちょっとシャツスタイルに変化をつけたいときは、スタンドカラ―もオススメですよ。


スポンサーリンク

ストライプシャツコーデ特集!秋 スカート・ワンピースコーデ

ストライプシャツは、もちろんフェミニンスタイルやナチュラル系コーデにも使えます。

レイヤードするアイテムでかなり雰囲気が変わるので、奥が深いアイテムですね。

フレアスカートコーデ

20151005165806196_500[1]

引用:http://wear.jp/may9th/5113326/

ぶどうみたいなパープルのカーディガンが秋っぽいコーディネートです。

レースのフェミニン要素とストライプのメンズライクな雰囲気がうまくマッチしていますね。

膝丈のフレアスカートを合わせれば、誰からも好まれるオーソドックスな着こなしに。

スウェットワンピースコーデ

20151112223420812_500[1]

引用:http://wear.jp/onozoxxx/5462825/

1枚で着ると幼く見えがちなスウェットワンピースも、シャツのレイヤードなら大人も着こなしやすいですね。

リュックとサイドゴアブーツで、アクティブに過ごしたい日にピッタリのコーディネートです。

ふわふわのヘアバンドで季節感をプラス!

ストライプシャツワンピースコーデ

20161124012422872_500[1]

引用:http://wear.jp/onozoxxx/8230727/

膝下丈で、どの世代でも着やすいシャツワンピースです。

ウエストマークなしでシンプルに着るなら、やっぱり定番のカジュアルスタイルですよね。

ゴツめのスニーカーは、脚が華奢に見える効果があるのでオススメ!

ニットコーデ

20161112200314308_500[1]

引用:http://wear.jp/xxxnaommmiy2/8454296/

肌寒くなってきたら、ニットをレイヤードして。

ニットとスカートのコーデにも見せられて、マンネリ回避できますよ。

3色使いの細いストライプは、太いピッチのものよりも女性らしい雰囲気で着たい人にオススメ。

ニットワンピースコーデ

20151013132438747_500[1]

引用:http://wear.jp/tetote0715/5185767/

ロング丈同士のレイヤードが旬の今季らしいコーディネートです。

アシンメトリーなニットワンピースのおかげで、動きのある着こなしになりますね。

ベレー帽とメガネで遊びをプラス。


スポンサーリンク

オシャレなコーデのために脱毛を

1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

5コマ目

6コマ目

7コマ目

8コマ目

無料カウンセリングはこちらから

ストライプシャツ秋コーデ集!

20160921162305888_500

引用:http://wear.jp/mmts0427/7983589/

ストライプのシャツにサスペンダーつきのスカートを合わせて帽子を合わせたかわいらしいなかにもブラックでまとめたかっこよさもあるコーデ。ストライプシャツをインしてすっきりとみせています。

足元をブーツで重さのバランスをとることでスタイルよくなおかつ全体のトーンをととのえています。帽子もキャップだとカジュアルよりですが、ブラックのベレーのような帽子なのできちんとした雰囲気になっています。

20150918143724431_500

引用:http://wear.jp/dholic/4971556/

ストライプのシャツをアウトでだして上にニットを重ねて下にデニムを着た秋のコーデ。下にスキニーぽいジーンズを合わせて黒のパンプスでバランスをとったのとグレーの帽子をかぶることでバランスをとっています。

ストライプで足長効果もあると思います。鞄もタッセルで今ぽく靴と同じブラックで合わせたことでしまりがでています。

20160928151133250_500

引用:http://wear.jp/kanoco/8051360/

ストライプのシャツに今流行りのワイドパンツをインして、小さめの鞄をもってベレー帽でバランスをとったコーデ。身長が高い人向きのコーデです。

ミニバックも今年流行りなので、こういう四角いヴィンテージライクなものは特にこれからくると思います。秋先にストライプのシャツたすだけで夏のコーデから一審というかんじですね。

20140902103052182_500

引用:http://wear.jp/imvelycom/1882795/

足長効果のあるストライプのシャツをスキニージーンズにインして足元は白いスニーカーで軽さをだしてとことんスタイルアップなコーデ。

鞄もすごく大きいのか小さいのかが流行っているので、こういうエディターズバックはオフィスにもおすすめです。ストライプが秋色なのが、季節を先取りしていますね。スニーカーがローヒールでもスキニーなのでバランスがとれています。

20161007163148333_500

引用:http://wear.jp/lilychouchou/8123434/

キャップをかぶって長めのストライプのシャツをアウトでだしてロングスカートにコンバースと高身長さんにおすすめのコーデ。

シャツが眺めなのでトレンド的にアウトできるのは難しそうですが、ロングスカートとコンバース、キャップでカジュアルなかんじとうまくだしています。全体の色を統一したのとストライプの細くみえるバランスでうまくまとまっていると思います。

20161005204650348_500

引用:http://wear.jp/0325s/8105937/

ストライプシャツを抜き襟にして、スキニージーンズの大き目のハイテクスニーカーでバランスよくみせたコーデ。帽子とサングラスをかけたことでこなれ感がでています。

ローテクじゃなくてハイテクスニーカーを合わせたところが今ぽいですね。またストライプシャツを前だけインしたことでこなれ感と足長効果を生み出しています。

20161025091553517_500

引用:http://wear.jp/furikake87/8285809/

ストライプのシャツに薄い色味のGジャン、ベージュのミディ丈のスカートに同じベージュのヒールのあるアンクルブーツでバランスをとったコーデ。

ミディ丈のスカートはスタイルが悪くみえがちですが、ごつめのヒールのあるアンクルブーツを合わせたことでバランスをとっています。Gジャンを肩かけしたところもこなれ感がでていいと思います。

20150910202416938_500

引用:http://wear.jp/mamecome1226/4912718/

ストライプのシャツにともすれば子供ぽくなりがちなオールインワンを大人カジュアルで合わせたコーデ。赤いニット帽が上に目線をいかせてバランスをとっています。

ストライプのシャツできちんと感をだしたのと、オールインワンが細身なので、子供ほくならずに着こなせていると思います。こういうかっこをしたときは足元もスニーカーでとことんカジュアルに。

20151104210546249_500

引用:http://wear.jp/niina/5394155/

ストライプのシャツにニットを合わせて下にミリタリーパンツを合わせて、靴下がブルーの色味をいれてスニーカーを履きグレーのコートで落ち着きをだした上級者向けのコーデ。

季節が秋になると重ねることが増えてバランスをみるのがたいへんだと思いますが。コートに短めなことと、ミリタリージーンズが細身なことでバランスをとっています。

20161110182058528_500

引用:http://wear.jp/hitomiiin77/8435737/

オーソドックスなストライプのシャツにオフホワイトのニットをきてスカートを履き上からベージュのガウンを着た上級者者向けのワントーンコーデ。今年の夏からガウンは流行っていますし秋冬もこのトレンドは続くのではないでしょうか?

足元と鞄をブラックでまとめたところで締まりがでていますね。髪型もお団子にすることで上に目線がいってバランスがとれていると思います。

20151123121714208_500

引用:http://wear.jp/tkhk1115/5556116/

ストライプシャツを使ったオフィスにも着ていけそうなきれいめのコーデ。ストライプのシャツにブラックの短めのニットを合わせて下からストライプシャツの裾をだしトレンチコートに黒のバックを合わせてることできちんと感がでています。

オフィスにもデートにもいいんじゃないでしょうか。袖まくりをしてインナーをみせたところもポイントだと思います。

20161027090800714_500

引用:http://wear.jp/kiima313/8268114/

ストライプの前開きではないカジュアルなシャツにオフホワイトのラフな素材のジャケット、カーキの一ひねりあるパンツを合わせたコーデ。

足元のアンクルブーツと鞄のエディターズバックをブラウンで合わせたことで全体に秋らしさがでています。こういうカットソーとシャツの中間のようなストライプはかぶるだけでよくオンにもオフにも合わせ方ではいけていいですね。

20161108182231267_500

引用:http://wear.jp/kahofuji/8418481/

刺繍いりのトレンドをおさえたフリルストライプシャツに人気の高いライダースジャケットを合わせて太めのインディゴのジーンズに大き目の鞄を合わせたカジュアルなコーデ。

靴下のマスタードカラーがきいていますね。ストライプいってもこのように刺繍だったりフリルだったりボリュームがあったりするのは今シーズンのトレンドなのでおすすめです。

20161124033934277_500

引用:http://wear.jp/youki1173150/8185066/

大き目の縦じまのラフなストライプシャツにジーンズ、スニーカー、キャップを合わせたフェスにもいけそうなカジュアルコーデ。

縦じまが大きいことでよりカジュアルになっています。今年流行りのキャップをもってきたことでトレンドもおさえています。このようにさまざまな色味が混ざったストライプは色を選ばないのでカラフルなコーデもできますね。

20160805001638543_500

引用:http://wear.jp/mayu0908/5404522/

真ん中にホワイトのラインが入ったブラックのストライプのシャツにミディ丈のスカート、ブラックのタイツにブーツというモードなコーデ。

全身をモノクロでととのえると美容師さんや専門学生のようなエッジのきいたコーデになります。ブーツもおじ靴といったような今流行りのデザインで全身もうまくまとめています。おすすめです。

20161104192036717_500

引用:http://wear.jp/15may082/8380681/

涼しくなったらすぐ真似できそうなストライプのシャツにネイビーのニットを合わせホワイトのスキニージンズを合わせて小物も白でまとめた清潔感のあるコーデ。

ニットがネイビーなのにだぼっとしているので、ストライプシャツを着ていてもそれほどかしこまらずにカジュアルに着こなせてます。秋にホワイトのパンツというところがさわやかでいい。

20151119172450097_500

引用:http://wear.jp/onozoxxx/5523873/

グレーのニット帽をポイントにストライプのシャツオフホワイトのミディ丈のスカート、大き目のトートバックにスニーカーもホワイトでまとめたデートのときに男子受けしそうなコーデ。

オフホワイトのスカートがフレアーでもプリーツが少しはいっているので、ストライプシャツもインしてますし、バランスよくまとめています。

20150912183639788_500

引用:http://wear.jp/mikkiki/4927166/

涼しくなって来たらすぐ真似できそうな長袖のTシャツワンピにウエストマークをストライプシャツでしてブラックの鞄をななめかけしてカジュアルなコーデ。

グレーのプリントワンピースにストライプのシャツをウエストより高い位置にウエストマークすることでバランスよくみせています。ちょっとそこまでのワンマイルコーデにいいですね。

20161023140550839_500

引用:http://wear.jp/chocoroo/8268514/

ストライプのシャツにおなじような柄のストライプのスカートを合わせ上からブラックのニットをきてブラックはハイテクスニーカーでしめた大人ぽいコーデ。

学生さんなんかはこういうかっこは真似しやすいんじゃないでしょうか。ストライプの二つ使うという上級者コーデですが、他をブラックでまとめることでうまく締まってます。

20160927141130271_500

引用:http://wear.jp/aisanahiro/8043921/

ストライプのブルーのシャツにカーキのわりとゆるめのボトムを合わせたなつから秋にかけた重宝しそうなコーデ。主婦の休日友達とごはんをたべにいくときなんかにしたらよさそうです。

ボトムスが今流行りのワイドで素材もカジュアルなので、トレンド感もあります。パンプスでもいいとおもますがホワイトのスニーカーを合わせてたことで軽さがでている

まとめ

旬のアイテムを着るときも、ストライプシャツを合わせればトレンド感と定番のバランスが取れて張り切りすぎない着こなしができますね。

オールシーズン活躍するトップスなので、持っていて絶対に損はありません。

襟や袖の形はバリエーション豊富なので、お気に入りを見つけてみてくださいね!

関連記事

  1. 20170916230825515_500

    冬 コーデ

    モスグリーンスカートコーデ特集秋冬!

    この秋冬に注目したいカラーのモスグリーン。モスグリーンとは、植物の苔の…

  2. 20161117233134590_500

    秋 コーデ

    フリルブラウススーツコーデ特集!

    大人の女性のシンプルなシャツ&スーツのコーデもカッコイイものですが、ち…

  3. 20161119105530534_500

    冬 コーデ

    スラックスレディースコーデ特集秋冬!

    スラックスとは、スーツの対になるパンツなどをイメージする人も多いかと思…

  4. 20161113194941042_500

    冬 コーデ

    キュロットコーデ特集秋冬!

    「キュロット」や「キュロット・スカート」とも呼ばれるこのレディースボト…

  5. 20170612215310684_500

    夏コーデ

    ジムで使いたい!おしゃれなトレーニングウェアコーデ特集!

    ジムでトレーニングする時もおしゃれでいたいのは、女子全員の願いですよね…

  6. 20161218065616007_500

    秋 コーデ

    ガウチョコーデ特集秋!黒、ネイビー

    もはや定番となったガウチョパンツ。もう何枚も持ってるという人も多いので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 20170215082117262_500[1]

    冬 コーデ

    キャミワンピコーデ冬特集!アウターとあわせて!
  2. 20170614154819938_500

    夏コーデ

    レディースマリンコーデ特集夏!
  3. 001755805092

    40代 ファッション

    40代アラフォーにおすすめチュニック着こなし術春コーデ
  4. 20160709202550300_500

    夏コーデ

    春夏におすすめアロハシャツレディースコーデ特集
  5. 002052003006

    冬 コーデ

    レディース黒Aラインコートコーデ特集
PAGE TOP